内舘牧子「妻の恋」

内舘牧子「妻の恋」_d0065324_2001058.jpg「妻の恋」  1997.4 NHKライブラリー ¥870

昨日の、時実新子「有夫恋」と併せてご覧いただけると有り難いです♪





内舘牧子「妻の恋」_d0065324_200543.jpg

35才の涼子は、恋愛結婚した、デパート勤務の夫と、小学生の長女、長男の四人暮らし。
経済的には生活に何の不足もないのだが、家事、雑事、育児の3ジだけで時間が過ぎてしまい、むなしいものを感じている。
このまま、心がときめくこともなく、おばあさんになって、自分の人生が終わってしまうのかと思うと涼子は、やりきれず、もっとワクワク、ドキドキした毎日を送りたいと思ってしまうのだ。
そんな時、それこそヒョンなことでパイロットの村瀬(47才)と出会ってしまう。
彼は、フランス人のスチュワーデスと離婚したバツイチだが、洗練された振る舞いや心遣いは、たちまち涼子を魅了してしまう。
涼子も対抗上、30才の独身で人形作家だと嘘を吐かざるを得ないハメに。なに内職で、割り箸の袋に付ける姉様人形を折ってるだけなんだが。

お茶や食事を繰り返すうち、二人はモロにフォーレンラブ状態に。
それが毎日接している家族に感づかれない訳はなく、涼子は何度も別れを決意したり翻意したりする。
オニャンコ・クラブの歌じゃないが ♪キスから先に、すーすめない ♪意外と純情な二人だが、色々あって、函館へ1泊旅行に出かけることに・・・・・

涼子の友人万知子も似たような平凡な毎日を送っているが、彼女は作詞家として世に出ようと頑張っているけれど、プロへの道は遠く険しい。幸せそうな涼子をみる度、この恋に水を掛けようとする。
時実新子「有夫恋」
 ☆しあわせを話すと友の瞳(め)が光る  を参照ください。

魚が空を飛ぶような、胸躍る日々が訪れた訳だが、さてこの有夫恋はいかなる結末を迎えるのだろうか?
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/4572371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ninuckey2 at 2007-01-16 20:24
高校時代からの友人が、「恋したい!」を連発していた時期が
あったのを思い出しました。(もちろん、夫も子供もいますよぉ)
まさに涼子サンの心境に似ていたと思います。
それはともかく「魚が空を飛ぶ」ような日々、ちょっぴり興味あります(笑)

別件ですが、昨夜南瓜を炊いた際、Tさまの真似をしてインゲン豆を
入れてみました。いいコンビですね、美味しゅうございました。
今日の記事に友情出演していただきました。ありがとうございました。
事後報告で、申し訳ありません。<m(__)m>
Commented by amamori120 at 2007-01-16 20:41
>にぬさん  ヤッパリッ!  いくら小説とはいえ”あり得ない”ことを書いても共感は呼べませんネ。
妻に限らず、夫にも同様なことが言えるかも。

友情出演、すぐ伺います♪
Commented by jsby at 2007-01-16 21:02
ある意味で、内舘牧子さんの生き方の片鱗を感じるようなお話ですね。たまに行く旅行先の風景にときめき、日常の風景は退屈に思える。しかし、本物の青い鳥は自分の身近にいるのかもしれません。男はそれに早く気付き、女は気付いても後戻りはしない。女の恋情の方が罪作りなのかもしれません。
Commented by amamori120 at 2007-01-16 21:56
>jsbyさん  お伺いしますが、まるっきり想像だけでは、リアルな小説は書けないものですか?

そうそう、女房の良さを確認するために浮気をする男もいる・・・そうです。
女性には、子宮という器官のあることが、大きく影響することもあるんでしょうね。
Commented by jsby at 2007-01-16 22:08
私、一個人としては想像だけでリアルの小説は書けるような気がします。最近、子宮の記憶なる小説もドラマ化されるようですし、概念の精神世界は抽象的・普遍的な広がりを持っているような気がします。
Commented by amamori120 at 2007-01-16 22:14
>jsbyさん  やはり優れた書き手は、必ずしも経験を必要としないんですね。  それにしても 「創」作というのは大変な作業ですねぇ

へなちょこブログをやっててよかった・・・と思います^^;
Commented by pinkcowgirl at 2007-01-16 22:41 x
いよいよ、雪になりました。道路はアイス。
木曜まで(まだ火曜日の朝です)寒いよ~~~

この結末知りたーいーーす。
やっぱり、涼子はオットへ戻りますね?


Commented by amamori120 at 2007-01-16 23:18
>あや姐さん  アイスバーン お気を付けください。 都内は、今日も
10℃くらいでした。

パイロットの村瀬、何百人もの命を預かっているので「引き返す勇気を持て」といつも自戒しています。

涼子は、次の恋を探し求める筈・・・です♪
Commented by みっちゃん at 2007-01-16 23:18 x
・・・・・。(・_・)
アタシも・・・ヒョンなことから、パイロットや、アラブの大富豪と知り合いたい(・_・)
あ~なって、こ~なって・・・
魚も宇宙に行く時代なのだ!カエルも行くし(・_・)
アリはライオン食えんが・・・。 ???
Commented by amamori120 at 2007-01-16 23:27
>みっちゃん  心の底から念じなはれ。 ヒョンなことは必ずアンタハンを訪れまっしゃろ ♪
この本が出た1997年には、まだ魚は空を飛ばれへんかったんやなぁ
Commented by barnes_and_noble at 2007-01-16 23:46
内館牧子さんは郷土の作家。毎年、こちらの文士劇にも出ています。いつもはらはらしつつ、どこか安心して読める作家です。
Commented by 維真尽 at 2007-01-17 09:47 x
拝読してないんで(笑)すが、
こちらの場合はさら~と楽しめる感じ。
よくあるパタ~ンとして。

ただ、きのうのものは、
あまりにも生々しくて、
あのコメントになっちゃいましたが(苦笑)
思えば、旦那さんの方にもいい人がいたんじゃないかな。
そうじゃないと救えないなあ。

また詩にすることによって、
よけいに自分の気持ちが高ぶるってことがあるじゃないですか。
そういう部分もあるかなと思ったり。
でした。(拝)
Commented by amamori120 at 2007-01-17 11:14
>barnesヨサ  秋田生まれの横浜育ちだそうですね。
男女の機微に通じた興味深い作家だと思っています。
Commented by amamori120 at 2007-01-17 11:19
>維真尽さん  そうなんです。当人達は深刻そうですが、客観的には
どこかオカシイ、明るい小説です。

新子さんですが、ご亭主に、いい人が居たかどうかは、彼女の作品からは窺い知ることができません。 私の読み方が浅いのかもしれませんが・・・。

経験豊かな維真尽さんのコメントの方が興味深い・・・です♪
Commented by ハッチ at 2007-01-17 20:49 x
>経験豊かな維真尽さんのコメントの方が興味深い・・・です♪
経験豊かな維真尽さん&経験豊かな雨漏り先生のコメント、
興味深くて・・・思わず笑いが・・・昼間の疲れが吹っ飛びます!
Commented by amamori120 at 2007-01-17 22:04
>ハッチさん  お晩です。
経験豊かだなんてトンデモナイコトデゴザイマス。
まだまだ修行中(何を?)の雨漏りでございますヨ ww
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2007-01-16 20:07 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(16)