「銅版画による19世紀末への旅」北村孝一・編

d0065324_1823392.jpg
こんな本、getしました♪
1989.9 東京堂出版・刊  ¥2,800.





d0065324_1826894.jpg
ちょっと変わった”過去への旅”のガイドブック・・・と言えそうです。
写真の全盛期に入る前の時代の図版の美しさをご覧ください。
芸術作品としての銅版画ではありませんが、モノクロの図版だけで事物の真実を伝えようとする職人芸の素晴らしさを堪能しました♪

クリックすると多少大きくなります
d0065324_18331769.jpg
アルジェ(アルジェリア)

d0065324_1834736.jpg


d0065324_18345128.jpg
ケープタウン

d0065324_18354254.jpg
ご存じコロッセオ

d0065324_18363783.jpg
バティカンとサンピエトロ広場

d0065324_18374718.jpg
ヴェネツィア

d0065324_1838528.jpg
ピサ


d0065324_18404137.jpg
マドリードの王宮

d0065324_18414768.jpg
凱旋門(パリ)

d0065324_18423744.jpg
L’Opera(パリ)

d0065324_18434716.jpg
ケルン大寺  代表的ゴシック建築ですね

d0065324_1845145.jpg
マッターホルン

d0065324_18463992.jpg
ウエストミンスター寺院

d0065324_18474718.jpg


d0065324_18493957.jpg
横浜

d0065324_18512453.jpg
フジヤマ


d0065324_1945350.jpg
函館

d0065324_18523088.jpg
紫禁城(北京)

d0065324_18531788.jpg
オタワ(カナダ)

d0065324_18544065.jpg
ハーバード大学

d0065324_18554793.jpg
アンティグァ(グァテマラ)

d0065324_18574895.jpg
コリマ(メキシコ)

d0065324_18591719.jpg
クレムリン

d0065324_1904144.jpg
ブダペスト

d0065324_1914521.jpg
アグラ(インド)

