忠臣蔵

d0065324_22444713.jpg
きょう十二月十四日は、赤穂四十七士が吉良邸に討ち入りを敢行した日です。











今日はとても寒い一日でしたが、元禄十四年(1702)のこの日も、前日が大雪で、両国界隈も一面の銀世界だったそうです。

ところで今朝の朝日新聞の天声人語を読まれたでしょうか?
脚本家の橋本忍サンのお父さんは、おおかたの日本人とは異なり「忠臣蔵」に反感を持ってたそうです。一人が四十七人を斬る話なら面白いけど、四十七人のいい若い衆らが一人の老人を斬って何が面白いのか、と言っていたという思い出話を紹介しています。
こういう人は1億3千万人のうち何人居るでしょうか?




anyhow この本です
d0065324_23354023.jpg
森本繁・著 「忠臣蔵を歩く」 1999.1 中公文庫・刊 ¥880

忠臣蔵に関する本はゴマンと出ていますが、本書は歴史作家の著者が、全国に散在する赤穂義士の遺跡を訪ねて、東京、京都、大阪、赤穂、広島・・・を歩いて回り、目と足で書いた「元禄赤穂事件」の謎と真実に迫った本です。




おまけ
d0065324_2334161.jpg

以前にもUP済みですが、主な赤穂事件関係者の戒名をご紹介してみます。

浅野長矩      冷光院殿前少府朝散太夫吹毛玄利大居士

吉良義央      霊性寺殿実山相公大居士

大石内蔵助     忠誠院刃空淨剣居士

堀部安兵衛     刃雲輝剣信士

萱野三平       刃道喜剣信士

大高源吾      刃無一剣信士

吉田忠左衛門    刃仲光剣居士

小野寺十内     刃以串剣信士

堀部弥兵衛     刃毛知剣信士

大石主税      刃上樹剣信士

不破数右衛門   刃観祖剣信士

岡野金右衛門   刃回逸剣信士

武林唯七      刃性春剣信士

神崎与五郎     刃利教剣信士



”刃”は”にん”と読みます。



昔は、お正月映画の定番は「忠臣蔵」だとパパが言ってましたが、随分と様変わりしたものですね。

20年ほど前、カーラジオで聴いたのですが、若者20人に「忠臣蔵」って知ってるか?と質問したところ19人が知らない。一人だけが辛うじて、しかし不確かに「キラ・コウノスケが、どーたらこーたら?」と答えたのに止まりました。
今なら100人に訊いても全滅でしょうかねぇ 042.gif
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/9062520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひー at 2008-12-14 23:58 x
この季節は、忠臣蔵=吉良家=上杉家=米沢の人は、この番組を見ない・・・とイメージしてしまいます。
吉良家から養子をいただいてますかね~
Commented by amamori120 at 2008-12-15 00:14
>ひーさん   お晩です。寒いですね。
お早いお成りありがとうございます♪

米沢の人には当然そうなるでしょうね。
しかし、今の若い連中は、ほとんど興味を持ってないでしょう (T_T)
Commented by si-chans at 2008-12-15 04:59
昨夜のテレビで、赤穂四十七士の切腹の場面の原図が出てきたと報道されていました。その中で、大石内蔵助は小さくなっており、忠臣蔵とは異なるそうです。悪役の吉良も地元では名君として祀られています。
史実は何か判らなくなってしまいます。
Commented by こりす at 2008-12-15 05:22 x
え~~~今の若い人達って知らないんですか!ビックリ!
ま~でも流行ったのは昔ですもんね~。
確かに、昔の義理人情が好きな頃に、お客さんに受けるからといって、忠臣蔵はあだ討ちの美談に、義経も生き延びる話になったというような話を聞いたことがあります。それで結局は事実が見えなくなってる状態なので、世の中事実より面白いほうが生き残るんだな~と思いました。
戒名、さすがに刀の字が多いですね。
Commented by ミモザ at 2008-12-15 07:26 x
お早う御座います~♪
忠臣蔵は余りのも有名で吉良さんは悪いイメージがありましたが、
地元では名君と言われていると・・・
地元の方から聞いた事があります。
原作者によっても視点の違いがありますよね。
Commented by ケロリーヌ at 2008-12-15 10:06 x
忠臣蔵が何をした話なのかすら知らない私です。
そのうち調べます。
脳味噌のレベル低っ!!
Commented by igu-kun at 2008-12-15 10:11
吉良邸跡と泉岳寺は訪れたことがありました。
討ち入りの日、銀世界の両国界隈が目に浮かぶようです。
Commented by ミー太郎 at 2008-12-15 14:19 x
四十七人のいい若い衆らが一人の老人を斬って何が面白いのか

う~ん、確かに!
Commented by みっちゃん at 2008-12-15 15:23 x
え~~!!! 知らないんだ!若者!!!
うちは(・_・)母の誕生日がこの日だから、昔、品川のほうまで墓参りに行きますたわ。。。 気付かなかったけど、みんな「刃」「剣」っていう字がつくんだ~ 切腹した人は皆そうなんかしら??? あ・・・。(・_・)どうも違うらしい・・・・ 忠誠院 なるほどですわね・・・。
Commented by ninuckey2 at 2008-12-15 19:31
>一人が四十七人を斬る話なら面白いけど
確かにっ!大変な武勇伝になるでしょうねぇ。

