荒俣宏 訳・解説「カラカウア王のニッポン仰天旅行記」

d0065324_1931918.jpg荒俣宏 訳・解説
W.N.アームストロング
「カラカウア王のニッポン仰天旅行記」
1995.4 小学館・刊 ¥2,800

明治14年(1881)にハワイ国王がニッポンに来たこと、ご存じでしょうか?



d0065324_1931263.jpg

d0065324_1933477.jpg


明治のはじめ頃、ハワイにとても陽気で学問「好き」な王様がいた。
カラカウア王という。ポリネシア民族に古くから伝わってきた祭りと宴が大好きだった。
それで、キリスト教伝導団が野蛮だからという理由で禁止したフラダンスを復活させ、自らもハワイ国歌を作曲し、オアフ島にイオラニ宮殿という立派な王宮も建てた。
その王様が1881年に世界一周航海に出たのである。
そして、国の門戸開放したばかりの日本にも立ち寄り、さまざまなエピソード---なかには、日本とハワイの関係を180度変えたかもしれないエピソード---を残して日本を去ったのである。

本書では、日本、中国、ホンコン、シンガポール、タイまでは詳訳され、インド、エジプト、欧州各国の分は抄訳となっている。

文明開化の日本へやってきたハワイ国王カラカウアⅠ世、19日間に亘り滞在した一行は、明治政府の大歓迎を受けてエキゾチック・ジャパンを満喫するとともに、移民の要請・不平等条約の改正など八面六臂の大活躍。さらに明治天皇と単独会見したカラカウア王は、吃驚仰天、驚天動地の提案を行った。


d0065324_19351527.jpg
カラカウア王
d0065324_19355944.jpg
カメハメハ大王


d0065324_19381082.jpg
カラカウア王が立てたイオラニ宮殿

d0065324_1939289.jpg
ハワイ国旗 ユニオンジャックと星条旗を合わせた?

d0065324_19404914.jpg
カピオラニ王妃

d0065324_19421796.jpg
イオラニ宮殿の王の間


d0065324_1945133.jpg
日本滞在中のカラカウア王   後列右端 著者アームストロング 学友にして国務大臣そして第一の側近




d0065324_1937485.jpg
伊勢山から見た1880年頃の横浜。カラカウア王が泊まった離宮はこの伊勢山にあった。


d0065324_19514095.jpg
エキゾチック・ジャパンの代表的図例。こんなイメージは昔も今もあまり変わっていない。↑↓
d0065324_19542384.jpg
日本の寺院で説教するボンさん。これが日本?


さて、カラカウア王がポリネシア人特有の単純な脳味噌で考えたことは、ハワイ王家と日本の皇室との縁結びだった。
結びつけようとされたのは、この二人。
d0065324_19583914.jpg
カイウラニ王女(5才)と山階宮定麿王(15才)。
d0065324_2012667.jpg
成人したカイウラニ王女。美人ですねぇ♪


遠からずハワイがアメリカの属国になってしまうことを懼れたカラカウア王は、天皇の縁戚の親王の一人と、王の姪で王位継承者のカイウラニ王女を結婚させて日本を味方につけ、アメリカに対抗したいと考えたのだった。

王一行が旅を終え帰国した頃に、明治天皇の侍従が密かにハワイを訪れ、丁重にお断りをした。
著者は、こんなことを記しています。「かりに天皇が縁談を承知したとしたら、その結果はどうなっていたろう?ハワイはアメリカではなく、日本の属国になっただろう。」


歴史に if を持ち込むことは あーだ こーだ と言われますが、 if 日本とハワイの王族同士の結婚が決まっていたら?  楽しい想像が出来るのではありませんか?



d0065324_20141261.jpg
勲章集めが趣味の王がgetした大勲位菊花大綬章。
この目的だけは果たされた。
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/5502100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 騙されたと思って食べてみた at 2007-05-28 21:02 x
いやーほんまに紹介されるのうまいでんなー

つい読んでみたくなってしまうがなー


雨漏り師匠
さすがでんがな!
Commented by jsby at 2007-05-28 21:15
カイウラニ王女(5才)と山階宮定麿王(15才)の縁談なんて、スクープにも値する話。それにしてもカイウラニ王女という方、本当に美人ですね。この縁談が上手くいっていたら、ハワイ県になっていたかもしれませんね。もし、そうなったら移住希望を出したいです。
Commented by い~さん at 2007-05-28 21:19 x
あら~
惜しかったなぁ
パスポ~トなしでいけただろうに
それに別荘も持てた?(笑)
Commented by amamori120 at 2007-05-28 21:25
> 騙されたと思って食べてみた ハン  お早いお着き、おおきにぃ ♪
全ページに、画像や図版が載せられ、多分原書よりも100倍楽しい本になってまんね。 さすが荒俣はんでんなぁ♪
チョット高直でっけど、読んでみとくんなはれ♪
Commented by amamori120 at 2007-05-28 21:30
>jsbyさん
これは史実でして、外国の元首が非公式であっても訪日したのは初めてのことだったようです。 予算が足りなくなり追加要求をした文書も載せられています。
ハワイ県!  if 太平洋戦争に勝っていたら (>_<)
Commented by amamori120 at 2007-05-28 21:35
>いーさん
やはり不平等条約のこともあり、アメリカに遠慮したようです ww
ホンマに、惜しかったですね ww
Commented by miki3998 at 2007-05-28 22:32
ちょっと小錦に似てますね。

  雨漏り先生らしい本のチョイス、Goodです!
  私もjsbyさんと一緒にハワイの住民になりたいなあ。
Commented by amamori120 at 2007-05-28 22:36
>miki先生  お晩どす。
ポリネシア人らしい顔なんでしょうね ww

ハワイか北鎌倉か、  う~ん 迷います。
Commented by はーさん at 2007-05-28 23:31 x
歴史に if を持ち込むと~
ホント 楽しい世界が拡がりますね!

