築地 魚河岸

d0065324_17534148.jpg

築地魚河岸

とんぼの本  
1985.11 新潮社・刊 ¥1,300










d0065324_1757627.jpg
カメラは有名な田沼武能サン。
日本(人)ファンのC.W.ニコルさんが「築地-日本人のこころ」という長いエッセイ、その他、池田満寿夫サンが絵を、奥さんでヴァイオリニストの佐藤陽子サン、作家の群よう子サン、尾辻克彦サン、ヒゲのオペラ歌手・岡村喬生サンたちが、それぞれ築地にまつわるエッセイを載せています。

特に印象的だったのは、岡村喬生サンの体験談。
二度目の築地行に、それらしい格好--つばの長いハンティング・ハットをかぶり、サングラスをかけ、ゴム長靴をはき、小さな竹篭--という買い出し人スタイルで出かけた。そして場外の或る寿司屋に入って「大トロ、うに、あなご、蟹のうち子、しゃこ、あわびのわたの三杯酢、はまちのかまの塩焼き等」を食べるのだが、「おたくは、夜は何時までやってんの?」と、つい訊いてしまい、折角のそれらしい格好をして来たのに、「素人さん」であることがバレてしまった。
河岸じゃ、夜はやってないことに気がつかなかったのである。
「何と、そこの勘定は、都内で僕が食べたことのある寿司屋ならこの位だろうとおもう額の倍近かった」

d0065324_18152792.jpg
所謂、場内という部分で、何と1400軒の仲卸しがあるそうです。街の魚屋サンや寿司屋サン料理屋サン等が仕入れに来る所ですね。
大卸しとしては、大都魚類㈱、中央魚類㈱、東都水産㈱、第一水産㈱などがあるようです。

anyhow、大卸しにしろ、仲卸しにしろ、我々消費者には直接関係ないですね。

最近、雑誌等で採り上げられて、奥様方に人気・・・だそうですが、皆さんがいらっしゃるのは場外です。
ブロ友 moimoiさんも、築地を探検されたようで、素晴らしい記事をUPされています♪

d0065324_1825811.jpg
d0065324_18252342.jpg
この案内図を見て気づいたのは、お寺がいくつもあること。築地本願寺がすぐ傍にあるので、その末寺なんでしょうか?

d0065324_18281291.jpg
d0065324_18282514.jpg
d0065324_18284298.jpg
d0065324_18285811.jpg
d0065324_18291213.jpg
筆者の方々も異口同音に仰有ってますが、一度、築地へ行ってみませんか?
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/4396075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from indeks.jp at 2006-12-19 08:17
タイトル : OTAKU(オタク,おたく)ストア Amazon(アマゾ..
Amazon.co.jpに「OTAKUストア」がオープンした。キャラ別・監督別で商品を探せたりする。  Amazon.co.jpは12月18日、アニメや漫画関連商品を集めた「OTAKUストア」をオープンした。 書籍やDVD・CD、ゲームからフィギュアまで、オタクな関連グッズ約3万点以上をそろえた。キャラクター別や監督別などで商品を探せるようにもした。... more
Commented by miki3998 at 2006-12-17 20:22
雨漏り先生、私も築地は時々参ります。年末はいつも混むので、26日ごろの9時ごろがお薦めです。その時間なら場内も入れますから。11時までに買い物をしてなじみのお店に頼めば、その日便という宅配で、夕方7時に届くんですよ。家に帰ってお刺身が食べられます。ご一緒いたしますか?
Commented by amamori120 at 2006-12-17 20:28
>miki先生 お晩です。毎度お早いお着きありがとうございます♪

