カテゴリ:フーズ、グルマン( 422 )

「天厨菜館」でお昼

「天厨菜館」。日本での本店は銀座らしいです。(jsbyさんの情報による)
昨年か一昨年か、ここ船橋東武に出店して以来、もう何度も来ています。
d0065324_1842295.jpg
色々試しましたが、ここの「酢豚ランチ」が一番のお気に入りとなりました。
d0065324_1862164.jpg
家人Tは、いつも私より高価いものを頼む習性(銀座若松でも、「元祖あんみつ」より高価い「クリーム白玉あんみつ」を頼みましたね)があるんですが、今日は珍しく同じものでした。
ここには、ホーレンソー・チャーハンなるものがあって、なかなかの味なんですが、あんみつを食べた後だったので、今回は断念しました。
d0065324_18144965.jpg
時分どきには、店の前に置かれた椅子に座って順番を待つ人がいっぱいです。
by amamori120 | 2006-02-15 18:19 | フーズ、グルマン | Trackback | Comments(6)

香港飲茶三昧

11日。 いい陽気に誘われてホテル・ランチングに行きました。
ホテル・ニューオータニ幕張の大観苑です。 (1F)
d0065324_18295444.jpg


香港飲茶三昧 というコースです。

d0065324_18314715.jpg
前菜 冷製蒸し豚肉  中国風サラダ
d0065324_18324623.jpg
香草とクワイとセロリ入り餃子

More
by amamori120 | 2006-02-11 18:47 | フーズ、グルマン | Trackback | Comments(24)

豆の豆源  豆源の豆

「東京の和菓子」によれば 「豆源」の創業は慶應元年(1865)。江戸の下町で屋台荷車を引いて炒り豆を売っていた初代・駿河屋源兵衛が麻布十番に大きな日傘のある店を構えた。それから百三十年、「豆源」の豆菓子は”庶民のお菓子”として、いまも親しまれている。

またもやpeco様に食発されて、東京駅一番街店を訪れました。
まさに、豆、豆、豆・・・・豆だらけです。
約50種類あるそうです。

どれを買おうか、目移りしてしょうがないんですが、結局コレに↓
d0065324_20302016.jpg
d0065324_20303389.jpg
これには”豆千代”なる銘が付けられています。
d0065324_20294910.jpg
こんな綺麗な箱に入れてくれます。
d0065324_20354948.jpg
珈琲館で貰ったお皿・・・バレてます?
d0065324_20361629.jpg

「和菓子彩彩」でも当然採り上げられていますが、著者の仲野欣子さん、オススメの”塩おかき”もgetしました。
d0065324_2042093.jpg
d0065324_20421538.jpg
この、おかきも後をひきますよ。

ついでに我が家の節分用です。
d0065324_20461743.jpg
家人Tは29粒、私は39粒頂きました。   嘘っ
by amamori120 | 2006-02-03 20:50 | フーズ、グルマン | Trackback | Comments(26)

ウチご飯

ウチご飯、初めてUPします。
と言って何も特別なものではありません。

亭主が不在とかで次女が泊まりに来ました。、家人Tが、いつになく気合いを入れて作ったようなので、upしてやろうと思った次第です。他家のウチご飯など見てもシャーナイなどと仰有らず一目だけでも見てやって下さい。
d0065324_11411546.jpg
エビとイカのマリネ です。
d0065324_11413058.jpg
クリームシチュウと五穀米です。
d0065324_11415562.jpg
デザートは、イチゴと洋梨のムース。
d0065324_11421022.jpg

これだけのことです。
いつも、鯵の干物や塩じゃけがメインの当家にしては・・・というところです。
by amamori120 | 2005-12-30 11:49 | フーズ、グルマン | Trackback | Comments(22)

これも家人Tが決めていた一品をget。
萬珍楼の肉まんです。
d0065324_17234024.jpg
老舗中の老舗”萬珍楼”の自信作。しめじ入り肉まんです。 @500。
大きめの豚肉としめじの食感には「旨い」と唸らざるを得ません。
@500ですからヴォリューム十分。アツアツをハフハフと頂きました。
by amamori120 | 2005-12-29 17:29 | フーズ、グルマン | Trackback | Comments(14)

例によって、家人Tに拉致され船橋東武へ。

取り敢えず早目のライト・ランチングをイート・イン・コーナーで。
家人Tはチラシを見て、牡丹園の二色炒飯に決めていたようです。
私は、現場で見て、康華楼のカレー坦々麺にしようと思いました。
ところが、二色炒飯は¥1,260。一方、カレー坦々麺は¥880。 
これでは、リヴェンジどころか、また負けてしまうじゃありませんか!

