「絵画の真生命」 速水御舟

d0065324_0182581.jpg
「絵画の真生命」 速水御舟 
1996.8 中央公論美術出版・刊 ¥3,675

この表紙の絵は 
名樹散椿(重文)です。






d0065324_0184656.jpg


速水御舟(本名 栄一) 明治27年(4894)~昭和10年(1935)

大正~昭和を代表する日本画家ですね。
腸チフスを患って一ト月でなくなってしまったそうです。
40才での若死にと、600点余の作品の多くが、公開されず愛好家に所蔵されてしまったので、「幻の画家」と言われたそうですが、昭和51年、山種美術館がまとまった数をgetし、他の所蔵品と併せて展覧会を開いたことから広く知られるようになったとのことです。

さて、本書はそんな速水御舟の「文集」です。
絵のみならず文章もよくした人だったんですね。
内容ですが、<自作について><芸術論・絵画論><先師・交友><回想・紀行><語録>という構成になっています。


<回想・紀行>の中に「慶州石窟庵を見るの記」というのがあるんですが、昭和8年に、朝鮮美術展覧会に招かれた際に、新羅の旧都・慶州の近傍にある石窟庵へ行ってるんですね。
そして「本尊の石像の美しさに魅せられた・・・流麗な手法で作られ、顔の穏雅なことは比類である。私は朝と夕と二度行って心ゆくまで鑑賞の楽しい時を過ごした・・・この石窟庵一ヶ所を見ただけで朝鮮へ来た効果があったと思ふ。」というくらい感激しています。
ここは実は先頃、拙が新羅の狛犬という記事でご紹介したところなんです。
こういう文章に出遭うと嬉しくなるものですねぇ043.gif



ところで、心惹かれた断章をいくつかご紹介します。

実在するものは美でも醜でもない。唯真実のみだ。若し我々が確実にその真を掴んだとすれば、そこには美だとか醜だとかと言ふ比較的なものを超えた、より以上の存在を感じなければならない筈だ。或いは夫れをこそ真の美と言ふべきであるかもしれない。 *御舟は、以上の言葉に表わしているように、「真実」や「美」とは何かという一種の美学的命題とその実現に感心を抱いており、それに基づいて作画を行ったようです。

芸術は時代意識の現れになるかもしれない

技法の究極は無色透明だと思ふ。いささかでも他色があれば自己の真意を伝えるのに禍ひとなる。

絵画こそは、概念からいづるものにあらずして、認識の深奥から情熱が燃え上がって、はじめて造り得らるる永遠に美しき生命の花であろう。

梯子の頂上に登る勇気は貴い、更にそこから降りてきて、再び登り返す勇気を持つ者は更に貴い。大抵は一度登ればそれで安心してしまふ。そこで腰を据えてしまふ者が多い。
登り得る勇気を持つ者よりも、更に降り得る勇気を持つ者は、真に強い力の把持者である。

      ・
      ・
      ・


ゲージュツにはとんと無縁の雨漏りですが、本書を通じて、真摯に芸術に生きた一人の優れた先人を発見しました。 


d0065324_023320.jpg
洛北修学院村

d0065324_0241073.jpg
京の舞妓

d0065324_0244170.jpg
向日葵

d0065324_0251467.jpg
樹木

d0065324_025355.jpg
炎舞

d0065324_0261740.jpg
京の家・奈良の家


d0065324_027055.jpg
翠苔緑芝


d0065324_0275544.jpg
花の傍

d0065324_0282330.jpg
牡丹花


d0065324_0284940.jpg
野の花(白日夢)
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/7317386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 桃源児 at 2008-02-22 08:41 x
文も絵も素晴らしい人ですね。
炎舞という絵、切手になりましたよね。見た覚えがあります。
Commented by amamori120 at 2008-02-22 11:31
> 桃源児さん   おはようございます。
お早いお着きありがとうございます♪

切手に?  寡聞にして知らず・・・です。ご教示ありがとうございます。

今度は画集を探してみようかと思っています。
Commented by melocoton1 at 2008-02-22 15:27
初めまして! 遊びに来ました♪
素敵なブログですね。
実は私本大好きなんですが、日本を離れて23年目、ずーっと日本語の本から遠ざかっていたんです。 
最近皆さんのブログの影響で日本語の実用書や小説を読み始めました^^。 色々こちらで勉強させてくださいね。

マンゴーハンターのセクション、拝見しました!
すばらしい!
うちのブログもマンゴーの時期になると色々出しますので、情報交換しましょうね!

それではよろしくお願いします♪
Commented by amamori120 at 2008-02-22 15:34
> melocoton1さん  いらっしゃいませ♪
貴地は朝でしょうか?  マイナス8時間くらいと思ってるんですが。

マンゴーも大分ネタ切れで息切れ状態です ww
日本とは違ったマンゴー状況、是非拝見させてください♪
こんなアホなブログですが、また覗いてやってくださいネ

Commented by い~さん(^.^) at 2008-02-22 18:25 x
いろんな世界が~ひろがってますね (^^♪

なにか~妖艶な匂いがするんですが
錯覚でしょう~か?       (^_-)~☆
Commented by amamori120 at 2008-02-22 19:45
>いーさん
たしかに数点そんなことを思わせる作品が載ってますねぇ

私生活は極く真っ当だったようです。
Commented by ひー at 2008-02-22 22:39 x
いつの間にか、記事が増えてる・・・・・(O_o)WAO!!!
日本画を見ると日本画だってわかりますよね。
なんか表現出来ませんが、深みがあっていいですね。
落ち着くのかな~
日本人なんですね。
Commented by amamori120 at 2008-02-22 22:59
>ひーさん
その通りです。
日本人には日本画。日本人には和菓子です   なぁんてネ ww
Commented by pinkcowgirl at 2008-02-23 08:55
素敵な絵です。
牡丹の花がとってもいいです。
牡丹の花が描いてる
屏風みたいなのあります。
Commented by amamori120 at 2008-02-23 09:19
>あや姐さん  おはようござんす。
こんな文集を読むと、画集も観たくなりました。
才能のある人が羨ましいです。

姐さんちには、お宝が唸ってるみたいですね ♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2008-02-22 00:32 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(10)