ミステリーs

d0065324_22374686.jpg
最近は、神社・神道の本を読むことが多いのですが、ミステリーも相変わらず好きで、ボツボツ読んでます♪











d0065324_22395935.jpg

「夜明け前の殺人」  辻真先 1999.9 実業乃日本社・刊 ¥1,785

大財閥三ツ江グループに支援された劇団”座どらま”の公演、島崎藤村の「夜明け前」は、代表・真鍋の新解釈による演出と主演女優・浜島香苗の魅力的な美貌・演技によって連日大入り満員の大ヒットとなった。
そして千秋楽の最終シーンで香苗が急死するという一大事件が起きた。
警察の調べでは青酸中毒による死で、捜査の結果、事故死ということに決まった。

10年後、香苗の弟、井上裕介は定年退職した義父と共にフランスから日本に帰国、姉の「自殺」がどうにも納得できず調査を開始した。
三ツ江の社員で、文化事業担当部門の恵理の協力を得て、調査を続けるうちに、二人は婚約するところまで仲が進むが、その恵理は、明らかに裕介を狙ったやり方で、青酸カリによる死を遂げた。
さらに裕介を巡るもう一人の女・・裕介を慕う三ツ江の重役の娘・・も同じように青酸カリで死んでしまう。

藤村の、姪との恋愛を描いた「新生」をなぞった状況。同じく藤村・岡本一平合作の「いろはカルタ」による暗号等々工夫を凝らしたミステリーです。
そして意外な犯人・・・たいてい「意外」と決まっていますが ww・・・が明らかとなる。
伏線もしっかり張られ、納得できる合理的な結末。楽しめましたヨ ♪



この外、面白かったのを自分の備忘録としてUPしときます。
d0065324_22412871.jpg
 「悲鳴」東 直己・著 2001.2 角川春樹事務所・刊  ¥1,900

d0065324_2243615.jpg
「ゴッホ殺人事件」長井 彬・著 1993.1 実業之日本社・刊  ¥1,700

d0065324_22461138.jpg
「プレイ」山口雅也・著 2004.9 朝日新聞社・刊 ¥1,680

d0065324_22474962.jpg
「蘆屋家の崩壊」津原泰水・著 1999.6 集英社・刊 ¥1,575
お気付きでしょうが、ポーの「アッシャー家の崩壊」を念頭に!

d0065324_22512294.jpg
「旅人たちの墓石」三好徹・著 1977.8 角川書店・刊  ¥960

d0065324_22533886.jpg
「殺人協奏曲ホ短調」由良三郎・著 1985.6 文藝春秋社・刊 ¥900

d0065324_2256278.jpg
「グッドバイ 叔父殺人事件」折原一・著 2005.11 原書房・刊 ¥1,995

d0065324_22584396.jpg
「女には向かない職業」P.D.ジェイムス著/小泉喜美子・訳 1987.9 
早川文庫・刊 ¥¥670

d0065324_2314659.jpg
「アリスの夜」三上洸・著 2003.3 光文社・刊 ¥1,785

d0065324_2341634.jpg
「心臓と左手」石持浅海・著 2007.9 カッパ・ノベルス・刊 ¥880

d0065324_2373618.jpg
「月の扉」石持浅海・著 2006.4  光文社文庫¥620

d0065324_23101674.jpg
「βの悲劇」夏樹静子/五十嵐均  兄妹合作ですね
1990.7 角川文庫・刊 ¥760

d0065324_23133885.jpg
「モーツァトの子守歌」鮎川哲也・著 1992.12 立風書房・刊 ¥1,500
アシモフ「黒後家蜘蛛の会」を念頭に。


d0065324_9581750.jpg
「越境線」谷克二・著 1977.10 角川書店・刊 ¥880


d0065324_1001189.jpg
「銀弾の森 禿鷹Ⅲ」逢坂剛・著 2003.11 文藝春秋社・刊 ¥1,600


d0065324_11533669.jpg
「モンマルトルのメグレ」ジョルジュ・シムノン・著 1983.9 河出書房新社・刊 ¥580
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/7364012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 桃源児 at 2008-02-27 23:42 x
ミステリーか、最近、あまり読まないですね。
でも、歴史が絡んだミステリーは読みますね。
井沢元彦先生とか。
Commented by amamori120 at 2008-02-27 23:50
>桃源児さん  こんばんHA
井沢さんの「天正元年のクローディアス」「七つの迷路」などUP済みです。   古代史にも強い人のようですね♪
Commented by ミモザ at 2008-02-28 07:18 x
おはよう御座います~昔は読書少女だったのですが、
最近は読む時間がなくて、NKHで日曜日の朝のブックレビュー
を見て満足?しているような状態ですので、
あーさんの本の紹介と備忘録とても参考になります。
良い1日を!
Commented by い~さん(^.^) at 2008-02-28 08:07 x
いや~よく読んでらっしゃいますね
尊敬しちゃいます (^^)v

