宮尾登美子「菊亭八尾善の人びと」

d0065324_2259433.jpg 
NHK 「篤姫」総集編を観てしまったので、時間がなくなり、風流堂サンのファンでもある宮尾先生つながりで、知り合いの記事を借りてUPします 042.gif










c0039999_928936.jpg

1994.12 新潮文庫・刊 ¥850

江戸時代から連綿と続く、超高級料亭「菊亭八百善」の話です。

元禄のころ、山谷で野菜、乾物を商っていた八百屋善太郎が始祖だそうです。ほどなく食い物屋を始め、最盛期には、将軍がおなりになるような高級料亭に進化を遂げたといいます。
江戸の文人墨客、たとえば酒井抱一、太田蜀山人、谷文兆などが、ここを根城に群れ集いまた有名な大名達、たとえば松江の松平不昧公らもよく訪れ、一種のサロンを作っていたことが窺われます。山谷の八百善は、7,8千坪もあり、敷地の中には霞が棚引いていた!

金に糸目を付けぬ人達が集まるサロン八百善は、高級料理もさることながら、それを味わう建物、内装、道具、食器、飾り物も当然立派なものでなければならなかった訳で、流石の大名達も垂涎する逸品揃いだったと言います。それらが代々受け継がれて来ています。

 さて、本書は昭和23年、主人公の汀子が八百善・杉山家の次男と結婚するところから始まります。戦争で焼け出されるまでは築地で店をやっていたのですが、今は八代目夫婦一家は大あたりで居食し息子達は勤め人です。彼女が嫁入りした大森の杉山家は、こういう家族構成です。八代目夫婦、長男夫婦、小姑二人、それに次男・汀子夫婦と使用人達です。
たかが食い物屋とはいえ名家に嫁いだ汀子が、環境の違いにとまどいながらも生活を続け子供も二人生まれます。そして昭和27年、山王の地に八百善が再開されます。築地までは一水亭だったのが、ここからは菊亭と称するようになります。

 八代目は店を作ったあとは次男・汀子夫婦に経営をすべて任せてしまい、ここから汀子の本当の苦労が始まります。菊亭八百善の人びとは、どんな動きをするのでしょうか?
 ノーテンキな夫への不信、古参従業員の不審な行動、汀子の腐心、そして商売の不振・・・
さあ、汀子さん 大変です!

 文庫本で600ページの大部ですが、こなれた文章で色々な事件、事柄、人物を描いていくので、あれよあれよと読めてしまいました。ネタバレを懼れて、これくらいに止めますが、現在の菊亭八百善は? 銀座で健在だそうです。汀子夫婦の長男がやってます。10代目ですね。


d0065324_20392618.jpg

トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/9124100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 維真尽(^^) at 2008-12-28 22:31 x
1両2分の茶漬け~があるんです~か (^^♪

不昧公も
食べたんでしょ~か (^_-)-☆
Commented by ぐ~ at 2008-12-28 22:31 x
私も、総集編見てました~。
宮尾登美子先生の初版本から読んでいたので、大好きな内容です。
今までも、いくつか篤姫関連が出てきたことはありましたが、今年は堪能しました。
終わったのが淋しい~。主演の女優さんも泣いてましたね。
全精力を出し尽くしたので、身も心もからからになったそうです。
Commented by amamori120 at 2008-12-28 22:50
>いーさん  お早いお着きありがとうございます♪

有名なエピソードですね。
理由を訊いて、客も納得したそうですヨ ww

粋人不昧公のことですから、下々の食うなる、お茶漬けも召し上がったのかも ww
Commented by amamori120 at 2008-12-28 22:53
>ぐーさん  こんばんHA
勤務の関係で本番を観られないことが多かったので、どーしても総集編は観たかったんですぅ

