時実新子 「有夫恋」 2 逃亡のアクセル

d0065324_23322917.jpg

「有夫恋(ゆうふれん)」  おっとあるおんなのこい 
 1987・12 朝日新聞社・刊  ¥1,030


<逃亡のアクセル>



d0065324_23293912.jpg

時実新子 (ときざね・しんこ)  本名 大野恵美子
          1929年 岡山市生まれ
          1945年 岡山県立西大寺高女卒
          1946年 姫路市へ嫁ぐ(17才)
          1947年 長女誕生(18才)
          1951年 長男誕生(22才)
          1985年 夫死亡
          1987年 曽我碌郎と結婚(58才)

<逃亡のアクセル 1961~65 >

☆狂犬の如く水呑む日がありぬ

☆蛇の皮たけのこの皮わたしの死

☆恋い成れり四時には四時の汽車が出る

☆五月闇生みたい人の子を生まず

☆放心は隠しおおせし夕の膳

☆欲望はダリの絵となる部屋を閉ず

☆うつむいて歩くと神の毛臑見え

☆百合みだら五つひらいてみなみだら

☆ねじ伏せる荒き手を待つ夜もありぬ

☆灯の下に夫の手をおそれ

☆裁ち鋏シャリシャリと人を忘れたく

☆三十をいくつ過ぎたと父が訊く

☆口中に果実の匂い恋は果つ

☆男の肩をゆする哀しや愚かしや

☆妊りを拒む真深い闇の底

☆風呂に水張って女に野望あり

☆てのひらで豆腐を切って思慕を断つ

☆背信の夜明けの闇のその重さ

☆包丁で指切るほどに逢いたいか

☆はずむ日の猫ぎゅっと抱きぎゅっと抱き

☆靴の紐 男の帰心見ていたり

☆くずされし髪を束(つか)ねて母となる

☆この夫を愛そうとした昔 今

☆あばかれる墓わが句帳夫の手に

☆指が告白をしそうで握りしめ

☆夫が眠れば醒める鳥あり胸の奥

☆寒いから寒いと言ったっきり 夫婦

☆泡消える 泡のようなる愛欲す

☆逃亡のアクセル踏まれ燃える曇天




如何でしたか?
アナタの心に届いた句を教えてください。

有夫恋 1 背信の汽車

川柳返し   ありがとうございます。

・愛の四季 盛夏の頃で 赤信号
・姓変わる 日を夢見て 爪を噛む   by jsbyさん
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/4609372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ますちーママ at 2007-01-23 15:35 x
おこんにちは~第二弾ですね!
☆てのひらで豆腐を切って思慕を断つ
☆寒いから寒いと言ったっきり夫婦
なんだか生活感あるのに思慕を抱く好きな人も居たってことなんでしょうかね~?豆腐が妙にリアルです。笑える感じ・・しますね。
ご主人の事あんまり愛してなかったのでしょうね。それも悲しい。。
Commented by ninuckey2 at 2007-01-23 21:40
どの句も迫力満点ですが・・・
☆放心は隠しおおせし夕の膳
☆指が告白をしそうで握りしめ
特にこの二句に、鬼気迫るものを感じました。

時実新子さん、17才で嫁がれたんですね。当時はそれが普通だった
んでしょうけど、今とはえらい違いですね。
Commented by jsby at 2007-01-23 21:53
危うい愛に対する女性のちろちろとした情念が感じられ、ぞくそくっと来る句ばかりですね。どれにしようか迷うほどですが、下記を選んでみました。

・裁ち鋏シャリシャリと人を忘れたく
・包丁で指切るほどに逢いたいか
・はずむ日の猫ぎゅっと抱きぎゅっと抱き

そこで一句
・愛の四季 盛夏の頃で 赤信号
・姓変わる 日を夢見て 爪を噛む

お粗末様でした。

風邪が完全になおってないせいか、夜になると鼻水と咳で悩まされています。
Commented by 維真尽 at 2007-01-23 22:13 x
ちょっと、インパクトが落ち着いてきましたけど
それにしても、生なましいですねぇ!