導入部で引き込まれると
一気読みですが
最近 ないですね (^^ゞ
Commented by amamori120 at 2008-02-28 08:39
>ミモザさん
おはようございます。
東京は良いお天気ですヨ。
アナタが読書少女でいらしたことは十分拝察できます♪
お忙しくてなかなか本が読める時間もとれないことも理解できますww
大体、年間200冊以上は読みますが、UPできないものの方が多いです
Commented by amamori120 at 2008-02-28 08:42
>いーさん
おはようございます。  雪は如何でしょうか?↑のレスにも記しましたが、いーさんおようなダイジェスト能力がないので、なかなかUPできないでいます (-_-;)

UPしたものは、すぐに引き込まれた本たちです。
Commented by ひー at 2008-02-28 21:36 x
そんなペースで本を読んでたら、ブログどころじゃなくなりますよ。私の場合…
そう言えば、あーさんのブログに『江戸川乱歩』のカテゴリーがありましたよね。見ようと思ってていつも忘れてしまいます。
乱歩の文庫本は、中学の時にほぼ読んだと思います。かなりはまって町の本屋さんに通いましたよ。後に赤川次郎が好きになり、これも相当読みましたが、続々出版するので、現在4冊程重なったまま時間が止まってます。1日が40時間あればいいのにと思いますよ。
Commented by amamori120 at 2008-02-28 22:14
>ひーさん  お晩です。
乱歩は郷里の大先輩なんですよ♪
赤川次郎も或る程度夢中に読みましたが20冊ほどで飽きました。
今日は、田辺聖子さんのを読んでいます。
Commented by pinkcowgirl at 2008-02-28 22:31
狛犬探索で忙しくなさっているのかと思っていたのに、
いつの間にか、こんなに沢山のミステリーを読んでいたのですね。
私が分かるのって、
田辺聖子さんかな・・・どんな本読んでいるのですか?

Commented by igu-kun at 2008-02-28 22:34
私もミステリー小説は大好きで、よく読みます。
夜明け前の殺人、面白そうですね。
ご紹介頂いたいずれの本も未読なので、本選びの参考にさせて頂きます。
Commented by amamori120 at 2008-02-28 22:40
>あや姐さん  
NY在住のブロ友さんのコメントがきっかけで「姥ざかり 小田宅子《東路日記》」という、江戸時代の筑前地方の主婦たちの旅行記なんですヨ
面白くて、今日分厚い本ですが半分読んじゃいました♪
Commented by amamori120 at 2008-02-28 22:43
>igu-kunさん  こんばんHA
新しいミステリーは誰かがUPしてるでしょうから、古いのを専ら読んでいます。  UPしたのは入手しにくいのが多いかも <(_ _)>
Commented by ハム姉さん at 2008-02-29 23:45 x
およっ~辻真先さん懐かしいわ♪

30年以上前アニメ デビルマンなどの脚本やられた方ですよね♪
Commented by amamori120 at 2008-03-01 00:08
>ハム姉さん
NHK TVの草分け的存在ですね
ひょっこりひょうたんじま も手がけたようです

大分以前 この人の本を随分読みました。
Commented by usayamama at 2008-03-01 09:27
ミステリーは最近好きになってきました。
私の中では未開のジャンルなので、実は雨漏りさまの所で
目星を付けたりしているんです。
これからも参考にさせて頂きます。
Commented by amamori120 at 2008-03-01 09:34
>usaさま
ご覧になってお分かりのように、割と古いものを読んでいます。
新しいのは誰かがUPするでしょうから。

今、電車の中用として《メグレ》を読んでいます。シムノン やはり良いですねぇ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2008-02-27 23:24 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(16)