<   2006年 01月 ( 58 )   > この月の画像一覧

d0065324_23405745.jpg
2004.7 旭屋出版・刊 ¥1,575  06.1.16読了

次回UP予定の、亀井千歩子「日本の菓子」は関係者じゃないとgetできない菓子を扱った本ですが、本書は一般に市販されてる和菓子の全てを語る本です。

先ず、和菓子のルーツを探り、次ぎに古来からの伝統行事にまつわる和菓子に触れ、そして各論に入ります。
★まんじゅう:中国から伝わり日本で独自の発展をみました。
        ブロ友jsbyさんに教わった、佐賀県多久市の”多久饅頭”も
        採り上げられています。
★団子:日本最古の和菓子だそうです。京都・亀屋清水の”清浄歓喜団”
     のことがよく分かりました。
★羊羹:もともとは、中国で羊肉を主とする、”あつもの(羹)”だった。
      棹物の、煉り羊羹・蒸し羊羹、水羊羹が代表的なもの。
      京都・伏見の『総本家駿河屋』と『虎屋』が双璧ですね。
★煎餅:弘法大師が伝えたと言われます。
     埼玉・草加は何故煎餅で有名なんでしょう?
★豆菓子:麻布十番『豆源』 銀座『銀座鹿ノ子』 京都『豆政』など。
★干菓子(打ち物、落雁):加賀『森八』の”長生殿”など。

これで殆どの和菓子を網羅したことになりますね。
最後に、各流派の茶道と菓子について詳細に述べられています。
先日UPした ”花びら餅”のこと、更に勉強できました。

北海道から沖縄まで、各地の、各分野の和菓子について、よくもまあ、こんなに食べ歩いたものと感嘆おくあたわざるものがあります。
         
by amamori120 | 2006-01-20 00:21 | 家人Tのぐうたら日記 | Trackback | Comments(9)

EAT (食べる) 再掲

このところ「食」に益々興味を感じています。
それに、新しいブロ友も増えたので再掲しますが、前にコメント下さった
杏さん、kanaさん、fーcafeさん、SNOOPYさん、blackberry_teaさん  すんまへん。

マガジンハウスから出ている雑誌で「鳩よ!」というのがあるそうです。
これの俳句欄の枠をはずして、短文ならなんでもどうぞ、とやったところ、何万という投句があるそうです。これは ”創句(ソーク)” と名付けられています。不定型の自由詩ですね。
ソープ(ランド)の小沢昭一サンに対抗して、永六輔サンのことをソーク派と、筑紫哲也サンが命名しました。
永 さんが選者となって、面白い、と取り上げた中から、さらに雨漏りが面白い、と感じたものを、ご紹介します。
分野ごとに紹介していきますが、今回は EAT (食べる です。

☆私の妻は見て美味しい料理が得意です

☆焼き魚縦に置くこの家の食卓

☆豆腐の味噌汁は嫌いなんだと十五年目になって言う夫

☆平和です。 朝の牛乳

☆肉じゃがのしらたきが好き

☆となりのトロロ

☆コンニャクはメランコリック

☆夜中にプリンはふるえてる

☆特上ちらしのデンブの気持ち

☆漢字で書かれたいバナナ

☆ミカンを描こうと思ったが喰った

☆林檎剥く誰も気付かぬ誕生日

☆積んである西瓜の一番下のが欲しい

☆それきりのつき合いだった、紙コップ

☆本心を聞いてみたさのお茶を注ぎ

☆「シベリア」は
 懐かしいお菓子です

☆それなりに旨い蕎麦屋のライスカレー

☆経済大国の隅っこで
 目刺しを焼いている僕



皆さんは、どれが面白いと、お感じでしょうか?

選者の永さんの、味のある言葉も、ご紹介しておきます。

おいしさの記憶というのは、”いつ、どこで誰と一緒に食べたあれ”というように場所や人間と結びついて残っている。だから、”おいしい”というセリフは実は、すごく贅沢なことで・・・・・人は、それぞれの人間関係の中においしいものの地図がある。地図の中に、おいしい場所をたくさん持っている人は、自分で思う以上にとても贅沢な生き方をしているのだ。
by amamori120 | 2006-01-19 10:07 | ソーク | Trackback | Comments(16)

KALDI 17

危険なKALDI”に、また寄ってしまいました。
d0065324_85787.jpg
アールグレーだけを買うつもりが・・・

ところで、KALDIご利用の皆さん、お気付きでしょうか?
この店は、店員さんが全員女子なんです。男子は一人も居ません。
そういう方針なんだそうです。
by amamori120 | 2006-01-19 09:02 | 甘党キングダム(KALIDI) | Trackback | Comments(10)

11年前の1月17日

阪神・淡路大震災で亡くなられた方々の、ご冥福をお祈りいたします。
by amamori120 | 2006-01-17 20:16 | ご挨拶 | Trackback | Comments(16)

コーヒーについて

コーヒーも好きです。
家では、先日UPした『KALDI cafe』 『京都珈琲鑑定士』を、職場では、ドトールの『ロイヤル・クリスタル』を、それぞれ愛飲しています。
d0065324_19373121.jpg
d0065324_1939325.jpg

また、出勤日は通勤路にある「ドトール・コーヒー」に必ず寄ります。
ドトールをご利用の方は、ご存じのように、毎月15日と27日がサービス・デーになっていて、全商品が1割引になるんです。
ブレンドコーヒーは一杯¥180ですが、チケットだと11枚綴りで¥1,800になります。一杯分おまけですね。
これが、サービスデーには¥1,800×0.9=¥1,620ですね。
だから、この日にチケットを買ったひとは、¥1,620*11=¥147
一杯¥147で飲んでることになります。
私は、数年に亘る実績と、↓の女店員に時々SNYDER’Sをあげたりして、手なづけてることとで、サービス・デーに関係なく常に¥1,620でチケットを一冊買ってます。
d0065324_19575414.jpg
              Y子ちゃんです。
d0065324_195875.jpg
セコイ話で申し訳ありません。