しばし熟考の後、節を曲げて家人Tと同じものにしました。
コレです。
d0065324_1795023.jpg
柔らかく煮込んだ牛バラと芝エビのトマト煮を組み合わせた二色です。

チラシには 舌が唸る。これぞ中華の醍醐味! と、ありましたが、将にその通り。家人Tのチョイスは正解でした。
ライト・ランチングのつもりでしたが、量的には、ややヘヴィーでした。
by amamori120 | 2005-12-29 17:20 | フーズ、グルマン | Trackback | Comments(12)

歯医者さんの後のランチ

今日は、予約通り歯医者さんへ行きました。
私は無事完了したのですが、家人Tは越年治療ということになりました。
彼女は、予定では、本日、奥歯にかぶせる筈だったのが、該部が腫れている時に型を取ったかして、合わないから作り直し、ということだそうです。
来年も、多分付き合わされるのではと惧れています。

ところで、一応終わったのが11時半。時分刻(どき)です。
あまり遠くへ行きたくない気分だったので、近くの丸ビルへ。
毎回、満天星でもあるまい、ということで35Fへ行ってみました。
クリスマス・ツリーが飾ってありました。
d0065324_029268.jpg
子供連れが、まず来ないであろう雰囲気のフロアーなので、それを想定した大人向けのツリーです。

色々迷って35Fを2,3周しましたが、”京都肉”というのに惹かれてモリタ屋さんに決めました。 創業明治二年だそうです。

家人Tは ”京籠”というのを頼みました。
d0065324_0335194.jpg
d0065324_0342114.jpg


私は、ステーキ重です。
d0065324_038990.jpg


家人Tは、ステーキが標準以上なのはともかく、筍の天麩羅が美味しい、美味しいと、ずうっと言ってました。また娘共を連れて来るそうです。

ところで、以前にも記事にしたことがあるのですが、一緒に外食する際、家人Tはいつも私より高いのを頼む習性があります。
今回もそうです。
因みに、彼女が頼んだ”京籠”は ¥3,760。それに対し、一家の主たる 私のは ¥2,100。
こんなことが許されて良いのでありましょうか?!
日頃、当家は(私は)大日本帝国を標榜しているのに、これでは邪馬台国ではありませんか!
諸賢の忌憚なきご意見を伺いたいものであります。
d0065324_0524827.jpg

by amamori120 | 2005-12-22 00:56 | フーズ、グルマン | Trackback | Comments(39)

野沢菜漬け

知人から、信州土産を貰いました。
d0065324_1332390.jpg
d0065324_1334399.jpg
この知人は、家族でよく浅間温泉へ出かけるようでして、ついこないだも行ったばかり。その時も貰った野沢菜漬けがとても美味しくて、根が厚かましい雨漏りのこと、また今度もおねだりをしちゃいました。

これは、安曇野の(有)高橋芳策商店というところで作っているんですが、
「吟醸たまり仕込み」というのが、たまりません。って、洒落てる場合か?

フラッシュの関係で、少し白っぽく見えますが、現物はもっと濃いんです。
味も当然普通の野沢菜漬けよりも濃い辛いのに、ただそれだけじゃない
深みがあります。これを”コク”と言うのかな?
先日の、京の棒鱈うま煮といい、これと言い、美味しい物を食べられる
口福な日々です。
by amamori120 | 2005-12-20 01:53 | フーズ、グルマン | Trackback(1) | Comments(20)

京の棒鱈

ブロ友、鱧男はんの大のお気に入りである、京都祇園藤村屋さんに棒鱈を注文しました。
d0065324_18132967.jpg
d0065324_18135755.jpg
100g 600円です。
「京都やぐ羅」さんという所で作っているようですが、どうです、この照り?
形崩れしないよう、しかも、しっかりと煮込んであります。
京の都で老舗を張る”技”を堪能させられる逸品ですね。
薄味の雑炊と共に頂きました。

おせちは、西武に”なだ万”のを頼んでありますが、この京の棒鱈も正月用に加えたくて、藤村屋さんに、またお願いしようと思っています。
by amamori120 | 2005-12-16 18:30 | フーズ、グルマン | Trackback(1) | Comments(22)

千疋屋でフルーツ

歯医者が終わった後、八重洲、日本橋、京橋を徘徊?しました。 その四

千疋屋・京橋店で休憩しました。

d0065324_20302728.jpg
フルーツ・カクテルを頂きました。家人Tも同じ物を。
今更、何も言うことはありません。
by amamori120 | 2005-12-12 20:33 | フーズ、グルマン | Trackback(1) | Comments(4)