田辺聖子「おせい&カモカの昭和愛惜」

d0065324_22171153.jpg

おせい&(と)カモカの 昭和哀惜
2006.10 文春新書・刊 ¥787

追記 ますちーハウス ますちーお姉様のご紹介でした♪




d0065324_22181971.jpg

これは、田辺聖子サンと言うより、文春新書編集部が「作った」本・・・のようです。
テーマ毎に、全24巻の田辺聖子全集(集英社・刊)や50数冊の著書から、キラリと輝く「断章」「短文」「寸言」を抽出して構成されています。
「著書」の例を少しあげてみましょう。
「私の大阪八景」「千すじの黒髪」「女の長風呂」「言うたらなんやけど」「女が愛に生きるとき」「文車日記」「イブのおくれ毛」「ラーメン煮えたもご存じない」「浜辺先生町を行く」「芋たこ長電話」「おせいさんの団子鼻」女の中年かるた「花衣ぬぐやまつわる」「女のとおせんぼ」「ひねくれ一茶」「姥ざかり花の旅笠」「一葉の恋」「残花亭日暦」等々です。  

先日、3月31日、NHK朝ドラ「芋たこなんきん」の最終回を観ることができました。
おせいさんが秘書の方と、チラッと出演されましたが、昭和3年生まれというから、もう80才なのにとてもそんなお歳には見えませんでした。オバアサンと言われても仕方のない年齢なのに、どう見てもオバサンでした。心身ともに若くて健康なんですね♪

TVでは、藤山直美サンがおせいどんを、國村隼サンがカモカのおっちゃんを演っていましたね。秘書役は、いしだあゆみサン。
國村隼サンを初めて認識したのは、随分昔、やはりNHK朝ドラ「ふたりっこ」で将棋連盟かなんかの係員の役で出た時だったと思います。(違うかな?ご存じの方、ご指摘ください)
『いい味出してる』とよく言われていますが、まっこと私も同感です。
現実のカモカのおっちゃんは、この写真のような豪快な笑い方をするゴーカイな人物だったようです。【カモのおっちゃんという男】という一章があります。 
d0065324_22185354.jpg
1998.12.5 夫君 川野純夫氏 2001.1死去せらる。 遺影にはこの笑顔が使われたという。
d0065324_22191284.jpg
自宅の地下室は飲み屋風になっている。

深遠な真理を大上段にのたまう・・・というのでなしに、フツーのオバサンのおしゃべりの中に、人生を楽しく生きて行く上での知恵がいっぱい詰まっている・・・そんな感じです。
アフォリズムというか金言、至言、箴言集と言ってよいかもしれません。
d0065324_22192676.jpg



このブログを始めた頃にUPしています。
春情 蛸の足
どこ吹く風
不倫は家庭の常備薬
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/5153133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Good!な芸能ブログ集 at 2007-04-14 02:43
タイトル : いしだあゆみ
ブラッド・ダイヤモンドを観ては ほとんど眼をつむってた・・・。でもね。人が殺されていないシーンでは 『レオさま、おっちゃんになったなぁ』 とか 『ソロモンの鼻の穴大きいなぁ』 とか 『マディーっていしだあゆみさん... more
Commented by miki3998 at 2007-04-13 22:32
見ましたよ~、最終回。

  私もこの旦那さま、大好きです。いい味出す俳優やなあ~と思っていました。寺尾 聡の『半落ち』に出ていました。 照れた感じの笑顔がいいですね。
 
 芋たこなんきんの中で、お二人がよく酒を交わしながらおしゃべりをしますね。あんな夫婦になりたいと思うのですが…現実は厳しい! 笑

 うちの旦那さま、怒ると英語で喋りまくるんです。それも仕事のプレゼンみたいな口調です。 変でしょ? 
Commented by amamori120 at 2007-04-13 22:43
>miki先生  お早いお成りありがとうございます♪
あぁ ご覧になりましたか。  なかなか良い役者ですね。

ウチは饅頭とお茶で、芋たこなんきん やってますヨ ww

貴・旦那様  英語で怒るなんてスゴイじゃありませんか。miki先生も英語がお出来になるからですね。
ワテもハングルで怒ってやろうと思うんですが、敵がハングル分からないので・・・ ww
Commented by みっちゃん at 2007-04-13 23:03 x
やだわ~♪師匠(・_・)ここでカブルなんて珍し~
えぇ、買いましたわ♪読みましたわ♪
あヾ(・_・ )師匠・・・
  > ウチは饅頭とお茶で、芋たこなんきん
芋たこなんきんはよろしおますけど、饅頭は控え目にね
Commented by masuchi-mama at 2007-04-13 23:06
お今晩は~♪
しっかり読ませて頂きました~♪
&お買い上げ頂きありがとうございました(by文春新書編集部、爆)
本当に素敵なご夫婦でしたよね~♪

ドラマも藤山直美さん&国村隼さんで大盛り上がりでしたね☆

Commented by amamori120 at 2007-04-13 23:21
>みっちゃんも読まはったん?  えー!なんで?
・・・また奇遇かぁ・・・
よおし、明日は絶対カブラないのをUPやっ!

