村山由佳を読む

この5日間で4冊読了しました。



キッカケは~、フジテレビ・・・・じゃなくて コレ↓でした。
d0065324_17421248.jpg
「BAD KIDS 海を抱く」  1999.7 集英社・刊  ¥1,680
未読の「BAD KIDS」の続編なんだろうと想像しています。
図書館のリサイクル本を蔵ってあったのですが、なんの気なしに読み始めたら、ぐいぐい引き込まれて一気呵成に読了してしまいました。

サーフィンをやりたくて、実家が湘南にあるのに南房総の高校に通う光秀と、副生徒会長で成績トップの恵里が交互に語る形式。(因みに父の名は信長、姉は市子 ww)
高3の二人が、安房鴨川(多分)を舞台に(著者・村山由佳サンは鴨川在住)愛と性に悩む青春小説。爽やかな読後感が、村山由佳さんの次の本に駆り立てました。


d0065324_1843467.jpg
「すべての雲は銀の。。。」  2001.11 講談社・刊  ¥1,890
これもリサイクル本を確保しといたものです。

信州・菅平のペンションが舞台。
ご子息が、菅平でラグビーの合宿を組んだという、暮らしのエッセンス miki先生を想起しちゃいました。

大和祐介は大学3回生。2年付き合った恋人を実兄に奪われ、傷心のあまり、家を出て、信州・真田町の菅平のペンションでアルバイトをすることになった。
そこは、ペンションと言うより、農園・果樹園の中の宿泊施設といった感じで、関西弁の園主、園主の姪と称する若い母とその息子、一流レストランのシェフから転進してきた料理人夫婦、フラワー・コーディネーターを目指す地元の若い娘二人、純朴な隣人達とともに、祐介の従業員生活が始まった。彼のBROKEN HEARTは癒やされるのだろうか?

軽妙だけど味のある文体。夢中で読んだ、やはり青春小説です。


図書館で借りて一気読みしました。↓
d0065324_18375311.jpg
「青のフェルマータ Fermata in Blue」 1995.11 集英社・刊  ¥1,900

キーワードは、チェロ、イルカ、自閉症、海そして愛。
なくしてしまった声を取り戻そうとしている19歳のリオ。オーストラリアの小島でチェロとイルカによって、それは叶うのか?
父親より年上の、元世界的なチェロ奏者のJBへの愛。島一番のリゾートホテルのドラ息子にも惹かれるリオ。
版元によれば「イノセントな恋愛小説」です。



これは書店で買って読みました ww ↓
d0065324_18515545.jpg
「天使の卵」1996.5 集英社文庫・刊 ¥410  元版は1994.1 集英社・刊

第六回小説すばる新人賞受賞作でデビュー作ですね。

19歳の、美大志望浪人生と8歳年上の精神科医との恋愛小説。
今週末映画が公開されらしいので、ネタバレは、なし・・・です。 ww


この後も、村山由佳サンを読み続けることになりそうです ♪
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/4016604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barnes_and_noble at 2006-10-16 19:19
たくさん読まれましたね。明日は「天使の卵」を見に行きます。村山由佳は読みやすいですよね。ここ1週間活字と離れています。活字が恋しくなりました。
Commented by amamori120 at 2006-10-16 19:31
> barnesヨサ  あぁ ネタバレさせなくてよかったっ!
私も観に行こうかな?  読んでから観る・・・というヤツですね。

お楽しみください ♪
Commented by miki3998 at 2006-10-16 22:14
雨漏り先生、おじゃましま~す!

