童話・神話

d0065324_1327817.jpg
あんまり子供たちには読ませたくないですねぇ 
(^^;)









d0065324_13283583.jpg

「グリム童話のなかのぞっとする話」
金成陽一・著 1999.4 大和書房・刊 ¥1,785

「眠り姫」「眠れる森の美女」として知られるこの童話はディズニー映画などで、ロマンチックなお話とされてますが、原作「野ばら姫」には、死体愛好(ネクロフィリア)という異常性愛が見てとれるといいます。また、グリム童話に100年先行するペローの「眠れる森の美女」では、姫に接吻して目覚めさせる王子の母親が、恐ろしい「人食い鬼の種族」だそうで、人肉嗜好(カニバリズム)というテーマも潜んでいるそうです。

「ヘンゼルとグレーテル」一番恐ろしいのは魔女ではなくて、残酷な子供たちだったという。そして、暗い恐ろしい森をさまよううちにヘンゼルとグレーテルは近親相姦を犯してしまい、魔女は本当は、禁じられた快楽に走る未熟な子供たちに、立ちふさがる大人の象徴なのではないか。

グリム童話のなかには、初版の段階で含まれていた性的な描写や残酷すぎる表現が、削除されてきたが、現在の段階でも、性的なにおいや雰囲気が感じられるそうです。
たとえば「赤ずきん」にしても、ベッドで赤ずきんを待ち受ける狼は、若い娘を我が物にしようとする一見やさしげな男にも思えるそうです。

このほか、「白雪姫」「シンデレラ」にも人肉嗜好(カニバリズム)、死体愛好(ネクロフィリア)を思わせるにおいが拭い取れないと言っています。




d0065324_1329259.jpg

「アンデルセン童話の呪い」
安奈 泉・著 1999.5 大和出版・刊 ¥1,470

アンデルセン童話のベースに流れているものは、血も凍りつくようなホラー性だとしています。
猟奇殺人、暴力、自殺、変態、近親相姦、レイプ、不倫、不貞、嫉妬、裏切り、復讐、詐欺、金銭への異常なまでの執着、徹底したエゴ、ストーキング、怨霊・・・・・

アンデルセンは極貧の家に生まれ、父は家代々の精神病で狂死、母は物乞いからスタートし、やはり精神病院で死ぬ。この両親の遺伝子を受け継ぐアンデルセンは、女性に人一倍関心がありながらも、一度も愛された経験がなく生涯童貞だったといわれます。

「人魚姫」「親指姫」「赤い靴」「マッチ売りの少女」他について、例証しています。




d0065324_13292959.jpg

「大人のための 残酷ギリシャ神話」
山口 椿・著 1999.5 日本文芸社・刊 ¥1,365

ギリシャ神話の登場人物は、ゼウスとオリンポス12神ですね。
12神とは、ポセイドン、ハデス、ヘラ、ヘスティア、デメテール、アルテミス、アテナ、アフロディテ、アポロン、ヘルメス、アレス、ヘバイトスです。
ギリシャ神話は、表層で人間関係を語りながら、その奥底に民族の歴史を含ませているという構造だといわれます。そして表層を彩る物語は、神々の名を借りた人間世界の関係そのもので、残酷性に満ちています。

ゼウスの浮気に嫉妬した正妻ヘラが相手の女神をいじめ、その子供を迫害する。自分の尊厳を傷つけられた女神がその相手を極めて残忍な手口で殺害する。自分の裸身を見られた女神が見た男を鹿に変えて犬に襲わせて殺す。男神の男根が切り取られる。母子が関係を持つ。姉と弟が関係を持つ。子供が八つ裂きにされて大釜で煮られる。日常茶飯事の不倫。妻が情人と組んで夫を殺す。母が子供に殺される。・・・・・

まるで現代と同じですね。

ヘラクレスの誕生・冒険、レダの夢、ミノス王の悩み、ナルシスになりたい、メディアとイアソン、ディオニソス」教団、オイディプス王  など20編を収録しています。

著者は画家でもあるようで、スバラなイラストがいっぱい。ポルノっぽいのも多いので、UPは断念して、自分だけで楽しむことにしました ww




d0065324_13295774.jpg

「千一夜物語」
康 君子・著 1994.12 同文書院・刊 ¥1,260

千という数字はアラビア語で、非常に多いという意味だそうで、偶数は縁起が悪いとするアラブ人たちが千一にしたと言われます。
この物語集には、恋愛物語、犯罪物語、神仙譚、滑稽譚などをはじめ、教訓、金言、美談なども含まれ、まさに説話の宝庫と言えますね。

すべての物語に共通するのは、イスラム教こそが最高の宗教であり、登場人物は、このイスラム教の全知全能の神アッラーの定めに従って、有為転変の運命を辿ることから、イスラム教のPRのために書かれためとも言われるそうです。

