「鎌倉のおばさん」ほか

d0065324_22461794.jpg
モー様のKナンバーに倣って、Aナンバーを表示するようにしましたが、今年もAナンバー順調に増えて行ってます 001.gif








A-09-005
d0065324_2249232.jpg
「小説 葉隠」奈良本辰也 昭和51.8 角川書店・刊  ¥980
「葉隠」とは、ご案内のように佐賀藩士・山本神右衛門常朝の語りを田代陣基が聞き取り、纏めた実に大部な武士道に関する本です。
歴史家の奈良本先生が、常朝を主人公とする小説に仕立て上げたのが本書です。
「武士道とは死ぬこととみつけたり」という語句のみが知られていますが、これは、この本を利用した体制側の策略?で、実際は命の大切さを説いた本でもあります。

原書?はコレです
d0065324_22574839.jpg
「葉隠 上中下」1940.4 岩波文庫・刊  和辻哲郎・古川哲史/校訂 ¥300,¥200.¥200

こんな解説書もあります
d0065324_2323911.jpg
「葉隠入門」三島由紀夫 昭和42.9 カッパブックス・刊 ¥340

下の二つは読みあぐねていたのですが、「小説 葉隠」のお蔭で、読み進む気になりました。


A-09-006
d0065324_23658.jpg
「鎌倉のおばさん」 村松友視 平成12.8 新潮文庫・刊 ¥500
村松梢風の孫、村松友視は、梢風の正妻そうに、静岡清水で育てられる。父は上海で客死し、母は友視を生んですぐに村松家を去り、死んだと教えられた。祖父母(梢風・そう)に子供として入籍された。鎌倉の家にはキヌエという女性が梢風と同居していて、世間には正妻みたいな感じで通っていた。これが「鎌倉のおばさん」である。この鎌倉からの仕送りで、祖母と孫は「裏」として暮らしていた。梢風の死まで30年間、「表」の妻として過ごしたキヌエを軸に「村松家の人々」を描いた名作。




A-09-007
d0065324_23222452.jpg
「カラー源氏物語」 池田弥三郎  昭和51.9 淡交社・刊 ¥1,800

「源氏物語」は以前UP済みですが、またひと味違った本をgetしました。
「桐壺」~「夢浮橋」 54帖のそれぞれに関わる名所(などころ)を池田先生が何度も訪れ、自分の足で歩いて、「源氏物語」にたいする思い入れを語ります。
写真はby大道治一さんですが、観光絵はがきのようでなく、非常に象徴的ないい絵を見せてくれます。
d0065324_23311224.jpg
狛様も居ますが、これは 清涼殿/帚木

d0065324_23342713.jpg
葵祭の御所車/葵

d0065324_23372568.jpg
石山寺/真木柱

d0065324_2340621.jpg
宇治の朝もや/夢浮橋

池田先生の深い学識に裏打ちされた語りと共に、綺麗な”カラー”写真も楽しめる佳い本です。
み・かんはん  源氏物語54帖 なぞってみやはったら?

A-09-008
d0065324_2341399.jpg
「西郷隆盛紀行」 橋川文三 1981.11 朝日新聞社・刊  ¥1,300

西郷隆盛は、本当に保守反動の征韓論者だったのか?
否定的な考えを持つ著者は、西郷が流罪にされた南島を巡り、島尾敏雄先生とも二夜かけて語り合ったりして益々西郷の心情に迫る。


A-09-009 <雨漏り 09年度 読了9冊目)
d0065324_23485086.jpg
「明治乗合馬車」 杉本苑子 昭和55.10 読売新聞社・刊 ¥1,100

以下の4篇を所収。
・大きな迷子  幕末最後の剣客・榊原健吉の半生。小屋がけの撃剣興業の場面から始まる。
・骸骨哄笑   日本初の女医の一人・高橋瑞子の苦闘の半生。
・阿修羅の妻  阿修羅じつは我が敬愛する南方熊楠先生の妻・松枝の物語。
・魔女に食われた男  この男とは奇術師として一世を風靡した松旭斎天一。少女のくせに凄絶な色香を放つ、後の松旭斎天勝に魅入られ「食われて」しまったお話。


雨漏りお得意の乱読は続きます ww
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/9215443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こりす at 2009-01-18 04:49 x
わ♪一番だ☆今回は乱読あずかりたいのがいっぱい!三島由紀夫ってそんなのも書いてたんですね、でも彼の好きそうな分野ではありますね。「葉隠」という名前が粋です。カラー源氏物語!これすごく見たいです!家の中に狛さま・・・山口の神社でも菅原道真像の後ろに鎮座してましたけど、外にいるのに見慣れてしまって変な感じです。外にいようと中にいようと諸語は守護って事でしょうか???
Commented by 桃源児 at 2009-01-18 05:24 x
三島由紀夫が葉隠を書いていたんですね。彼に似合いそうです。
源氏物語の本、素晴らしい写真が載っていますね。朝もやが綺麗です。
Commented by ミモザ at 2009-01-18 06:52 x
お早う御座います~♪
開花乗合馬車のイラストが良いですね。
読んでみたいのは(鎌倉のおばさん)村松友視さんの私小説
でしょうか?
本の紹介を楽しみにしています。
Commented by ケロリーヌ at 2009-01-18 09:16 x
西郷隆盛さんは、よしりんの本にも名前が出てきます。
随分勘違いされた人物のようですね。
彼についての本を読んでみたいです。
Commented by amamori120 at 2009-01-18 09:26
>日曜なのにtoo early の、こりすさん  おはようござんす。
乱読に付き合っていただいてどうもありがたい♪

