澤田ふじ子「祇園社神灯事件簿」シリーズ

d0065324_2347341.jpg

祇園社神灯目付役 とは?








祇園社神灯目付役(しんとう・めつけやく)というのは祇園社(現・八坂神社)の神職の一つです。お火役とも呼ばれます。
ルーティンワークとしては、祇園社及びお旅所等関連施設の灯明・灯火の管理ですね。
もっと大事な任務は、祇園社の警固、関連施設の見回り、そして京都所司代、東西町奉行所、禁裏お付き武士たちとも連絡を取り合い、協力し合って洛内の治安維持に当たることです。

異様な服装
d0065324_23491962.jpg
をしており、赤漆で祇園社神灯目付役と書かれた塗り傘を被り、面垂れ(灯明等に息がかからぬよう)を付け、業務を果たすのだが、祇園社内のみならず、関連施設へ行くため市中を歩く時も、このまままなので、夜など、その姿を見た者はギョッと驚いたという。
祇園社への信仰心と、神灯目付役には手練れの者が就くところから、市民からは畏怖されていたようだ。

さて、本シリーズの主人公は、植松頼助(うえまつ・よりすけ)。従三位左中将植松雅久の庶出の息子。色好みの父が町屋の娘に生ませたものだが、正室である継母に疎まれ外へ出される。さらに刺客を向けられたが、機転でうまく逃れられた。
この刺客が村国惣十郎で、今は頼助の後見役となっている。刺客として頼助を殺しに来たのに、何故後見役に?
知りたい方は、本書のどの巻でもいいから一読下さい。
この村国惣十郎、馬庭念流の達人で、頼助は彼から教えを受け、今や師匠をしのぐ腕になっている。頼助の暗殺に失敗した原因となったトラブルで、ほとんど盲目状態だが、目が見えない分、心気の働きは常人より遙かに優れ、日常生活でも武闘においてもなんの不都合もない。
さらに相役で孫市という中年男がいます。不思議な体術が使え、吉岡流小太刀もよくする。母が実松家領の出なので、頼助には主従の礼をとっている。

この二人が、若い頼助を助け、あるいはアドヴァイスをして、様々な事件を解決していくというシリーズです。

澤田さんの他のシリーズ同様、珍しい職業の人間が主人公で、舞台も京都。京洛の地名、名所、市井の人々の暮らし、季節の移ろいなどがちりばめられ、小説を楽しみながら”京”に詳しくなる(筈)という洵に結構な本と言えます。

中公文庫で出ている第3巻まで読了しました。
d0065324_2353756.jpg
d0065324_23533321.jpg
d0065324_23534774.jpg


今は、「土御門陰陽師シリーズ」を読んでいます。
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/5043110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by い~さん at 2007-03-28 21:00 x
こんばん~わ~

首題と離れますが~
表紙の絵は どなたの~作でしょうか?
雰囲気出てます~
Commented by みっちゃん at 2007-03-28 21:46 x
ほんと・・・表紙の絵! どれも雰囲気出てて好き!
不思議な体術・・・・気になりますわん♪
Commented by amamori120 at 2007-03-28 21:51
>いーさん  蓬田やすひろ サンという人です♪
合ってますねぇ。
Commented by amamori120 at 2007-03-28 22:26
>みっちゃん
絵ェもよろしいけど、中身の方がもっと面白おすんやで。
孫市は比叡山で行をしたんどすが、体術はまだ見せて貰えまへん。
天狗飛びきりの術でも使うんどっしゃろな ww
Commented by jsby at 2007-03-29 23:00
澤田ふじ子さんの取材力には圧倒されます。よくぞ、こんなに奥深いものが書けるのかと雲の上の人を見る思いです。
Commented by amamori120 at 2007-03-29 23:17
>jsbyさん  人にはそれぞれ得意な分野がありまして、如何に澤田サンと言えど、jsbyさんが、お書きになるような小説は書けないですヨ♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by amamori120 | 2007-03-27 23:57 | 澤田ふじ子を読む | Trackback | Comments(6)