カラカウア王&あーさん 
ご対面が 実現していたら・・・
楽しい世界を拡げてま~す♪

Commented by amamori120 at 2007-05-28 23:39
>はーさん   すれ違いですっ ww

夏場所をやらかすかもしれません ww
Commented by nyhanako at 2007-05-28 23:41
私もハワイへは観光で行きました! 
カイウラニ王女のお母さんは、初代国王カメハメハ大王のいとこで、お父さんはスコットランドのエジンバラ出身の人だそうです。
その頃親交のあったイギリス王室のビクトリア女王にちなんで「ビクトリア」と名付けられたそうです。
一方、カラカウア王の後を継いだカピオラニ王妃も、NY出身の人と結婚したそうですが、子供がいなかったため、カイウラニ王女が後継者となったそうです。
ハワイの歴史を見ると、突然注目されてしまった小さな独立国が生き残る為に、大変な苦労と、失ってしまった物の大きさを、哀しく感じずにはいられませんね。
Commented by amamori120 at 2007-05-28 23:49
>nyhanakoさん  こちらでは、こんばんHA
流石にお詳しいですねぇ♪
この著者、王と学友なんですが、随所に王を揶揄するところが(内面で)見られます。(王の死後出版されてます。) たしかに、石器時代とあまり変わらない生活をしていたポリネシア人ですからね。
漁業、通商、航海の重要ポイントだったからアメリカに目を付けられた彼らの悲劇ですね。
Commented by ハム姉さん at 2007-05-29 18:06 x
私はif持込大好きですわ。

カメハメハ大王さん 曙似??

カイウラニ王女って子供の頃に比べさなぎが蝶になったって感じですよね。
私自分がブサイクだから、美人大好き(●^▽^●)
Commented by pinkcowgirl at 2007-05-29 21:59 x
わたしもどこかで、ハワイ国王が日本を訪問の話読んだことがあります・・・ハワイへ行った時かな~~
この訪問がきっかけになって日本人がハワイへ移住したのかしら・・それとももっと後でしょうかね。
本当にカイウラニ王女かわいい・・
Commented by usayamama at 2007-05-29 22:46
カラカウアⅠ世、随分大胆ですなあ。
これもお国柄なんでしょうね〜。
>ポリネシア人特有の単純な脳味噌
かなり笑えました。
ハワイ県が誕生していたら、県庁所在地はホノルル?
Commented by amamori120 at 2007-05-29 23:00
>ハム姉さん
ミニスカの似合う姉さんが何をおっしゃいますか?
ポリネシア人ってみんな似てるような気がします。 
この可憐な王女も、10年後にはブクブクになったかもww
Commented by amamori120 at 2007-05-29 23:09
>あや姐さん
ハワイの記念館かどこかに、このときの記念品が残っているかもしれませんね。
これが契機となってハワイ移民が始まったようです。
カイウラニ王女のその後、チョット調べてみたいですね♪
Commented by amamori120 at 2007-05-29 23:19
>usaさま
それはアームストロング氏が言ってるんです。 結構無礼な発言を繰り返しています。だから王の死後に出版されています。
王と同窓でアメリカ人なのに入閣していますが、ポリネシア的な王国には懐疑的だったようです。
県庁は勿論ホノルルになったでしょうねww  残念!
Commented by moimoi at 2007-05-30 00:29 x
ほぉ~、ハワイと日本の間にそんなびっくりするような話があったんですね~!
それにエキゾチックジャパン??な絵といい、ちょっとこれは手に取ってみてみたくなりました(^^)
Commented by amamori120 at 2007-05-30 00:46
>moimoiさん  こんばんHA
ねっ面白そうな本でしょ?
図書館ででも当たってみてください。
日本史では習いませんね ww
Commented by masuchi-mama at 2007-05-30 20:35
面白いお話ですね~もしハワイ県などが誕生していたら・・・
考えただけでも楽しいで~す♪
母にこの話知ってる?って尋ねたら知ってました。
昭和一桁ですからね~!(笑)
Commented by amamori120 at 2007-05-30 23:25
>ますちーお姉様   レスが遅れました。
if ハワイ県が誕生していたら、真珠湾奇襲もなかった訳で、まだ一度も攻撃されてないUSAを直接爆撃していたかも知れませんね

イヤイヤそんな殺伐な話より、ハワイ支店を作って、そこの支店長を2,3年やりたい・・・こっちの方が楽しいですね♪

この史実、パパに訊いてみたかった (/_;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2007-05-28 20:22 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(22)