d0065324_192571.jpg
ジャカルタ



如何でしたか?
こんな銅版画が400枚以上載ってます♪
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/4909190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ますちーママ at 2007-03-07 19:54 x
これ全て銅版画ですか。すごいですね~職人芸の最高峰ですね☆
フジヤマと横浜と函館・・・やはり日本がいいなぁ~と思います。
Commented by amamori120 at 2007-03-07 20:44
>ますちーお姉様  お早いお着き有り難うございます。
当時の横浜、人口6万人だったそうです。
やはり木の家がいいですね♪
Commented by usayamama at 2007-03-07 21:19
こんばんは。ゴシック建築と銅板て合いますね〜♪
すごく手がかかるから、これだけの絵を作る事を考えただけで
気が遠くなってしまいます。
銅板てすごく誠実なカンジがするんですよね〜。
表紙の左下の辺りが妙に気になります(笑)
Commented by い~さん at 2007-03-07 21:30 x
すばらし~いのひとこと~
なにかすごく懐かしい感じですねぇ~~
アングルもけっこう洒落てますよ~
Commented by amamori120 at 2007-03-07 22:02
>usayamamaさん  
当時の第一級の職人の技・・・ですね♪
実はこれ某図書館のリサイクル本なんですが、名称を隠すため、雨漏り夫妻登場です ww
Commented by amamori120 at 2007-03-07 22:04
>いーさん
毎日見ていても飽きません。行ったことのあるところも結構あるんですが、写真より楽しいです ♪
Commented by みっちゃん at 2007-03-07 22:16 x
写真と違って、すっごく想像力をかきたてられるぅ~
色がないから、行った時の感動ってひと際だろうなぁ
いまは写真も映像もでチョット感動も半減かも・・・
Commented by amamori120 at 2007-03-07 22:22
>みっちゃん
どうでっか?  たまにはエエ本もUPしまっしゃろ?
行ったところ、未訪の地・・・これを眺めながら楽しんでまんねん♪
Commented by pinkcowgirl at 2007-03-07 22:49 x
すごい本をゲットですね。
写真より、銅版画は重厚さがあふれていますね。
明暗の出し方がすごいですね。
素敵な本のUPアリガトウ
Commented by bh2005k at 2007-03-07 22:57
なんと素敵な本を getされたんでしょう。
私だったら まず見つけることのない本です。
一枚一枚 大きくして楽しんじゃいました。師匠さま ありがと~♪
Commented by amamori120 at 2007-03-07 22:58
>あや姐さん  ご覧頂いてありがとうございます♪
USAでは、こんな本いっぱい出版されてるのでは?
銅版画はなんたって欧米が本場でしょうから。
Commented at 2007-03-07 23:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amamori120 at 2007-03-07 23:03
>チェイルさん  ありがとうございます♪
このところ毎晩ベッドの中で眺めています。  重いので腕が結構疲れます ww
Commented by amamori120 at 2007-03-07 23:07
>鍵コメさんat 2007-03-07 23:01
やっぱりね www  あんなにお若いのにぃ と思ったんですが・・・
Commented by peco at 2007-03-08 07:55 x
一色刷りなので(銅版画はほとんどそうでしょうが)、かえって深みを感じます。
モノクロの写真のなんともいえない魅力と通じるものがあるのでしょうか。
素敵ですね♪
Commented by moimoi at 2007-03-08 16:19 x
amamoriさま、良い本をゲットされましたね!横浜の街並みや船影がいい感じですね~♪
奥様とのイラストが貼られている?のは仲が良いのをさらにアピールしているものだとばかり思ってました(笑) このような本が置いてあるなんていい図書館ですね、私もたまにリサイクルコーナー覗きますが、お持ち帰りしたくなるものが出ていないのが残念です^^;
Commented by amamori120 at 2007-03-08 19:00
>pecoさま  レスが遅れました。
カラーの銅版画もあるのかもしれませんが、寡聞にして存じません。
私が描いた訳ではありませんが、お褒め頂きありがとうございます♪
Commented by amamori120 at 2007-03-08 19:04
>moimoiさん 
良い本でしょ? 今日も、ハイネの詩集その他をgetしました♪
神戸市を中心にした各市の洋菓子屋さんを紹介した本も。
Commented by jsby at 2007-03-08 22:36
素晴しい作品の数々を拝見し、素晴しいと思いました。絵で描くのとはまた違った立体感・時代感・レトロ風のタッチが楽しめそうですね。本当に雨漏り書斎は宝の山。師匠が整理できない気持ちもよーーーくわかります。
Commented by amamori120 at 2007-03-08 22:41
>jsbyさん  この本は、何があっても傍に置いておきたい本ですね。
ひょっとしたら、家より本の方が大事かも (^^;)
Commented by nagayades at 2007-03-09 11:53
お久しぶりです。
銅版画大好きです。繊細なタッチと空想と夢をかきたてる雰囲気が。
高校時代は昔の銅版画(挿絵)をみながら鉛筆でまねして
かいてみたりしました。
(思わず表紙に雨漏りご夫妻掲載か!と驚嘆)
Commented by amamori120 at 2007-03-09 22:21
>長屋女王さま  レスが遅れました。
しばらくでした。  銅版画、なにかいいですよね♪
(お騒がせしました <(_ _)>  )
Commented by bricolage at 2007-03-15 21:53
amamoriさん、お邪魔します。ご無沙汰しておりました。
これ、面白い本ですね〜。まさにちょっと変わった”過去への旅”のガイドブックです。ルクソルの神殿入り(口エジプト)あたりはレイアウトが創作的でいい味でてますね。その他も写実ではありますが、銅版画の暖かさが出ていて良いですね。そこに行ってみたくなります。

つゆの
Commented by amamori120 at 2007-03-15 22:30
>つゆのさん  こんばんHA。
何度見ても飽きませんね。 書棚に放り込まず、居間に置いて、ちょくちょく眺めています。
当時の第一級の職人の仕事でしょうが見事なものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2007-03-07 19:07 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(24)