康熙帝 間野潜龍

d0065324_22323857.jpg康熙帝 間野潜龍・著 昭和42年11月 人物往来社・刊 ¥490

清朝第四代皇帝・聖祖康熙帝の一生を、その事績を中心に描いた書です。









d0065324_22332830.jpg

政治、軍事、文事において卓越した手腕を発揮して大清帝国を完成させた康熙帝ですが、著者は「大帝」、「聖祖」と持ち上げっぱなしではなく、人間的な側面も描き出していて、一読大抵の読者は彼に好感を抱くでしょう。それは次のような事実からも窺えますね。

「康熙帝の心の中には、満州族出身の皇帝という立場と、中国的聖天子たらんという願望・・・この二つの矛盾した心理が常に葛藤して・・・康熙帝は清代のどの君主よりも長期に亘って皇帝の地位にありながら、最も人間的な悩みを持った皇帝ではなかったか・・・」

また、早くに父(順治帝)・母を亡くした康熙帝は祖母の太皇太后の世話を受けて育ったものだから、彼女が死の床にあるとき、「湯薬に侍すること35昼夜に及び、衣帯も解かず、力を尽くし、心を尽くし・・・」看取ったが、亡くなると、康熙帝は「三日間も泣き続け、粥も水も口に入れず、遺骸の棺の傍に座り通して、ついに目もくらみ、血を吐くようなありさまだった」といいます。

d0065324_22373789.jpg
d0065324_22353852.jpg
d0065324_22355125.jpg


彼の生きた17世紀の同時代人にはフランスのルイ14世、ロシアのピョートル大帝が居て、奇しくも17世紀に三大帝王が出現したことは興味深いですね。
三人とも似た様な境遇---幼くして帝(王)位につき、重臣どもの圧力を撥ねかえして実権を取り戻した---なのは考えてみれば面白いですね。
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/7765145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by い~さん(^^) at 2008-04-23 23:10 x
あの広大な中国を 
治める~
想像だに出来ませんが
皇帝の人間ドラマ~興味深いですね (^_-)-☆
Commented by 桃源児 at 2008-04-23 23:28 x
康熙帝。乾隆帝と共に有名な皇帝。その位の知識しかないですね。
しかし、同時期にそれだけ似た境遇の帝王がいたというのは興味深いですね。
Commented by amamori120 at 2008-04-23 23:45
>いーさん  お早いお着きありがとうございます。
少数民族の満州族が圧倒的多数の漢民族を支配・・・康熙帝の再来を望みません?  ww
Commented by amamori120 at 2008-04-23 23:47
>桃 源児さん こんばんHA
この後、西太后もUP予定です。
またご叱正ください。

17世紀 江戸時代・・・ですね。
Commented by nyhanako at 2008-04-24 12:11
彼の息子の「雍正帝―中国の独裁君主」を読んだことあります。
人物や歴史の面白さもさることながら、筆者である宮崎 市定氏の卓越した哲学、衰えぬ筆致に、思わず「これはコメディか?」と楽しく読ませて頂きました。
中国史はスケールが違いますね。
Commented by igu-kun at 2008-04-24 22:10
康熙帝の人間的な部分を感じさせるエピソードですね。
奥深い中国史の一頁、興味深く拝読しました。
Commented by amamori120 at 2008-04-24 22:21
> nyhanakoさん  レスが遅れました。
「雍正帝―中国の独裁君主」たしか、どこかの新書でしたっけ?
国土のみならず、色んな点でスケールが違いますね。
Commented by amamori120 at 2008-04-24 22:36
>igu-kunさん  こんばんHA
どうもありがとうございます。
白髪三千丈みたく中国的な誇張もあるんでしょうが、皇帝でありながら人目も憚らず大泣きするなんて、なんとも人間的じゃありませんか♪
Commented by pinkcowgirl at 2008-04-24 22:55
中国史もう全然だめですが(日本の歴史ものもだめ)
こういう風に解説してくださり、
人間的な皇帝の姿
面白そうですね。
Commented by amamori120 at 2008-04-24 23:36
>あや姐さん  こんばんHA
この前に西太后の本を読んだのですが、無性に清朝関係が読みたくて
たまたま本書をgetしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2008-04-23 22:45 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(10)