北原亜以子『木戸番小屋』シリーズ

d0065324_2033657.jpg
以前、 まんがら茂平次 をUPしましたが、今回は、北原亜以子サンの人気シリーズです。

深川澪通り木戸番小屋








d0065324_2063295.jpg
「深川澪通り木戸番小屋」1993.9 講談社文庫・刊 ¥520


d0065324_2085673.jpg
「深川澪通り燈ともし頃」1997.9 講談社文庫・刊 ¥750


d0065324_20105536.jpg
「新地橋 深川澪通り木戸番小屋」 1995.12 講談社・刊¥1,500


d0065324_20131587.jpg
「夜の明けるまで 深川澪通り木戸番小屋」 2007.6 講談社文庫・刊 ¥550



江戸の町人が住む町々には、防犯・防火のために木戸が設けられていて、夜10時頃に閉められてしまいます。緊急時には木戸番というのが開けてくれるのですが、彼は普段は町内の夜回りなどをやっています。
深川に中島町というのがあり三方を川に囲まれています。南側を澪通りと言い、西の角に木戸番小屋があります。木戸番は町に雇われていますが、給料がとても安いので、小屋に、草鞋、ちり紙、蝋燭など日常品を並べて売ったりしていて生活の足しにすることが黙認されています。
d0065324_21155645.jpg
d0065324_23441784.jpg


澪通りの木戸番小屋には笑兵衛・お捨の夫婦者が暮らしています。笑兵衛は50過ぎの古武士の風格のある男、お捨は40後半、色白で、可愛く太っており、とても上品な感じのおばさんです。ころころとよく若い声で笑うのが印象的なんです。
日本橋の大店の主だったとか、京の名家の生まれとか、武家の出だとか色々言われますが、誰もここへくるまでの二人のことは知りません。本シリーズの或る箇所で作者は読者にだけは、そっと教えてくれますが、出演者の誰も知らないままなんです。
それくらい、品格があってタダモノではないという雰囲気を持っているんですね。と言っても近寄りがたいとかそういうふうじゃなく二人とも親しみやすいキャラなんです。

2 の「深川澪通り燈ともし頃」のみ中編が2篇で、他は6~8の短編が入っています。

毎回ゲストスターが変わりますが、いずれも市井の人々。人生の悩みを抱えている人ばかりです。それが笑兵衛・お捨の居る木戸番小屋に関わってきて、今様に言えば”元気を貰って”人生に立ち向かって行く・・・・そんな、しみじみとした咄の集まりなんです。


北原亜以子サン 「恋忘れ草」で直木賞を受賞していますが、本シリーズ 1 で泉鏡花文学賞、4 で吉川英治文学賞を受賞されています。
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/5683927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miki3998 at 2007-06-25 21:40
深川といえば粋な姉さんという感じでしょうか?

  そこはかとない色香が漂うおかみさん・・・いいなあ~。

北原さんの本、読んではいませんが、先生の解説を読みながら、高島礼子あたりがおかみさんかなあ…と想像しています。 旦那は…残念、思い浮かびません。 誰がいいかなあ?
Commented by amamori120 at 2007-06-25 21:51
>miki先生 お晩です。 いつもお早いお着きありがとうございます。
TV化されたことがあったようで、神田正輝、池上季実子が演じたとのですが、全くのミスキャストです。両方とも全然イメージが違います。
うーん、誰がいいかなぁ? 
お捨さん 気持ちよく太っているんですぅ

一晩考えます <(_ _)>

Commented by い~さん at 2007-06-25 21:55 x
品格があって タダモノではないという雰囲気~
それでいて~親しみやすい
そんな風に~なれたら良いですねぇ~(笑)

江戸の庶民の暮らしが~
透けて見えるようですねぇ
Commented by amamori120 at 2007-06-25 22:00
>いーさん
よくぞ仰有ってくれました。
この夫婦のような在り方を目指したいと思いますヨ
<無欲>なのが、なかなか真似できないかもしれません ww

