時実新子 「有夫恋」 1 背信の汽車

d0065324_23322917.jpg

「有夫恋(ゆうふれん)」  おっとあるおんなのこい 
 1987・12 朝日新聞社・刊  ¥1,030

(次回は、内舘牧子「妻の恋」UPします)

<背信の汽車>



d0065324_23293912.jpg

時実新子 (ときざね・しんこ)  本名 大野恵美子
          1929年 岡山市生まれ
          1945年 岡山県立西大寺高女卒
          1946年 姫路市へ嫁ぐ(17才)
          1947年 長女誕生(18才)
          1951年 長男誕生(22才)
          1985年 夫死亡
          1987年 曽我碌郎と結婚(58才)

彼女の作品は、まるで一行詩みたいですが、あくまで川柳なんですね。
柳界の与謝野晶子と言われ異端視されたこともあったそうですが、研鑽を積んで色んな賞に輝き、多くの雑誌で選者として活躍されているそうです。


<背信の汽車  1955~60) >

☆しあわせを話すと友の瞳(め)が光る

☆晶子曼陀羅子らの寝顔に責められる

☆爪を切る時にも思う人のあり

☆心奪われ阿呆のような日が流れ

☆箸重ねて洗う縁(えにし)をふと思う

☆人は言う簡単に言う邪恋の名

☆慕われているしあわせの髪を梳き

☆柚子しぼる女の生命(いのち)ふと感じ

☆年の差を思う夜道は石ばかり

☆子を寝かせやっと私の私なり

☆孤独ではないけど 海へ石を投げ

☆誰も見ぬ部屋に心をさらけだし

☆熱の舌しびれるように人を恋う

☆われに棲む女をうとむ夜が来る

☆力の限り男をほふる鐘を打つ

☆母で妻で女で人間のわたくし

☆ぬけがらの私が妻という演技

☆狂う眼はこうか鏡に訊いてみる

☆主婦という名の腕時計何度見る

☆触れ合えば即ち罪となる指の

☆十七の花嫁なりし有夫恋

☆この家の子を生み柱光らせて

☆たかぶりを人には告げず物を煮る

☆憎いその腕(かいな)の中で敗けてゆく

☆自らを削るほかなき思慕である

☆去ってゆく足に乱れのない憎さ

☆耳の形が思い出せない好きなひと

☆足裏に火を踏む恋のまっしぐら

☆茶碗伏せたように黙っている夫

☆凶暴な愛がほしいの煙突よ



如何でしたか?
アナタの心に届いた句を教えてください。

尚、本シリーズ6回ばかり続きます。
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/4568117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 絵美香 at 2007-01-16 00:16 x
先生こんばんは。
句の裏側に深いストーリーがあるような・・・女性ならではの川柳ですね。
☆ぬけがらの私が妻という演技
↑ 悲しい~、この一行で乾いた夫婦関係がわかっちゃいますよね。

どの句も背景が想像できて、ドラマチック! 深いわ~(尊敬)
私もたまにはお笑い抜きで・・・ と一瞬思いましたが、う~ん、ウケ狙いじゃないとヒラメかない私って一体・・・。  
こっちの方面も先生のブログで勉強します!  
Commented by amamori120 at 2007-01-16 00:28
> 絵美香う~ん、この場合、編集長 w
お早いお着きありがとうございます。
流石ですね、略年譜を掲出した意味をご理解いただいています♪
Commented by pinkcowgirl at 2007-01-16 01:27 x
<年の差を夜道・・・
これは年下の男への恋の話で、ちょと違うけど・・
十歳年下の旦那を持っている友や、旦那の妹(二人とも60台)の
旦那に尽くしかたすごいよ。
人目もはばからず、いちゃいちゃや~~~~~
わたしやきもち焼いているのじゃないけど、
目も当てられない・・・
わたしも頑張らなくちゃ????

Commented by amamori120 at 2007-01-16 07:14
>あや姐さん
Oh なんという頼もしさ!
恋への憧れ、知的好奇心・・・これらが姐さんの細胞を活発に保っているんだと、嬉しく思います♪
Commented by jsby at 2007-01-16 08:15
女性らしく艶っぽい川柳の数々、堪能させていただきました。一番↑の絵美香さんのコメントではないれど、句の裏側に物悲しい恋情が感じられました。そこで下記を選んでみました。

☆箸重ねて洗う縁(えにし)をふと思う
☆誰も見ぬ部屋に心をさらけだし
Commented by ke-kosan at 2007-01-16 09:58
へぇ~。岡山のご出身ですか。知りませんでした。
この方も今回初めて知りました。
どれも、女性ならではの句ですね。
同じ女のはずですが、共感するというより、なんだか圧倒されました。^^;

今の私の心に響いたのは

>子を寝かせやっと私の私なり

旦那が寝てくれていれば、もっと私の私なり、なんですが ^^;

