東野圭吾 「嘘をもうひとつだけ」

d0065324_2332725.jpg
2000.4  講談社・刊  ¥1,680
警視庁練馬署・加賀刑事が活躍する5篇を所収しています。



表題作 バレー団の事務局員で元バレリーナが自宅マンションのベランダから墜死した。加賀刑事は、色々と不自然な点に気付き、事務局長で元プリマバレリーナに狙いをつける。彼女に、嘘をもうひとつだけ吐かせて追い込んで行く。もうひとつの嘘とは?

冷たい灼熱 会社員が帰宅すると妻が死んでいた。1才の子供の姿も見えない。家も荒らされている。強盗殺人、誘拐事件か?最後に隣人に目撃された妻は赤いTシャツを着ていたという。ところが死体には白いシャツ。
加賀刑事は、家の荒らされかたに不自然さを感じた。また夫婦ともに喫煙しないのに、洗濯機に放り込まれたままの赤いTシャツには煙草の臭いがした。
以前、TVで放映されたのを思い出しました。誰が演っていたか思い出せませんが、ご存じの方教えてください。

第二の希望 母娘家庭で、母の愛人が絞殺されていた。母の供述に不自然なものを感じた加賀刑事は、母を追い込み自供させるのだが・・・
母娘二代に亘る器械体操への夢と殺人。

狂った計算 意に染まぬ結婚をした奈央子は、彼女を「所有物」扱いする夫を嫌悪しているが、さらに夫の実家で下婢扱いされ、夫への憎悪は決定的となった。そして夫婦の家に出入りする建築士の中瀬と愛し合うようになり、いつしか夫殺しを計画し始めた。その計画は実行されようとするのだが、夫は二人の関係と計画を知っていて、裏をかこうとする。
そして二人の男が消えてしまい、加賀刑事は奈央子の計算が狂ったことに気づく・・・

友の助言 加賀の大学時代の友人、萩原が第三京浜で居眠りをして側壁に激突、重傷を負うという事故を起こした。萩原の妻・峰子は横須賀の実家へ戻っていたが、夫の事故を知り、真っ直ぐ病院へ駆けつけると思いきや、横横道路-第三京浜と、ずっと高速道路で来るのが普通なのに、何故か高速を降りて横浜の自宅へ寄ったのだ。病院まで先導しようとした加賀は、自宅から、萩原のための下着や着替えを持ち出すものと思ったのに、峰子が持ち出したのは、不燃物のゴミ袋で、それを彼女は集積所に捨てるのを見た。
峰子が、自分に睡眠薬を飲ませたことを認めたくない萩原だが、加賀が次々に出す証拠に、認めざるを得なくなるのだが、動機は?


大技も小技も使える東野さんの、これは小技の冴えが光る短編集です。
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/3582490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bh2005k at 2006-08-15 23:55
師匠、、、こんばんは!
短編集なら 私にも読めそうです。小技の冴えた本、ぜひトライしてみます。ただし もう少し涼しくなってからにします。
Commented by amamori120 at 2006-08-16 00:00
>チェイルさん お晩です。 帰宅が9時半過ぎなものですから、こんな時間になっています。
東野さんの別の短編集、近々またUP予定です。
Commented by ますちーママ at 2006-08-16 08:43 x
東野圭吾のは、息子好きで読んでますね~。ワタシは、まだ読めてません。ところで雨漏りさん、関西の大学だったんですね。色々な知識おありで尊敬します。また色々教えてくださいませませ。♪
Commented by amamori120 at 2006-08-16 08:58
>ますちーママさん おはようございます。いつもコメントありがとうござんす。  大学は西宮のKWANSEI GAKUIN UNIV.です。
典型的な文科系で、自然科学にヨワイんですよ(-_-;)
ますちーママさんも、ご自分のブログで自己を解放してみませんか? 
Commented by ganbatte_1972 at 2006-08-16 09:06
東野圭吾、未読なんですよ~。夏休みのお供にしましょう。
「冷たい灼熱」はテレビで放映されていましたが、私も誰が演じていたかは
不明です・・。残念・・。
どれも2時間ドラマにちょうどよいボリュームかもしれませんねぇ。
Commented by amamori120 at 2006-08-16 09:10
>めぐめぐさん おはようござんす。やはり放映されたんですね。
東野さんの本は、昔は読んでいたんですが最近はご無沙汰でした。
ヒョンなことで、また読み始めましたが、長編短編ともに楽しめますね♪
Commented by ますちーママ at 2006-08-16 15:37 x
再度失礼します。ブログ気になってるんですが、主人曰く、パソコンの詳しい機能も、分からずやるのは、大変だぞ!と脅しますの。自分は、毎日仕事でパソコンしてましから、面倒で、非協力的。ワタシの方も、どういう
カラーのブログが良いか思案してます。ブログ立ち上げても来てくれる方いなかったら寂しいし・・・なんて色々考えてます。・・・ア!そうだ。昨日
紹介してくださった、県民性の本、今日ゲットいたしました。楽しみですぅ。
自分の事ばかりですみません。
Commented by jsby at 2006-08-16 17:59
師匠、こんばんは。(^O^)/しばらく旅行に出掛けてしましたので、こちらにお邪魔するのが遅くなり失礼いたしました。「冬の追憶」の方も、先ほど更新いたしました。

東野圭吾作品は、どれを読んでもおもしろく後悔がないですね。冴えわたる感性をただただ尊敬してしまいます。
Commented by amamori120 at 2006-08-16 21:58
>ますちーママさん  ブログ開設、なかなか大変そうですね。
私は、電子絵日記のつもりで始めました。主として読書日記ですね。
次女がやってるのを知って、面白そうだと思ったのもあります。
まぁ、じっくりお考えになるのもいいでしょう。
ハングルの言い習わしをご紹介しましょうか。
ハミョン・テンダ  なせばなる
シジャギ・パニタ 始めれば半分終わってる
県民性の本、今日getされたとのこと。たいした行動力じゃありませんか♪

Commented by amamori120 at 2006-08-16 22:01
>jsbyさん オレガンマエヨ (暫くでした) ご旅行でしたか。
irsさんとも、jsbyさんのabsenceを心配していました。

後ほど伺います。
Commented at 2006-08-16 22:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amamori120 at 2006-08-16 22:32
>鍵コメさんat 2006-08-16 22:22  了解です。ご安全に。
Commented by barnes_and_noble at 2006-08-16 23:53
東野圭吾の本は1冊読んだ事あります。すごく緻密で、最後に「やられた!」と思った記憶が。この短編集も面白そうですね。
横レスですが、ますちーママさん、私などPCのことなどほとんど知らずにやってます。未だに文書を作る時は、ワープロ(死語に近い)ですよ。でも、ブログ、なんとかなってますから、「案ずるより生むがやすし」です。ファイト!
Commented by amamori120 at 2006-08-17 10:02
>barnesヨサ  やられっぱなしの雨漏りですよww
横レスありがとうございます。
Commented by amamori120 at 2006-08-17 10:03
>ますちーママさん  barnes_and_nobleさんからのメッセージがありますよっ!
Commented by ミモザ at 2008-11-08 07:24 x
この本も読んでみたいです。
Commented by amamori120 at 2008-11-08 10:06
>ミモザさん

こんなところまで・・・・ありがとうございます。
アナタはベスト・ブロ友だと思います♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-08-15 23:41 | 東野圭吾を読む | Trackback | Comments(17)