京都は澤田ふじ子さん、江戸は本シリーズを読めば、庶民の暮らし、考え方がよくわかります♪
Commented by みっちゃん at 2007-06-25 23:15 x
師匠に感化されて・・・
こないだ江戸城の秘密みたいな本・・買ったの(-_-。)
  > 一晩考えます <(_ _)>
(・_・)考えたキャスト教えてね♪
Commented by amamori120 at 2007-06-25 23:33
>みっちゃん
良い本を読む人は信用できると、亡母がよく言ってましたヨ
江戸城の秘密やのうて、江戸城の秘密みたいな本どすのか?
うまいことUPしとくんなはれ♪

みっちゃん う~ん、一晩で出るかなぁ (-_-;)

ちゃんと腹巻きして寝なはれぇ 
Commented by pinkcowgirl at 2007-06-26 05:14
師こういう江戸の本読みたいですね~~。

ブログやっと1ページ出来ました。
見に来てください。
あや姐さんもやったよね・・と自分にほめています。
Commented by amamori120 at 2007-06-26 08:51
>あや姐さん
レスの目に、お邪魔してきました♪  さわやかなスタートですね。
リンク貼らせて貰いましたヨ。
Commented by jsby at 2007-06-26 09:02
私も、江戸の町については調べたことがありましたが、江戸の町の安全を守るための工夫がされ、なかなか面白いなあと思いました。木戸番小屋の他に自身番小屋などもあったようですね。自身番小屋が今で言う警防団なら、木戸番小屋は防犯・防災駐在所みたいな感じなのでしょうか。

そんな木戸番小屋に住み込んでいるいることが似つかわしいしくないほどの品格が感じられる笑兵衛・お捨の夫婦。師匠の解説『お捨は40後半、色白で、可愛く太っており、とても上品な感じのおばさんです。ころころとよく若い声で笑うのが印象的なんです。』から、藤田弓子さんや森久美子さんなどを想像してしまいました。うん~、イメージに合う女優さんを選出するのって、意外と難しいです。
Commented by amamori120 at 2007-06-26 09:56
>jsbyさん おはようございます。いつも全記事にコメント頂きありがとうございます♪
下の拡大地図にもマークしときましたが、木戸番小屋と自身番小屋は川を挟んで対面にあります。
自身番小屋が警防団なら、木戸番小屋は防犯・防災駐在所みたいな感じ <さすが作家さん、巧いこと仰有る(^^)

キャステイングですが、藤田弓子さんあたりがピッタリかも知れませんね。ついでに笑兵衛は如何でしょうか?  要潤クンは無理でしょうがw
Commented by jsby at 2007-06-26 10:42
笑兵衛はと・・・、NHKの朝ドラ「どんと晴れ」で朝倉なつみの父親役を務めている大杉漣さんはいかがでしょう?私が好きな男優さんです。現在、56歳です。こういう風に勝手にキャスティングするのって楽しいです。今日は、お休みで自宅でのんびりしています。そろそろ次の投稿に向けて、書き始めなければ・・・。
Commented at 2007-06-26 20:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amamori120 at 2007-06-26 21:43
>jsbyさん レスが遅れました。
大杉漣さん   う~ん、なかなか良いですね。
さすが、目の付け所が違います♪
私も、もう少し考えて、ご意見を徴したいと思います。

お作、早く次を読ませてくださいっ!
Commented by みっちゃん at 2007-06-26 22:21 x
(・_・)大奥の秘密だった♪
で、一晩で・・・出た?  (なんか違う意味に・・・)
Commented by amamori120 at 2007-06-26 22:27
>鍵コメさんat 2007-06-26 20:27
お粗末様でした。  どうぞご自由に、お取り扱いください。
Commented by amamori120 at 2007-06-26 22:30
>みっちゃん  スレ違いです ww
大奥の秘密 あとでこっそり教えてナ

みっちゃん 出過ぎやおまへんやろな? 腹巻き、腹巻き!