「母」で精一杯の私。「妻」や「女」の部分、忘れてマス・・・・。(だめじゃん)
Commented by amamori120 at 2007-01-16 10:56
>jsbyさん 
今回は割と定型句になってますが、次回は、そうでないのを選んでいます。

箸を重ねる  なんて表現もできるんですね。
Commented by amamori120 at 2007-01-16 11:11
>けーこさん  郷土の先輩ですね。
お母さんよりも年上でしょうか。  17歳でいきなり結婚、18で出産ですから、ロクに恋愛経験もないまま妻・母になったんでしょうね。

頑張って「女」を取り戻してください♪
Commented by ますちーママ at 2007-01-16 12:31 x
驚きました~岡山出身の方でしたか!名前は知っていましたが。
斬新な川柳・・それも危険な香りのする・・熱くてどろどろしていますね。
心に響いたのは・・
☆触れ合えば即ち罪となる指の
これはすごいですね・・女性は幾つになっても女なのですね。うふふ。
実家の父と同い年なのには驚きました。すごく現実的。
Commented by amamori120 at 2007-01-16 15:49
>ますちーお姉様
先輩なんですね♪  私も、名前は時々見かけていましたが、彼女の句集を”読む”のは初めてです。
仰有る通り、とても危険な感じですが、実生活は、どうだったのでしょうね?  調べてみたいと思っています。
まだまだ続きます。
Commented by 維真尽 at 2007-01-16 16:48 x
旦那さんはどう生きてこられたんでしょう?
通常であれば離婚ですが、
いくら子供がいても。
そんなことが、気持ちとして許せるのか。
それでも失いたくなかったということですか。
記録を残す(川柳で)こと自体も、
すこし冷静な分析ができる心境だったという事でしょう。
Commented by amamori120 at 2007-01-16 18:59
>維真尽さん  時実女史の個人的なことは、よくは知らないんですが、この句集を読むと、色々葛藤があったような気がします。
少し調べてみます。
Commented by revenouveau at 2007-01-16 19:06
現実にそうあれないがゆえの、一対一の束縛と接触への狂おしいまで
の願望が詠みこまれた川柳たち。
この時実新子さんのシリーズをさらにつづけられるとのことですので、
多くは語りませんが、川柳が俳句とちがい、現実を写生したものでは
ないとしても、「有夫恋」にまとめられたかのじょの作品はほんとう
に衝撃的です。

わたしも、時実新子さんや林あまりさんの感性に刺激をうけた作品を、
ときおり「句・織・亭」にてお披露目していますが、はたして…

  熱の舌しびれるように人を恋う

かのじょの川柳が芸術と呼ばれるゆえんだと思います。
                            さえら
Commented by amamori120 at 2007-01-16 19:19
>さ・え・らサン  ありがとうございます。
一般に、川柳というと諧謔がメインだと、なんとなく思ってましたが、新子さんのは、所謂川柳の概念を打ち破る衝撃的なものでした。

使われる語彙といい、内容といい、一種壮絶なものを感じています。
Commented by ハッチ at 2007-01-16 21:39 x
>尚、本シリーズ6回ばかり続きます。
雨漏り先生 スゴ~イ。楽しみにしてま~す♪

ワタクシの心に届いた三句です。
☆慕われているしあわせの髪を梳き
☆柚子しぼる女の生命(いのち)ふと感じ
☆たかぶりを人には告げず物を煮る

深い内面の慕情を、川柳で表現できるなんて
すばらしいと思います。
慕情・・・ないわけではなかったけれど、
表現しないで、人生終わりそう・・・
Commented by amamori120 at 2007-01-16 22:03
>ハッチさん 
夫のある女性のことを念頭に強く置いて、アナタが選ばれた句を、よ~く読むと、女の秘められた情念・・・目に浮かんで来ますね。

殆どの人が、「慕情・・・ないわけではなかったけれど、
表現しないで、人生終わりそう・・・  なんでしょうね。」
Commented by みっちゃん at 2007-01-16 23:07 x
いやぁ~ドキドキした(-_-。)
ひとつひとつの題材で長編小説ができそう・・・・。
・・・・。ひとつひとつを短編にしてまとめてもよさそう・・
でも、一番ドキドキしたのは、みなさんのコメントと、
チョイスで、さらに、ドキドキ♪ ふぅ~♪

Commented by amamori120 at 2007-01-16 23:14
>みっちゃん  ネッ 凄いでしょ? 幼妻だったからこそ、新子さんは、こんな川柳が詠めたんですね。
女は恐ろしい・・・・・・
Commented by kazue1957 at 2007-01-18 23:37
こんばんは。
「有夫恋」を読んだとき、その激しさ、
羨ましいと思いました。数年前に読みました~。
Commented by amamori120 at 2007-01-19 17:30
>kazueさん レスが遅れました。
「有夫恋」を読まれましたか。 さすがですね♪
各章をご紹介して行くつもりです。
彼女の現実の私生活が気になります。下司ですよねぇ (=_=)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2007-01-15 23:31 | 時実新子「有夫恋」 | Trackback | Comments(20)