女はしたたかに男を騙し、美男美女はいつの時代も騒がれ、純愛あり、不倫あり、現代と変らぬ人間模様が描かれています。


「神話」つながりで、こんな本も、my書棚にあります。

d0065324_13302538.jpg

「ペルシャ神話」
黒柳恒男・編訳 1989.6 泰流社・刊 ¥2,472


d0065324_13304591.jpg

「秘教インド神話」
シャランダーラ・サラニア 著
1959.9 個人出版  ¥940


d0065324_13311033.jpg

「日本の神話・伝説を読む」
佐佐木隆・著 2007.6 岩波新書・刊 ¥820
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/8909539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by si-chans at 2008-11-12 17:15
「シンデレラ」に関する記載があるとの事で早速、訪問します。
子供の夢を壊すような説ですね。我が孫には、童話のままで信じさせます。
Commented by amamori120 at 2008-11-12 17:21
>しーちゃん
ミニ台ちゃんに聞かせられないような話でごめんなさいネ

大人の読む本たちです。
Commented by ぐ~ at 2008-11-12 20:05 x
金婚式おめでとうございます(10年後の分です)
平和な日常が一番ですね、イギリスのお菓子で祝って下さい^^;
残酷グリムは阿刀田高さんも本を出してませんでしたかね~。
読んだような気がしますが。
子どもは残酷性を持っているものです。
それを、自覚して自制出来るのが大人になるということでしょうか。
日本昔話も残酷な物が多いですね。
Commented by amamori120 at 2008-11-12 20:11
>ぐーさん  こんばんHA
10年先まで祝っていただいてどうもありがとうございます♪
この手の本、何人かが出していると思います。
たまたま、この傾向の読書が続いてしまいました。

親がしっかりしないと、代々オカシナところが続くみたいです。
ピテカントロプスエレクトスがまだ棲息しているようですから ww
Commented by い~さん(^^) at 2008-11-12 21:34 x
残酷グルム~
かえって~こどもたちに~教訓になるかもで~す (^_-)-☆
Commented by amamori120 at 2008-11-12 22:00
>いーさん  こんばんHA
ご意見伺いました (^_-)-☆

しっかりした親の子供なら大丈夫でしょう。
Commented by まーさん at 2008-11-12 22:11 x
い~さんのコメントに賛成で~す (^^)/
子どもは純粋培養しないほうがヨイとつくづく・・・
Commented by amamori120 at 2008-11-12 22:15
>おっ 今度は、まーさんですね ww
そのように考える人達も多いようですね。
この手の本も結構読まれてるようですから。

sae、ソーシ   どんなもんかな??
Commented by igu-kun at 2008-11-12 22:38
どの本もたいへん興味深いです。
グリム童話の一冊は表紙もどこか恐ろしげですね。
神話についても最近読んでみたいと思っていました。
ご紹介頂き嬉しいです。
Commented by 桃源児 at 2008-11-12 22:41 x
シンデレラも原典はかなり残酷な話だと聞いたことがあります。グリム童話については、その残酷性は聞いていましたが、アンデルセンまで。知りませんでした。
日本の神話にもエロチックな要素が結構ありますね。
Commented by melocoton1 at 2008-11-12 23:29
面白そうな本ばかり!
童話っておっしゃるとおり残酷な話が多いですよね。
小さい頃、『不思議な国のアリス』が怖くて仕方が無かったの思い出しました。

千夜一夜、ずーっと読んでみたいと思ってまだ手をつけてない本です。
Commented by yumidesu1009 at 2008-11-13 00:01
ご主人様こんばんは
お元気そうで何よりです
コメント一揆にまとめて書きます。
本日までの記事全て拝見しました。
改めまして結婚記念日おめでとうございます。
心からお祝いいたします。あとで私信送らせてくださいね。
今回の記事、はいはいそれはよく存知上げています。
娘が読んでいたのを息子がそんなの読むなって止めた本もあります。
裏側を知るのは、あっちだけで充分ですよね(笑)
Commented by こりす at 2008-11-13 05:23 x
ワタシ、もう絶対コワイと思ってぜったい読まなかったんです・・・
童話を、もっとコワく解釈して書いたって事ですよね???
だって結構童話自体が既に残虐じゃないですか・・・
それをさらに・・・と思うと、きゃあああああ・・・って感じで・・・
で、やっぱり、コワイです???か???
Commented by ケロリーヌ at 2008-11-13 09:18 x
この手の本は転がしちゃだめっすね。
しかし、人間はそういうものから逃れられない。
可愛いっちゃ、かわいい動物ですね。
Commented by seoulhappydays at 2008-11-13 12:37
10年程前だったかしら?タイトルは忘れましたがちょっとしたブームがありましたよね。
その際、読もうと思ったのですが、スルーしてしまいました。
人間の本質って奇麗事だけじゃないんですよね。
さて・・・娘に今後、読書の世界への導入をどう進めていくのか考えてしまいます。
Commented by ミー太郎 at 2008-11-13 13:06 x
私の友人がグリム童話の残酷編を読んでしまったそうで
非常にガッカリしてました。 童話好きな私としても残酷編は
遠慮したい。。。  子供には見せたくないですね~
Commented by kawazukiyoshi at 2008-11-13 14:06
神話とか童話を裏返して読む趣味にはあまり賛成できません。
ゲテモノ趣味の一種にしか過ぎないような気がします。
ペルシャの神話、秘教インド神話は始めてみる本です。
どんなことが書いてあるか見てみたいきになります。
ゲテモノ趣味でないならいいのですが。
今日もスマイル
Commented by ひー at 2008-11-13 17:23 x
やっと痛みが治まり始めました。
数年前に怖いグリム童話なるものがありましたね。
家にもあったような。
元々は童話じゃ無かったのかも知れませんね? 長い間に改変されてきたのでしょうか?
今途中になってる、遠野物語の「おしら様」のようです。
今朝帰ってきたのですが、また出勤です。行ってきます。
Commented by amamori120 at 2008-11-13 17:45
>igu-kunさん  レスが遅れました。
なんだか気持ちの悪い女の子が画かれていますねぇ ww
ギリシャ神話 呉 茂一、高津春繁さんのがオススメです。
日本神話はいっぱい出ています。
Commented by amamori120 at 2008-11-13 17:49
>桃源児さん
著者も面白半分にデタラメを書いている訳ではなく、真剣に研究しているようです。

