村山由佳 「海風通信 カモガワ開拓日記」

村山由佳サンの素敵な画文集です。




d0065324_11103179.jpg
1996.8 集英社・刊  ¥1,748+税 (AMAZONで、送料込み¥680でget)

千葉・南房総鴨川の自然に魅せられて、長野から引っ越してきた著者が、移転後2年を経て、この地にログハウスを建てました。

マムシやリス、タヌキなども出現するエライ山ン中のようですが、畑を開墾し、自分で育てた野菜をいっぱい食べ、また山を下って海に出て魚を釣る。
自然の中で、自然を味方として暮らす・・・実に人間らしい生き方ですね。

ご主人は地元の高校の先生、著者は執筆。
近隣住民--ジモティ--との楽しい交流。
ご自分でも仰有ってますが、ベストセラー「南仏プロヴァンスの12か月」(ピーター・メイル著)の日本版ですね。

彼女の小説と同じ、やさしい文章。まるでブロ友の皆さんが書かれるような文体は、親しみが持てます。いや、ブログの文章そのまま・・・なんです。


d0065324_11355029.jpg
d0065324_113643.jpg
d0065324_11361767.jpg
d0065324_11363134.jpg
d0065324_11364563.jpg
d0065324_1137012.jpg
d0065324_11371422.jpg
d0065324_11372787.jpg

彼女は絵も、お上手です。
写真もいっぱい載ってます。

この生き方に憧れない人はいないでしょう♪


ご参考
d0065324_114941.jpg
ピーター・メイル 「南仏プロヴァンスの12か月」1993.1 河出書房新社・刊 ¥1,600

続編
d0065324_11545721.jpg
1993.7 河出書房新社・刊 ¥1,600
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/4155266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from magnoria at 2010-09-03 14:31
タイトル : 器の大きな女流作家 村山由佳さん
今日の「スタパ」のゲストは、作家の村山由佳さんだった。私は村山さんの「海風通信 カモガワ開拓日記」という写真入りの本を古本市場で見つけて、田舎暮らしのお手本だと思って時々眺めていた。この本が出版されたのは1996年で、私と同じ年の彼女が15年も前に、作家・田舎暮らし・結婚生活の全てを手に入れているのを信じられない気持ちで、やっぱり作家になる人は違うんだなあと嘆息しつつ、いつかはこんな人生に近づけたらいいなと思っていた。 http://amamori.exblog.jp/415526...... more
Commented by bh2005k at 2006-11-09 12:02
おはようございます!
すてきなご本ですね。今 鴨川はとても元気のよい街だと思います。
知人も定年後は こちらに暮らしたいなぁ、、、と 東京のはずれから見に来ています。
村山由佳さんは 多才な方なんです。 
すてきな一冊、ご紹介ありがとうございました。
Commented by amamori120 at 2006-11-09 12:07
>チェイルさん おはようございます。
私も、プロヴァンスは無理だから、白浜あたりで暮らしたいなぁと妄想したりしています。
以前、チェイルさんがUPされた、祭りずし 載ってますね♪
Commented by ますちーママ at 2006-11-09 15:25 x
おこんにちは~まあ素敵な本ですね~☆う~んおそらく私位の年代で(私位っていくつよ?)この本に不快感持つ人は少ないでしょうね。
きれいな挿絵、センス光ってますね。字も上手い。素敵な人なんですね。
風の卵まだ読めてませんでしたア~汗。この画文集の方が先に見たくなっちゃいますね。。素敵な本の紹介ありがとうございます♪
Commented by amamori120 at 2006-11-09 16:36
>ますちーお姉様 こんにちHA。
写真でもお判りのように、この家では石油を使わず、薪を暖炉にくべて暖を取ってるようです。薪作りも大変な作業ですが、由佳サン ご自分でやってるようです。 地球にやさしい生活ですね。
Commented by jsby at 2006-11-09 20:00
村山由佳さんって、絵も上手。マルチな才能をお持ちなんですね。本当、憧れてしまいます。
Commented by amamori120 at 2006-11-09 20:18
>jsbyさん 薪の上に座ってる姿からも、行動的なイメージが窺われますね。  彼女は蛇なんか全然怖くないそうです。
長靴はマムシ対策とのことです。
Commented by みっちゃん at 2006-11-09 22:44 x
村山由佳さんの小説と違って、また違う姿が垣間見れて新たなる発見です(^^)へぇ~こういう方が書いてるんだぁ~ などと・・・興味も一段と沸きますね♪
Commented by tmsay-612 at 2006-11-09 22:51
「南仏のプロヴァンスの12ヶ月」はとても心に残る本でした。
村山さんのご本、おかげさまで快調に進んでいます。鴨川での暮らしについては、何かで読んで知っていましたが、こんなに素敵なご本を出していらっしゃるのですね。絵もお上手・・・ぜひ読んでみたいです。
ではでは・・・私もアマゾン行ってきま~す☆tmsay☆
Commented at 2006-11-10 17:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amamori120 at 2006-11-10 18:48
>みっちゃん  結構プライヴェートなことも書いてるので、色々彼女のことも判ってきました。
鴨川での生活を、本当に楽しんでおられますヨ ♪
Commented by amamori120 at 2006-11-10 18:52
>tmsay-612さん ピーター・メイル 随分夢中で読みました。
「贅沢の探求」「ホテル・パスティス」などがmy書棚にあります。

今月は、きょうまで9冊本を読みましたが、そのうち8冊が村山由佳さんのです♪
Commented by amamori120 at 2006-11-10 18:54
>鍵コメさんat 2006-11-10 17:13
お久しぶりです ♪♪  後ほど伺います。
Commented by ninuckey2 at 2006-11-10 21:34
ステキなイラスト、サラッと描かれているように見えて、丁寧で
緻密なお仕事ですね。
常々オットと話している憧れの生活、そのものです。ウチの場合、
実現目標は「老後」ですが(笑)

「天使の卵」、読了いたしました。
村上由佳さんはこの作品で受賞された時、「無茶苦茶せつない小説が
書きたい」と仰っていたとのことですが、ズバリ!無茶苦茶せつなくなって、3回は涙ぐんでしまいました。いわゆる”よくあるお話”なのに、とても
新鮮な気持ちで読みました。
ご紹介、ありがとうございました。 毎度お世話になります♪
Commented by amamori120 at 2006-11-10 22:00
>ninuckeyさん  お楽しみ頂けたようで嬉しいです♪
仰有るように、ありふれた平凡な筋立てですし、ほかのも同様なパターンのものが多いんですが、何故か「飽きない」んです。
今月、きょうまで9冊の本を読みましたが、そのうち8冊は由佳サンなんですよ。
Commented by barnes_and_noble at 2006-11-10 23:27
すてきな本ですね。手元に1冊欲しくなるようなイラストも興味ありです。
Commented by usayamama at 2006-11-10 23:27
先日偶然TVで村山由佳さんの鴨川での
生活を拝見しました。
「素敵な生活だな〜」って惚れ惚れしました。
イラストも字も上手です。しっかりモノの字ですね。
Commented by amamori120 at 2006-11-11 18:10
>barnesヨサ   素敵でしょ?  アマゾンにレッツギョー ww
Commented by amamori120 at 2006-11-11 18:13
> usayamamaさん 見逃してしまいましたっ  残念!
usayamamaさんも、こんな字を書かれるのではありませんか ♪ 
Commented by amamori120 at 2006-11-11 18:13
> usayamamaさん 見逃してしまいましたっ  残念!
usayamamaさんも、こんな字を書かれるのではありませんか ♪ 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-11-09 11:40 | 村山由佳を読む | Trackback(1) | Comments(19)