えっ鎌倉から築地へいらっしゃるんですか? 年末用品をお求めに?
私のオフが合えば是非オフ会、実施してみたいですね♪
Commented by blackberry_tea at 2006-12-17 21:24
築地一度いってみたいんですけどね、なかなかいけないです~~;
活気ある場所なんでしょうね。おいしいご飯屋も多いとか。
しっかり「行こう」と心決めないといつまでも行けませんね~
Commented by みっちゃん at 2006-12-17 21:48 x
(^0^)行ってた♪ 行ってた♪ 
坐骨になる前に・・・・。(-_-、) そうか・・・アイスボックスなんて持って行かんでも、その日便があるのね・・・。
移転計画もあるようですが、いまのままでいて欲しいわ~
Commented by amamori120 at 2006-12-17 22:02
>blackberry_teaさん  その気になれば近いもんですよ。
場外の地図で灰紫が飲食店です。 安くて美味しい店が多いようです。
銀座まで出たときにチョット足を伸ばせばよいのです♪
Commented by amamori120 at 2006-12-17 22:04
>みっちゃん  もう何がなんでも坐骨でんなぁ
ご療養専一にねがいます。
西船デートのあとは銀座でっさかいな ♪ そしたら築地もすぐどす。
Commented by usayamama at 2006-12-17 23:13
田沼武能さん、大好きなんです〜♪
それだけでも興味津々です。
築地は時々行きますが、年末は行った事がありません。
賑わっているんでしょうね。
Commented by moimoi at 2006-12-17 23:30 x
amamoriさま、稚拙なブログながら紹介していただきほんと嬉しく思っております(^▽^) 岡村喬生さんのお話、おもしろ・・やっぱり格好から入っていきたかったんでしょうね~!
こんな本を目にしちゃったら、年末に近づいてますます活気付く築地市場にやっぱり足を踏み入れてみたくなります(笑)そうそうお寺やお墓があるなぁ~って思いましたっけ・・
Commented by 北海道のアンジェラ at 2006-12-18 14:01 x
築地はさすがに広いですね!
市場は函館の市場を見ましたが、全然比べものにならないです。
Commented by amamori120 at 2006-12-18 17:17
>usayamamaさん レスが遅れました。
私も田沼武能さんの写真のファンなんですぅ ♪
アメ横以上に年末は混雑しそうですね。
Commented by amamori120 at 2006-12-18 17:22
>moimoiさん レスが遅れました。
いつも勝手に出演していただき、すんまへん <(_ _)>

岡村サン、なまじ格好をつけないで、素人ですっ という顔で行った方がいいのでしょうね ww

また楽しい築地レポートを期待しています♪
Commented by amamori120 at 2006-12-18 17:32
>北海道のアンジェラさん
お晩です。
さすがに首都の台所をまかなう市場だけありますね。
岡村さんも、道に迷ったらしいです ww
Commented by jsby at 2006-12-18 17:48
東京に住んでいた頃に築地には何回か行ったことがあります。一度だけ朝早起きして、一仕事終えた魚河岸の人々が利用する小さなお寿司屋にも入ったことがあります。そこで食べた渡り蟹のお吸い物や街中のお寿司屋さんでは味わえないような各種新鮮なネタの数々が忘れられません。

大好きなマグロの漁獲量も減ってきて、庶民の口には入りにくい食材になっていきそうですね。世界中の人々が少しずつ譲り合って、限りある資源を大切にしなければ・・・。
Commented by amamori120 at 2006-12-18 18:24
>jsbyさん お晩です。
ほほう築地のリピーターですね♪ 
街中のお寿司屋さんでは味わえないような各種新鮮なネタの数々< 早起きして築地に行った甲斐がありましたね。  

マグロは江戸時代は、赤身魚なので下魚だったそうです。ナントカ菌が白身魚より多く発生したそうです。保存手段がありませんでしたからね。

ニコルさんによれば、カナダの環境庁に勤めていて分かったことは、アメリカとソ連(当時)は海のガンだということ。ヤクザだ、と言い切っています。
Commented by peco1292 at 2006-12-18 22:18 x
とんぼの本って楽しいですよね。
私も何冊か持っていますが、「築地魚河岸」なんてものまであるなんて!^^
雨漏りさんが紹介される本はバラエティーに富んでいていつも驚きます。書斎にある本の紹介で何年もブログが続けられそうですね♪
Commented by amamori120 at 2006-12-18 22:23
>pecoさま  お晩です。
言うなれば乱読っていうところが実態ですかね (/_;)
新刊本は誰かが、おやりになるでしょうから古い本を主としてUPしています。 また、ご叱正ください。
Commented by bowie94 at 2006-12-19 13:06
築地、よくグルメ番組でも取り上げられますよね。
でもこんなにこんなに巨大だっとは!?
極度の方向音痴の私には絶対無理な場所だわ。。。

最後の、池田満寿夫氏のイラスト。いいですねえ。
やっぱりうまいですねえ〜。本当に芸術家だったんだなあ〜と
妙なところで感心してしまいました。
Commented by amamori120 at 2006-12-19 20:18
>ヤッホーさん レスが遅れました。
誰方か先達サンを見付けて、一度お出かけください。
私も不案内です <(_ _)>

池田満寿夫サン 芥川賞受賞作は、ピンときませんでしたが、本業の絵はさすがだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-12-17 18:31 | 読後感・本の紹介 | Trackback(1) | Comments(18)