大人として知っておくべきだと思ってUPしました。
Commented by amamori120 at 2008-11-13 18:03
>meloさん  レスが遅れました。
アリスにも性的な意味が随所に見られるようですね (-_-;)

千一夜物語  コレは抜粋ですが、河出書房からバートン版が全8巻で出ていますね。
何年かかけてユックリ読むのも一興です♪
Commented by amamori120 at 2008-11-13 18:08
>YUMI姐さん  レスが遅れました。
お忙しいのに、ありがとうございます。
全記事を読んでくださったなんて!

40年経ったなんてシンジケートですが、sae、ソーシを見てると、あぁやっぱり年月は過ぎたんだと改めて思います。

貴・事業が軌道に乗って落ち着かれたら、飛騨の話をいたしましょうねww
Commented by amamori120 at 2008-11-13 18:14
>こりすさん  レスが遅れました。
コワクテ、コワクテ、夜、トイレに家人Tに付き合って貰って行きました・・・・・嘘です ww

この頃、この手の本が流行ったみたいですね。

このギリシャ神話の本、オススメです、大人には ww
Commented by amamori120 at 2008-11-13 18:18
>ケロさん  レスが遅れました。
ご幼少の砌、拙は正しい童話を読んだので、著者の解釈には正直驚きましたヨ

子供は無邪気じゃなきゃあきまへん ww
Commented by amamori120 at 2008-11-13 18:22
>seoulhappydaysさん  レスが遅れました。
UPした上の3冊は1999年に出版されてますね。
恰もその頃にブームがあったんでしょう。

みーちゃんには、日本の昔話も教えてあげてください。
Commented by amamori120 at 2008-11-13 18:24
>ミー太郎さん  レスが遅れました。
アナタには清らかな世界だけを見ていて欲しい・・・と、思います♪
Commented by amamori120 at 2008-11-13 18:29
> kawazukiyoshiさん  レスが遅れました。
いつも読み逃げで、すんまへ~ん <(_ _)>

ネタ買いじゃなくネタ読みです ww

千一夜以下は、真っ当な?本です。
ペルシャ神話は我が記紀に相当するものですね。


スマイルという理髪店に通っています ww
スマイル 大事です♪
Commented by amamori120 at 2008-11-13 18:40
>ひーさん お晩です。  もう職場に戻られた頃でしょうね。
相変わらず大変だと拝察します。

拙も今日から7連荘、疲れますネ

どこかにも書きましたが、古い本を攻めているので、9年前にブームになった、この手の本に遭遇した訳です。

ギリシャ神話  イラストが結構楽しめましたヨ♪
Commented by rise_1246 at 2008-11-13 18:57
こんばんわ~雨漏り先生♪
雨漏り先生の読書が多岐にわたるのにまず感心!
私最近「願いを叶える像」を読んだ位です~。
グリムはそうゆう感じなんですね~。怖いです!ww

Commented by amamori120 at 2008-11-13 19:06
>riseさん  こんばんHA
いつもありがとうございます♪
多岐に亘るなんてものじゃなくて単なる乱読でございますヨ ww
そういえば、別名義で今は休止しているブログが、乱読ハンぐるまん なる名称なんですヨ

この手の本、正直あまり好みじゃないんですが、ネタ読みです ww
Commented by みっちゃん at 2008-11-13 22:51 x
やっぱち(・_・)世界に分布する繁殖能力の勢力図に比例するような結果ですわよね~
大体神話からして日本と違いますわね・・・・
(・_・)日本民族って・・・ 淡白ですわよね・・・♪
Commented by amamori120 at 2008-11-14 17:51
>みっちゃん  レスが遅れました。
獣肉を食らう奴等と、お茶漬けサラサラの違いどす ww
Commented by ROBO・KY at 2014-09-18 20:12 x
 レダの夢…ヤタラ、オモシロイ
Commented by amamori120 at 2014-09-18 22:35
> ROBO・KYさん   こんばんHA
コメントありがとうござんす m(_ _)m
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by amamori120 | 2008-11-12 13:31 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(34)