饅頭は控え目にね <ヘイヘイ 分かりやした。
Commented by amamori120 at 2007-04-13 23:22
>ますちーお姉様
たしか貴ブログで知ったと思って大分探したんですがわからずじまい。
違いました?
Commented by nyhanako at 2007-04-13 23:57
こんばんわー。
私も毎日ビデオに撮ってみてました。(NHKは見れるんですよ)
田辺聖子さん大好きで、若い頃は、早くハイミスになりたいと憧れました。
テレビは、カモカのおっちゃんがご病気で亡くなられてしまうところで終わるので、ちょっとつらかったですが、中期の子供達との生活のところでは、泣いて笑わせていただきました。
特に三男の薯蕷饅頭のようなほっぺたが、美味しそうで、美味しそうで・・・
田辺聖子さんのお元気そうなお姿も見れてうれしかったです。
Commented by amamori120 at 2007-04-14 00:07
> nyhanakoさん  お晩です。
Oh、ここにもファンが居られましたね ♪
田辺聖子さん大好きで、若い頃は、早くハイミスになりたいと憧れました<  これは相当なもんです。
書棚を見たら、おせいどんの本、結構並んでました。
薯蕷饅頭  ”薯蕷”がよく変換できましたね。
Commented by pinkcowgirl at 2007-04-14 06:51 x
私も見れるときは見て・・最終回も見ましたよ。
カモカのおっちゃんとおせいさん、お兄さんと家族らみないい人ばかりでしたね。
おでん食べる場面見ちゃ、食べたかった。

Commented by amamori120 at 2007-04-14 07:35
>あや姐さんも、ご覧になってましたか♪
そうそう、みんないい人ばかりでした。
ああいうドラマは心が和みますね。
美味しいおでんもご馳走します。List up !
Commented by amamori120 at 2007-04-14 07:57
>ますちーお姉様
わかりました、わかりました。
シルバー川柳へのコメントだったんですね。
anyhow、おもろい本を教えて頂いて、どうも有り難い♪
Commented by barnes_and_noble at 2007-04-14 18:49
「芋たこなんきん」見てました。若かりし頃、お聖さんの作品にはまった時代がありまして、ドラマも懐かしく楽しませていただきました。紹介されている本、楽しそうですね。是非、読んでみたいです。
Commented by jsby at 2007-04-14 21:11
NHK朝ドラ「芋たこなんきん」、時々見ていました。このドラマで『カモのおっちゃん』を演じられた國村隼(クニムラジュン)さんのファンになってしまいました。昆布のように柔軟に揺れ動きながら、いい味を演じきる役者振りに惹かれました。國村隼さんを意識したのは映画『ローレライ』からで、こんな素晴しい俳優さんがいらっしゃったことさえ知りませんでした。でも調べてみたら、あまりにもたくさんの作品に出演されているので驚きました。
Commented by amamori120 at 2007-04-14 22:30
>barnesヨサ  レスが遅れました。
この本は、ブロ友さんに教えていただいたものです。
奇しくも、別のブロ友さんも、同時期に読まれたみたいです。
tryをお勧めします♪
Commented by amamori120 at 2007-04-14 22:44
>jsbyさんも、ご覧になってたんですね♪
昆布のように柔軟に揺れ動きながら、いい味を演じきる役者振り< さすが、素晴らしい、ユニークな表現ですね。  半落ちでは、あまり注目しなかったのですが、段々親しみが湧いてきました♪
Commented by bricolage at 2007-04-16 17:36
しつこくお邪魔してます。(笑)
今、アタイ、ハマってますのんや。
おせいさんに...ぞっこんでんねん。
「不倫は家庭の常備薬」読みましたよ、 斬新でした。
あの読み終わった後の爽快感と言ったら....才能ですね。
ようやくおせいさんが解る歳になったのだと喜んでいます。
官能的な作品もぴか一ですね。
大阪ことば、間違うてたら、教えて下さい。

つゆの

Commented by amamori120 at 2007-04-16 18:00
>つゆのはん

なんちゅう見事な大阪弁。  完璧でんがなぁ ♪
原則として最近読んだ本がUPの対象でっさかい、昔読んだ十数冊はUPしてまへん。
未読のおせいどん 1,2冊getしておましてナ、また読んだらUPしよう思てます。
つゆのはんも、せいだい、おせいどん読んどくんなはれ♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2007-04-13 22:26 | 読後感・本の紹介 | Trackback(1) | Comments(17)