ところで、私は別にコーヒー屋さんの手先でもなんでもないんですが、こんな小冊子を見つけましたので、ご紹介したいと思います。 スタバ、タリーズなどにも置いてる筈です。
d0065324_2045349.jpg
大見出しをご覧下さい。
d0065324_2052621.jpg
d0065324_2064823.jpg


More
by amamori120 | 2006-01-17 20:13 | ドリンク・ハンター | Trackback(1) | Comments(20)

京都の地名(上)(中)とダブルのもあります。

○町  の町(まち、ちょう)や△通 の通(とおり) 等は省略します。

烏丸通り(からすま)             訓世郷(くぜ)

唄ノ尾(ばいのお)              納所(のうそ)

高岑寺(たかみね)             恵美酒町(えびす)

釜座通り(かまんざ)            栗野郷(くるすの)

納野(いりの)                栢の森(かや)

秘塚(ひめづか)              数珠屋町(じゅずや)

桃燈町(ちょうちん)            唐櫃越(からとごえ)

帷子の辻(かたびら)           捻木尾(ねじきお)

都市町(といち)               鳥羽(とば)

蛇の辻子(くちなわのずし)        鹿ケ谷(ししがだに)

清和井(せがい)              深泥池(みどろがいけ)

陶原(すえはら)              掃部林町(かもんはやし)

這登中町(はいのぼりなか)      常葉町(ときわ)

勘解由小路(かげゆこうじ)       勘解由小路通り(かでのこうじ)  


いやあ難しいですね。
でも、ご安心を! 「固有名詞は極く常識的なものを除いて、知らなくても恥じゃない。」と亡母が言ってましたから。私も同意見です。
しかし、知ってる方が楽しいこともありますね。  to be continued

d0065324_17512714.jpg
都内某区立中央図書館4Fのオブジェです。


その三へ

by amamori120 | 2006-01-16 17:49 | 漢字の勉強(京都の地名 他) | Trackback | Comments(10)

小正月

1月15日。小正月ですね。
そして昭和23年に、国民の休日とし「成人の日」となって、ン十年。
ハッピーマンデーとやらで崩れましたが、私共には慣れ親しんだ『成人の日は1月15日』という固定観念から、なかなか離れることができません。
皆さんは如何でしょうか?

さて、昔は満月をひと月の始まりとし、正月の15日(望=もち=の日)を年が改まる日として祝う伝統が強かったのだそうです。
しかし、中国から「朔旦正月」(朔は「ついたち」、旦は朝)の制度が入って来て定着するにつれて、それが大正月となり、それまでの「望の正月」が小正月になった、と民俗学のほうでは定説化されているようです。


1月15日は、また上元と呼ばれ、7月15日が中元(「お中元」の風習として残っています。)、10月15日が下元で、合わせて三元と言うそうです。

また平安期の頃から、この日に”小豆がゆ”を食べる習慣があったそうです。
「邪気を祓い、万病を除く風習として行われた」と言われています。

なお、この日を”餅がゆの節句”とも言うそうで、餅入りのかゆを食べたことに由来します。かゆを煮た薪の残りを”かゆ杖”と称し、これで女の尻をたたけば男の子を生む、として宮中でも盛んに尻たたきが行われたとのことです。 光源氏もやったのかしらん? ウチは、やらなかったので娘二人です。www

最後に、川柳で迫ってみます。
 ”正月を片身をろせば小豆粥”   柳多留

 ”成人になり代議士にねらはれる”  せいじ

 ”市長から招待が来る小正月”  楽瓢

                             お粗末様でした。

d0065324_10511831.jpg
        都内某区立中央図書館4Fのオブジェです。
by amamori120 | 2006-01-15 10:55 | あれこれ | Trackback | Comments(14)

私が、東京駅大丸の地下で銅鑼焼き狩りに勤しんでいる頃、家人Tは、丸ビル地下で、こんな物をgetしていました。
d0065324_23571695.jpg
ガトーショコラとミルクチョコのムース です。
応援に駆けつけて下さった畏友さ・え・らサンによればクゥフリヴォルという銘だそうです。
みお日記みおさんもミュロへ走られたそうです。
d0065324_23572772.jpg
高価いので、この二つしか買えなかった、とのことでしたが、持ち歩いても動かないように、しっかりと固定してありました。
d0065324_005423.jpg
気配りが嬉しいですね。

お味は? まいう~×100  です。
by amamori120 | 2006-01-15 00:04 | 甘党キングダム(いろいろ) | Trackback(1) | Comments(26)

1月13日 東京駅・大丸・地下でgetしました。
d0065324_1841240.jpg
d0065324_18411831.jpg
ヴォリュームがあります。
d0065324_18413665.jpg
小倉クリーム風味 です。
d0065324_18424785.jpg

ふかっと焼いた大きな皮が自慢の
鎌倉五郎の名物どらやき。
約五寸の大判の皮に
たっぷりと栗をはさみ、
独自の製法でお作りした
なめらかな小倉あんを、
あわせました。


これは、ブロ友 jsbyさん(ブログ名 四季のシンフォニー)に教えて頂きました。
by amamori120 | 2006-01-13 18:50 | 甘党キングダム(どらやき) | Trackback(1) | Comments(32)

三笠山 (文明堂)

1月13日 東京駅・大丸。地下でgetしました。
d0065324_18365438.jpg
d0065324_1837487.jpg

by amamori120 | 2006-01-13 18:38 | 甘党キングダム(どらやき) | Trackback | Comments(8)