こっちの方は、出まへん (/_;)

Commented by lalala-la at 2007-06-26 22:56
わぁ、この本面白そう♪
日本に住んでたら、きっと本屋さんに走ってます。
実はワタシには、毎月雑誌を郵送してくれる伯父がいて、ものすごーく
幸せ者なんですが、その中の週刊誌2冊を伯父の目に留まった文庫本
1冊に換えて送って・・・ とお願いしようかどうか迷っています(笑)。
こんなこと言ったら、バチが当たるかな?!
Commented by amamori120 at 2007-06-26 23:09
>lalala-laさん  こちらでは、こんばんHA
やさしい伯父様にお願いして、コレ送って貰ったら如何ですか?
お近くに図書館があれば在庫してるかも。
もしダメだったら、お送りしてもいいですヨ
にぬさんにも送ったことがあるので、安い送り方知ってますから♪
Commented by seoulhappydays at 2007-06-27 15:52
北原亜以子サンの本はまだ手にしたことがないんですよ。
ちかいうちに是非^^
小説を通して江戸時代の文化、風習がわかるっていいですね。
Commented by amamori120 at 2007-06-28 21:45
>seoulhappydaysさん  レスが遅れました。
女流で時代小説の書き手も多勢いらっしゃいますが、北原サンは
トップの一人だと思います。 機会があれば是非っ!
Commented by lalala-la at 2007-06-28 22:25
お優しいお言葉ありがとうございます。
雨漏り師匠を第2の「優しい伯父」と呼んじゃおうかな~♪ 
(あ、師匠だったら「伯父」じゃなくて、「叔父」ですね、きっと)
Commented by amamori120 at 2007-06-28 23:03
>lalala-laさん  お晩です。
先ほど安バスツアーから帰宅、シャワーを済ませて、ホッと一息ついたところです。
叔父?  トンデモナイコトデゴザイマス  従弟とお呼びください ww

冗談はともかく、ご遠慮なくお申しつけくださいネ ♪
Commented by pinkcowgirl at 2007-06-29 00:33
では、御言葉に甘えてと・・・なぜ私が横から?
ららららのらーさんが読み終わったら、
私のところへ回してもらって、
私の次はにぬちゃんへ送ります。
本もこれだけ待ちこまれている我等に読まれたら、きっとうれしいことでしょうね~~~~
Commented by amamori120 at 2007-06-29 08:10
>あや姐さん  おはようござんす。
あの~  ”ら”が一つ多いのでは?  www  よけいなことを<(_ _)>

早速、らーさんに送り先を訊いてみますネ ♪
Commented at 2007-06-29 15:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amamori120 at 2007-06-29 20:05
>鍵コメさんat 2007-06-29 15:19
了解です。多分来週になると思います。
Commented at 2007-07-02 21:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amamori120 at 2007-07-02 22:54
>鍵コメさんat 2007-07-02 21:10
お晩です。 1週間以内に届くと思います。
Commented at 2007-07-19 05:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amamori120 at 2007-07-19 17:24
>鍵コメさんat 2007-07-19 05:44
レスが遅れました。  お楽しみ頂ければ、拙にとりましても幸せこれに過ぐるものはありませぬ♪
Commented by ninuckey at 2007-08-09 03:13 x
テキサス経由で送っていただいた「深川澪通り木戸番小屋」、
あっという間に読了してしまいました。人情深い江戸の人々の
お話に、ほっこりしたりしんみりしたり・・・ほっと一息、肩の力が
抜けるような、爽やかな一冊でした。ありがとうございました。
北原亜以子さんファンの友達に、貸してあげようと思います^^
Commented by amamori120 at 2007-08-09 19:15
>にぬさん  レスが遅れました。
お楽しみ頂けたようで、洵に重畳です。
またいいのがあればお送りしますからね ♪
Commented by pinkcowgirl at 2007-08-31 08:46
師匠、らららこさんから、例のおいしいキイーライムクッキーのパッケジー『木戸番シリーズ』届きましたよ。
ラッキーな事に、今日はお昼から、雨模様、ゆっくり読み始めました。
↑でにぬちゃんがご指摘のように、「しゃばけ」とはちょっと違って、人情の厚い江戸の時代物楽しいシリーズです。ありがとうございました。
これ読み終わったら、にぬちゃんへ送りますよ♪~~
にぬちゃん待っててね。
Commented by amamori120 at 2007-08-31 09:11
>あや姐さん  こちらでは、おはようござんす。
らららこサンから佳いプレゼントが届きましたね♪
東京も今日は涼しい小雨が降ってます。
sae、ソーシと遊びに出かける予定です。

木戸番 お楽しみください♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2007-06-25 21:11 | 時代小説を読む | Trackback | Comments(34)