パワー・ランチング?

入梅して、蒸し蒸ししたり、涼しくなったりで体調不良です。
そこで、ムルハーン千栄子教授の本じゃないが、パワー・ランチングと相成りました。(あの本の第4章は ”パワーランチ” です)
関係者が集まって鋭意討議の結果、 元祖にんにくや がよかろうということになりました。
パワー・ランチがこれです。↓
d0065324_2130212.jpg
先ず、シャキシャキ大根サラダです。 大根が新鮮なのと、独特のドレッシングで、なかなか食べさせます。
d0065324_21321959.jpg
次は、唐揚げです。とてもジューシーでした。それに、軽く焼いた にんにく がふりかけてあるのが、香ばしくて美味。 撮影前に、誰かが唐揚げを1p/e食べちゃいました。(Cf.右手前)
d0065324_2137490.jpg
そして、お待ちかねガーリック・パンです。上辺部を押し込んで食べろ、ということになってます。えもいわれぬ美味しさです。
d0065324_21405795.jpg
すこしハレーションを起こしていて見にくいのですが、パスタはカルボナーラです。食事が、ここまで進むと、もう皆、お腹が一杯になって来て、あまり箸が、いやフォークが進みません。でもまあ、標準以上の味でした。

これに、ソフトドリンクかアイスが付いて、一人前¥1,380(税込み)でした。ガーリック・パンの写真でお気付きだとおもいますが、写真は、それぞれ三人前です。

夕方になってゲップ(失礼)をすると、にんにくのニオイがしました。たっぷりと、にんにくを摂ったから元気モリモリになるでしょう。
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/979268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by revenouveau at 2005-06-17 07:01
おいしそう!  では、ありますが…
すごい量ですね。おそらく、これは、わたしの3日分の摂取量をこえているのではないかと。ん〜ん、きっと、そうです。
梅雨どきでもありますし、おからだ、おだいじに。
Commented by amamori120 at 2005-06-17 07:15
>revenouveauさん  おはようございます。  エキサイトのメンテ、随分時間がかかりましたね。
本文にも記しましたが、これは3人分なんですよ。
でも、カプリチョーザ同様ヴォリュームは多いですね。
お気遣い有難う存じます。
Commented by mariariaK at 2005-06-17 08:00
ぉはよういございます、雨漏りさん。
メンテ長かったですねぇ(;´Д`)
しかし、これはおいしそぉぉぉぉぉぉ( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう
朝からわくわくしながら(何 このブログ眺めていましたww
体調はぼちぼちですょ(´・ω・`)
やたらと眠気がくるのがやっかぃですが(;´Д`)
では、今日もよい一日を( ´ ▽ ` )ノ
Commented by amamori120 at 2005-06-17 09:50
> mariariaKさん おはようございます。 昨夜は、ホントニいらいらしました。  でも巧みな絵文字のコメントを頂きホッとしました。
昨日も食べ過ぎたので、今日は粗食で行きます。
アナタもいい一日を♪
Commented by RUE_xx at 2005-06-17 13:16
こんにちは。どれもおいしそうですね♪特に大根サラダの存在感がスゴイです(笑)ガーリックパン、おいしいですよね。トマトとバジルをのせた”ブルスケッタ”が特に好きで、家で作るときはトマトを好きなだけのせて食べてます(笑)
Commented by amamori120 at 2005-06-17 14:25
> RUEさん いらっしゃいませ。有難うございます。 イタリアと韓国が好きで、それぞれの料理も大好きです。 のちほど伺います。
Commented by miru-germany at 2005-06-17 16:39
雨漏り書斎さん、こんにちは。
本当に、パワーランチですねぇ。とても美味しそうです。
雨漏りするという書斎も、味があって素敵です。
Commented by amamori120 at 2005-06-17 18:17
>miru-germanyさん  いらっしゃいませ。
「ご挨拶」 にも記しましたが厳密には、2Fの書斎ではなく、1Fの和室が雨漏りしたのですけれど、家人が面白がって命名したのですwww 
Commented by irs-tkbeea at 2005-06-21 22:13
雨漏りさんはじめまして。私も多少読書をしますが、吉行氏は心身ともに洗練されていると感じています。エッセーを読む限りでは、なんてことないことにも気遣いを忘れず、シャイでありながらかっこいい大胆ささを感じさせます。今現代作家には持ち得ない感性のような気もします。吉行氏のような作家がまた現れてくれるといいなと思います。
Commented by amamori120 at 2005-06-21 23:00
>irs-tkbeea さん  いらっしゃいませ。ありがとうございます。
吉行氏の記事じゃなくて、こちらにコメントを頂いたのは何か意味があるのですか?  お気づきでしたら、ご教示下さい。
吉行氏については全く同感です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2005-06-15 21:55 | フーズ、グルマン | Trackback(2) | Comments(10)