狛犬はもともと室内に置かれ几帳の重しなどに使用されていました。

KO院生が書いた各巻の梗概も載っていて便利です。
Commented by amamori120 at 2009-01-18 09:29
>桃源児さん  おはようございます。
貴兄と知り合ったことが契機で、「五輪の書」なども、読むべく積んでありますヨ ♪
奈良本先生の「武士道」も♪

源氏  写真集としてもスバラな上、池田先生ですからねぇ ♪
Commented by amamori120 at 2009-01-18 09:34
>ミモザさん  おはようございます。
装丁はby熊谷博人さんです。

私小説で、泉鏡花賞をgetしています。
20才過ぎで40才の怪物・梢風と知り合い30年。キヌエも怪物ですね。
Commented by amamori120 at 2009-01-18 09:40
>ケロさん  おはようございます。
ご用はお済みですか?

拙、ご幼少の砌、西郷隆盛が大好きで、「敬天愛人」の書を勉強部屋の壁に貼ったりしてましたヨ ♪

林房雄を読んだケロさん  隆盛を攻めてみてください。
Commented by masuchi-mama at 2009-01-18 10:51
さすが~超読書家のお兄さまだけあって、よく読まれていますね。
カラー源氏物語、私も図書館で捜して借りたいな。
西郷さんにまつわる本も興味そそられます(^-^)
Commented by seoulhappydays at 2009-01-18 11:10
ブログもマメに更新されて、一体読書の時間をどうやって捻出されているのか、その技をお教えくださいませ~
現在3冊目に突入・・・まったくすすみません。
Commented by い~さん(^^) at 2009-01-18 11:36 x
葉可久礼~
どんな~武士道なんでしょ~か?
読まなきゃ
わからんですね (^_-)-☆
Commented by ひー at 2009-01-18 14:20 x
最近、文庫を手に取らないので、岩波文庫の柄が懐かしゅうございます。
確か岩波文庫は返品が利かなかったような気がします。
葉隠れ入門や開化乗り合い馬車なんか・・・読みたいですね。
Commented by igu-kun at 2009-01-18 21:25
「カラー源氏物語」の画像、見入ってしまう素晴らしさです。
それぞれとても興味深い本、表紙も素敵ですね。
Commented by amamori120 at 2009-01-18 22:17
>ますちーお姉さま レスが遅れました。日曜遅番出勤でした。
カラー源氏  イメージがしっかりと浮かんで来るように作られていて
さすが淡交社だと思いました♪
Commented by amamori120 at 2009-01-18 22:28
>seoulhappydaysさん  レスが遅れました。
子育て真っ最中のアナタと暇人の拙の違いだけですヨ ww
帰りの電車中で11冊目を読了しました。
でも右→左なので、身につきませぬ ww
Commented by amamori120 at 2009-01-18 22:35
>いーさん  レスが遅れました。
11巻にものぼる大著。なかなかレスで語れるものではありませぬ ww
いーさんにも是非お読みいただきたいです。
Commented by amamori120 at 2009-01-18 22:38
>ひーさん  レスが遅れました。
文庫本はすべて買い取りのようですヨ
単行本 岩波は返本不可・・・ですね。
価格を示す☆マークが懐かしいでしょ?

杉本苑子さん  あと2冊ほどUP予定です♪
Commented by amamori120 at 2009-01-18 22:43
> igu-kunさん  こんばんHA
どうもありがとうございます。

源氏 全ページをご紹介したいくらいです。
源氏を理解してないと撮れない写真ばかり。
流石プロです ♪
Commented by bricolage at 2009-01-21 22:08
「葉隠入門」三島由紀夫 これ、24、5才の頃、一度読んでいます。奥が深くて、刺激的だったのを憶えています。
古くて、新しいと思います。今、無性に再読してみたい気分です。
つゆの

Commented by amamori120 at 2009-01-21 22:39
>つゆのさん  こんばんHA
ほほう、つい最近読まれたんですね ww
この頃から三島先生、<死>について考えていたのかも・・・
Commented by みっちゃん at 2009-01-22 23:53 x
・・・。(・_・) 源氏物語54帖・・・
ムリムリ(-_-。) 
アタシは武侠やし、かんちゃんは・・・ロックやもん・・・
Commented by amamori120 at 2009-01-23 19:43
>みっちゃん  レスが遅れました。
そんなことないってぇ
おもろいテーマと思うけどなぁ

54回分あるしぃ ww
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2009-01-18 00:05 | 鎌倉 | Trackback | Comments(22)