  まあ、菅平ですね。嬉しいです、友情出演(?)。
  村山さんの本は数冊しか読んでいません(対岸の彼女だったかな?)
 先生の読書はジャンルもトレンドも枠をとっぱらって、直感で読みたい本をむさぼり読むという感じでしょうか?私もときどき活字中毒になるのです。むさぼり読んでいるせいでしょうか・・・。
 
Commented by amamori120 at 2006-10-16 22:30
>miki先生 いらっしゃいませ。
内緒ですが、別名義で殆ど本ばかりのブログをやってたんです。
あまり役に立つ本は読まないで、小説、エッセイが多いですね。
村山由佳サンにちょっと集中してみようと思っています。
Commented by jsby at 2006-10-16 22:56
師匠のところに集うブロ友は、活字中毒いや感性豊かな方が多いですね。ですので、よけい居心地がいいなと思います。その作家さんのことを知るには、一冊だけででは・・・というわけで、私も『やめられない、止まらない♪』ということがよくあります。村山由佳さん、師匠の説明によると読みやすそうですね
Commented by みっちゃん at 2006-10-16 23:02 x
村山由佳さんの書く本の表紙の絵は・・・・どなた?
独特ね~♪
最近読んだ本か・・・・ 
こんど師匠のマネしてアップしようかしらン ふふっ
Commented by amamori120 at 2006-10-16 23:02
>jsbyさん  とても読みやすいのですが、jsbyさんの小説同様、随所にキラッと光る語句があって、感心したり、ニヤリとしたり・・・です。

悪い癖で、村山サンに一極集中てなことになりそうです ww
Commented by amamori120 at 2006-10-16 23:09
>みっちゃん  そう来やはりましたか。
えーっと、海を抱く:音部訓子。すべての:長崎訓子  アレッ同じ人かな?結婚したりして・・・。 青の:きたがわ翔   どす。

どんどんやっとくんなはれ♪
Commented by みっちゃん at 2006-10-16 23:38 x
師匠、わざわざありがとう・・・
海を と 青の が一瞬一緒かと・・・・村山さんのって・・
全部村山さんじゃんね~・・・。(-_-。)気づかなかった・・・
(そこまできた・・・ボケが・・・)
へぇ・・・思いがけなく・・・同じ人なのかな?訓子さん・・・
気になる・・・・・  おやすみなさいぃ~
Commented by amamori120 at 2006-10-16 23:43
>みっちゃん  いいえ、どーいたまってー  w
Commented by tmsay-612 at 2006-10-17 00:08
amamori120さま、はじめまして・・・ miki3998さんのところから、時々そっとお邪魔しておりました。tmsayと申します。私も本が好きですので、今後もいろいろと参考にさせていただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。リンクいただいて帰りますね。ありがとうございます☆tmsay☆
Commented by amamori120 at 2006-10-17 09:23
>tmsay-612さん 初めまして&いらっしゃいませ♪
本がお好きとは嬉しいことをお聞きしました。
アホなことをやってますが、また覗いてみてください。
後ほどお邪魔します♪
Commented at 2006-10-17 11:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amamori120 at 2006-10-17 21:28
>鍵コメさんat 2006-10-17 11:38
了解です。 明日チェックしてみます♪
Commented by ninuckey2 at 2006-11-04 19:14
雨漏り師匠ご推薦の村上由佳さんがずっと気になっていたのですが、
ようやく図書館で「天使の卵」を借りることが出来ました。
今日から読み始めます♪
Commented by amamori120 at 2006-11-05 09:07
>ninuckeyさん いよいよ村山由佳サンですね。
また感想を聞かせてください。
Commented by kotokotokotoha at 2006-11-09 08:18
おはようございます。

拙いブログに来て下さってありがとうございました^^
村山由佳さん、気になったので、まず、カテゴリーから、拝見させてもらってます^^
5日間で、4冊とはw(゚o゚)w オオー!
凄いですね。
私には、到底無理です^^;
イルカ療法に興味を持ったのは、この本でした^^
また、読んでみたいです。
それから、「すべての雲は銀の・・」が途中で、ほってありました^^;
今の本を読み終えたら、読んでみようと思います^^
Commented by amamori120 at 2006-11-09 10:13
>琴葉さん おはようございます。 昨夜は、村山由佳サン「夜明けまで1マイル」を一気読みしました。寝不足ですww
「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズ 全10巻のうち8巻まで来ました。
、「すべての雲は銀の・・」が、一番好きな作品かも。
是非、続読なさってください♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-10-16 18:59 | 村山由佳を読む | Trackback | Comments(18)