くずされし髪を束(つか)ねて母となる

この夫を愛そうとした昔 今

あばかれる墓わが句帳夫の手に

夫の端くれとしては、複雑 ですねぇ
そこまでしても、別れられないなんて
Commented by nagayades at 2007-01-23 22:22
夫ある女のヘビーな句ですね。

☆包丁で指切るほどに逢いたいか

心ここにあらずなんでしょうね。

☆あばかれる墓わが句帳夫の手に
 
変な物をあとにのこせないですね。
Commented by amamori120 at 2007-01-23 22:25
>ますちーお姉様 レスが遅れました。
新子サンの実際の私生活が分かるかなと思って、今日彼女のエッセイ集を3冊借りました。 いずれご報告いたします♪
Commented by amamori120 at 2007-01-23 22:42
>にぬさん 私の亡母より彼女は大分年下ですが、17歳というのは、当時でもやはり少し早かった・・・そんな気がします。
仰有るとおり、鬼気迫るものを感じる句が多いですね。
女の情念・・・  おお、怖っ
Commented by amamori120 at 2007-01-23 22:50
>jsbyさん  たしかに彼女は危うい恋を何度かしたみたいですね。
彼女のエッセイ集を3冊も借りてきたので、何かわかるかもしれません。

お作、本文に転記させていただきますね♪

麗人のjsbyさんには鼻水は似合いません。早く治してください ネ
Commented by amamori120 at 2007-01-23 22:57
>維真尽さん  仰有るとおり、実に生々しい句ばかりですね。

この年代の人には、”貞女は二夫に・・・・”という道徳律が生きていたのでしょうか?  それでも、夫以外に恋を求める女・・・思わず、家人Tの
あんこ顔を思い浮かべましたヨ ww
Commented by amamori120 at 2007-01-23 23:05
>長屋女王さま  新子サン かなり奔放に生きた女性なんでしょうが、
やはり隠すより顕わるる、と言いますから、毎日傍に居るものには判かってしまうんでしょうね。
”秘めたる恋”っていうのは言葉だけみたい・・・
Commented by tmsay-612 at 2007-01-24 01:00
お久しぶりにお邪魔しましたら、衝撃的な句がツラツラ・・・う・・・んとしばらく腕組みしてます・・・
あまり幸せな夫婦生活ではなかったのですね・・・なんとも生々しいかんじです。
「 暴かれる墓わが句帳夫の手に 」その後どうなったのでしょうか・・・
☆tmsay☆
Commented by pinkcowgirl at 2007-01-24 01:50 x
「寒いから寒いよと言ったきり・・・・」
話すことのなくなった・・・
老年夫婦の会話ですよね。
われ等もこんな空気みたいな会話になりました。

Commented by amamori120 at 2007-01-24 08:45
>tmsayさん おはようございます。
それぞれのレスにも記していますが、私には彼女のことは、あまりよくわかっていないんです。  ただ、DVがあったことは窺われます。
あまり、と言うより殆ど幸せな結婚生活ではなかったと思いますよ。
ただ、それに甘んじはしなかった・・・それがこれらの句たちなんでしょう。
Commented by amamori120 at 2007-01-24 08:49
>あや姐さんご夫妻には、行い澄ました高僧のような雰囲気のある空気が存するのでしょうか?  ウチは39歳と28歳なので(嘘、まだまだ未熟者同士、ガチャガチャやってます ^^;
Commented by bricolage at 2007-01-24 17:28
amamoriさん今晩は。
時実新子さんの雑誌掲載のエッセイを、この前たまたま読む機会がありました。あ〜素敵な人だな〜と気に留めていたのです。
こちらにお邪魔したら、何と.....女性の情念うごめく世界。
今、口を半開きにして見入ってしまいました。
☆泡消える 泡のようなる愛欲す
が、一番印象的でした。
私が言うのもおこがましいのですが、知的好奇心たっぷりな雨漏り師匠のこと、ご存分に探求なさって、どうか私にもご教示下さいませ。
本当に女は恐いですね。
大丈夫です。私はスイーツの如く優しいですよ(笑)

つゆの
Commented by amamori120 at 2007-01-24 22:31
>つゆのさん レスが遅れました。
彼女のエッセイを3冊借りてきました。 熟読してUP予定ですので、また
ご叱正ください。

つゆのさんは、お名前からして”優しい”女性だと確信していますヨ ♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2007-01-23 09:39 | 時実新子「有夫恋」 | Trackback | Comments(16)