イタリア物 3冊

d0065324_1158467.jpg「食べちゃお Ciao! イタリア!」
パンツェッタ ジローラモ著  
パンツェッタ貴久子訳・絵
1998.8 光文社・刊  ¥1,890










d0065324_1223100.jpg
TV、雑誌等でよく見かけるパンツェッタ ジローラモさんのエッセイ集です。
翻訳は奥さんの貴久子サン。
故郷イタリアはナポリの食べ物とそれにまつわる面白いエピソードが満載!  目次を少しご紹介しときましょう。

☆嗚呼、愛しのグロッタ・デル・ソーレ
☆アマレーナ入りビニエの正体
☆カラッチョロ通りの渡し人
☆誰がツェッポレッレを作ったのか
☆牢の中の玉ネギオムレツ
☆ナターレの鰻料理
☆ジェラートに愛をのせて
☆焼きたてパンと指輪の行方
☆ねずみと猫と美味しいパニーノ

如何です? 食べたく イヤ 読みたくなりません?
d0065324_1318574.jpg
d0065324_13191189.jpg
d0065324_13192537.jpg
d0065324_13193991.jpg
d0065324_13195433.jpg
d0065324_1320679.jpg
d0065324_13201861.jpg
イラストby貴久子さん(多摩美卒)  クリックで大きくなります







d0065324_12114639.jpg
「イタリア 職人の国物語」朽見行雄・著  
1995.5  JTB・刊  ¥1,800

「イタリアは細長い半島全体を職人半島と呼んでもいいくらい、いたるところに工房があり職人の作る文化がある」と考える著者が、北はミラノ、トリノ、べルガモあたりから、南は長靴のかかとレッチェまで24人の職人を訪ねる旅をしました。
d0065324_12192495.jpg
クリックでさらに大きくなります。


北イタリアのクレモナへは、バイオリン職人を訪ねます。
ここはご存じストラディバリウスが工房を構えていたところですね。
いまだに到達できないような完成作品を作り上げたアマティ、ストラディバーリ、グァネルといった名人がたちが、なぜあの時のクレモナにだけ、なぜバイオリン作りの世界にだけ輩出したのだろうか 著者のこの疑問は解けるのでしょうか?
因みに、ストラディバリウスとはストラディバーリの造った弦楽器、という意味だそうです。
現在、クレモナを代表する名職人は、フランチェスコ・ビソロッティさんとジョバンニ・モラッシーさんの二人・・と言われています。


イタリアのさまざまな町の工房とそこで働く職人たちの”伝統を捨てない文化”。 イタリアのものづくりには、どんなところにも伝統に根ざした職人的なものがしぶとく顔を出し、それがすばらしい特徴となっている。イタリアは今もみごとに”職人の国”なのである。







d0065324_12393424.jpg
「イタリア中世の山岳都市」 竹内裕二・著
1991.9 彰国社・刊 ¥2,400

造形デザインの宝庫 というサブタイトルの本書は、建築、美術、造形の大好きな建築家が、イタリアを中心に地中海沿岸の都市を旅し、イタリアの山岳都市をカメラに納め、まとげあげたものです。

d0065324_12454211.jpg
モンテフェガテーシ

d0065324_12463295.jpg
有名なサンジミニャーノ

d0065324_12473592.jpg
これも観光客が必ず行くシエナ


d0065324_1248447.jpg
チビタ・ディ・バンニョレイジオ

d0065324_12494514.jpg
カステルデルモンテ

d0065324_12505489.jpg
サン・フランチェスコで有名なアッシジ


まだまだ”中世”を残した小さな山岳都市がいっぱいあります。
イタリア語が出来て、時間、お金があれば家人Tとともに歴訪・彷徨したいのですが・・・
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/6122528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by い~さん at 2007-09-11 16:53 x
イタリヤ~

現在は~
ドイツに押されてますが
 
ダヴィンチを初めとする
ものづくり 王国

とくに~ デザインは 際立ってますね (^^♪
Commented by amamori120 at 2007-09-11 17:33
>いーさん
ランチングと買い物に行ってました。風流堂にも寄りましたよ♪

ヨーロッパにはまだ手作りが必要とされる部分が大きく残っているようです。  効率主義の○国とは大分事情が異なるようです。
Commented by bricolage at 2007-09-11 19:28
ちょいワルですっかりお馴染みのジローラモさん、2、3年前ですか新宿をひろしさんと一緒に歩いていたら、ばったり遭遇!!思ったより小柄な方でした。素敵な絵だなぁと眺めていましたが、奥様の作品なんですね。このエッセイ、面白そう。読んでみたいです。

つゆの
Commented by amamori120 at 2007-09-11 20:06
>つゆのさん
ジローラモさん あまり好感してなかったんですが、本書を読んで評価を変えました。  奥さんの翻訳もいいとは思いますが。
リピートできる本です♪
Commented by jsby at 2007-09-12 22:02
パンツェッタ ジローラモさんのエッセイ集、イラストがいい感じです。
特に、動物達が天使の輪を付けて昇天する姿が印象的ですね。
Commented by amamori120 at 2007-09-12 22:05
>jsbyさん
奥さんのイラストと訳、内助の功なんてものじゃありませんね♪

動物たちの前足!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2007-09-11 12:55 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(6)