宮崎あおいサンも全力投球されたんですね♪

「伽羅の香」読み始めています。
Commented by ひー at 2008-12-29 00:41 x
いや~面白そうですね。 言わばドキュメンタリーに近いのですかね。
確かに読みやすい本となかなか進まない本がありますね。
息子は一度読んで、読みにくくなかなか進まない作家の本は二度と買わないそうです。
すぐブックオフ行きで売ってしまいます。
いや~篤姫を録画するの忘れてしまいました。今日も泊まりでそれも一番忙しいところなので、TVも見れません。
後悔先にたたず…
Commented by こりす at 2008-12-29 05:03 x
「篤姫総集編」!?私は毎週見てきましたが、それでも駆け足の内容でしたよ!それを総集編~~~超早送りな感じでしたでしょう!ところで料亭ですが・・・読み物としては面白そうですね!内容を見て、すぐ「こんなとこに嫁に行きたくない!」って思っちゃいましたあ♪私も正月は読書に励みたいです・・・今「ブーリン家の姉妹」が届きました♪
Commented by ミモザ at 2008-12-29 07:11 x
お早う御座います~♪
篤姫の評判が余りに良いので、3日間続けて総集編を見ていました。
その頃の歴史も分かり、さすが宮尾作品だとおもいました。
菊亭八百善の人々の内容の出だしを読んでいると
櫓山人(ろさんじん)さんをイメージしましたよ。
よんでみたい本が増えました。
Commented by ケロリーヌ at 2008-12-29 07:55 x
たくさん本を読んでおられますね。
私も正月は読みますよ!!
シバかせてあ・げ・る♡
よいお年を!!
Commented by amamori120 at 2008-12-29 09:01
>ひーさん  おはようございます。
年末年始にかけてさぞやお忙しいことと拝察します。
勤務の関係で本チャンは半分ほどしか観てないので、しかも最後の方は全然なので、総集編をしっかり観てしまいました。

親友、乱読ハンぐるまん氏の記事を借りました ww
Commented by amamori120 at 2008-12-29 09:10
>こりすさん  きょうも早いですね。
おっしゃるとおり超早送りみたいな感じで、演技を楽しむというより筋を追うだけみたいです (^_-)
家人Tは商家の娘ですが、勤め人の拙と一緒になれて喜んでいるみたいです ww
プーリン 書店に文庫本が平積みされてますね。西洋史でも習ったし映画も観ましたが、この時代に興味があるので、一応押さえておくかな♪
正月は石川淳「古事記新釈」でも読むつもりです。
Commented by amamori120 at 2008-12-29 09:18
>ミモザさん  おはようございます。
日曜日に遅番出勤することが多かったので、最後の方を含めて半分も観てませんでした。  史書で大体のことは心得ていたつもりですが、やはりドラマ仕立ての方が面白いですからね。

北大路魯山人の星ガ岡茶寮が健在だったら、万金をはたいても行ってみたかったですww
Commented by amamori120 at 2008-12-29 09:22
>ケロさん  おはようございます。
いえいえケロさんこそ、お忙しい主婦なのに、しっかりした本を色々読んでおられて敬服していますヨ♪
「肯定論」読破してくださいね。
いつかシバきたいなぁ ww
今年はもう店じまいですか?
Commented by こりす at 2008-12-29 10:48 x
年末年始、朝、みんなが忙しいとき暇な主婦こりすです☆
ケロさまへのコメントで「肯定論」って何ですか???
私も読みたい~(読む本が増える~♪)。
うちは明日記事アップして店じまい。
暇なのであちこち訪問予定だったんですが、
どこも店じまい&ごあいさつで・・・やっぱり退屈なお正月かも。
雨漏りさまの楽しいお正月、ご相伴できるのかしらん???
Commented by amamori120 at 2008-12-29 13:21
>お暇なこりすさん ww
検診を終えて戻ってきました。  結果オーライでした♪
修道僧生活、二タ月ほど止めですww

林房雄「大東亜戦争肯定論」という本です。拙はン十年前に半分ほど読んだっきりです(-_-;)   my書棚でホコリをかぶっていますヨ

拙は槍が降ろうと正月だろうと、電子絵日記は続けるつもりです。
こりすさんに楽しんでいただける記事がUPできるといいなぁ♪
Commented by 桃源児 at 2008-12-29 21:19 x
宮尾先生、きれいな字を書くんですね。
担当編集者も楽でいいことでしょう。
Commented by amamori120 at 2008-12-29 21:36
>桃源児さん
作家もワープロ派が増えてるようですが、やはり肉筆原稿がよいですね。
貴兄も達筆なんでしょうね ♪
Commented by 桃源児 at 2008-12-29 22:18 x
とんでもない悪筆でございます。本人以外には判読不能です。
パソコンが手放せません。
Commented by amamori120 at 2008-12-29 22:29
>桃源児さん
こんどは飛べました?

ご冗談を ww
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2008-12-28 22:18 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(18)