それにしても”キラ・コウノスケ”って・・・惜しいっ!(www)

Commented by い~さん(^^) at 2008-12-15 21:40 x
最近テレビで~
やたら~忠臣蔵~の話題やってまし~た (^^♪

歴史の真実~は
何処にって 感じでしょう~か (^_-)-☆
Commented by はーさん at 2008-12-15 22:12 x
朝日新聞の天声人語 な~るほど!
カンシンして 読みました (^_-)-☆

昔は~といっても つい最近までですが
年の瀬といえば 忠臣蔵でしたけれど~
少なくなってきたような? どうでしょう~
Commented by vintageradio at 2008-12-15 22:17
大居士なんてあるんですね。
それにしても、戒名てどうしてこんなに高いのでしょう?
Commented by amamori120 at 2008-12-15 22:50
>しーちゃん  レスが遅れました。
四十七士は、いくつかの別々の場所で切腹したんですね
新橋・田村右京太夫邸の後に和菓子屋さんがあって切腹最中というのを売っています ww

吉良=悪役とし、赤穂勢を正とした方が一般受けしたんですね。
Commented by amamori120 at 2008-12-15 22:53
>こりすさん@ブログたいむ  レスが遅れました。
事実より小説の方が面白い場合が多いんですね ww

真実はどうであれ、こういう事件があったことさえ知らない連中が増えているんです。  困ったものです (>_<)
Commented by amamori120 at 2008-12-15 22:56
>ミモザさん  レスが遅れました。
三州吉良の領地では良いお殿様と慕われたようですね。


悪役のイメージは、ちょっとやそっとでは拭いきれませんね。
子孫には腹立たしいことでしょう。
Commented by amamori120 at 2008-12-15 22:59
>ケロさん  レスが後れました。
歌舞伎でも「仮名手本忠臣蔵」という、三大演目の一つに数えられている話(事件)です。
またそのうちNHKでもやるんじゃないかなぁ (^^)
Commented by amamori120 at 2008-12-15 23:01
>igu-kunさん  レスが遅れました。
拙も泉岳寺には行きましたが、近いのに、本所は未訪です。
近々散歩したいと思っています ♪
Commented by amamori120 at 2008-12-15 23:03
>ミー太郎さん  レスが遅れました。
橋本忍さん、お父さんの影響を大分受けたような作品がありますね ww
Commented by amamori120 at 2008-12-15 23:12
>みっちゃん   レスが遅れました。
お母上の誕生日、12月14日でしたか ♪
お墓、まさか泉岳寺ではないでしょうね ww
拙には覚えやすい日にちです。 ”時は元禄14年12月14日・・・・”


覚えました (^_-)
Commented by amamori120 at 2008-12-15 23:16
>にぬさん  レスが遅れました。
大石は山科にも足跡を残していますね。
浅野長矩と義士の墓所がある瑞光院ってご存知?
Commented by amamori120 at 2008-12-15 23:20
>いーさん  こんばんHA
ミステリーと旅行番組くらいしかTV観ないんですが、そうですか忠臣蔵関係やってましたか♪
拙などにはうれしい話です。
真実はどうであれ、この事件が忘れられるのは困ります ww
Commented by amamori120 at 2008-12-15 23:23
>はーさん  こんばんHA
Oh 読まれましたか♪


年の瀬は長~い時代劇をやるのが通例のようですが、忠臣蔵は最近観ないような気がしていますが?

拙などは子供の頃から知ってるので多分観ないと思いますが、若い連中のためにやって貰いたいです。
Commented by amamori120 at 2008-12-15 23:26
>あや姐さん  こんばんHA
9月にUPした記事にリンクしましたので、よろしければご覧ください。
院殿大居士   最高ランクの戒名ですね。
あぁそうそうお母上も戒名を受けられたんですね。
改めてお悔やみを申します <(_ _)>
Commented by ホンロン at 2008-12-16 12:29 x
私は子供のころ 刃傷沙汰 を 人情沙汰 だと思ってました。
Commented by amamori120 at 2008-12-16 12:34
>紅龍さん@昼休み   こんにちHA
あんまり笑わせないでください ww
昼飯前にお腹の皮をよじらせると体によくないから ww
Commented by 桃源児 at 2008-12-17 00:21 x
赤穂浪士達は本懐を遂げた立派な侍達だと思うのですが、同時に吉良にも同情しています。
芝居のせいで、実像とはかけ離れた悪人にされてしまって、可哀想な気がします。
討ち入りの日とはいうものの、実際は旧暦ですから、現在の暦では1月になってしまいますね。雪が降っていたのもうなずけます。
Commented by amamori120 at 2008-12-17 00:26
>桃源児さん  こんばんHA
シティボーイの吉良氏には、田舎大名の浅野君がウザイと感じられたんでしょう。
この討ち入りのせいで吉良の子孫も、落魄に近い境遇になりましたね。
かなりかわいそうに思えます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2008-12-14 23:33 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(28)