東野圭吾 『幻夜』

d0065324_17264030.jpg
2004.1 集英社・刊  ¥1、890



これは、サスペンスフルなピカレスク・・・ですね。
尤も、主演は、新海美冬という女性ですが。

彼女は、例の阪神大震災に遭遇し、そのさなか、叔父を殺した水原雅也と知り合い、共に上京する。

美冬は、類い希な知謀と美貌に恵まれていて、その時点で最も役に立つ男に、女の武器を果敢に活用して、のし上がっていく。
「信じているのは雅也だけっ」と会うたびに言いながら、不可欠の協力者として「利用」しているのだが、雅也は、お互いに愛し合ってると信じ込んでいて、美冬のあらゆる企みに完全に協力するのだった。人殺しさえ。

震災後、5年が経ち、美冬が、宝飾と美容の分野で頂点に立った時、雅也は、美冬との夜が幻であったことを知り、「行動」を起こそうと決意した・・・

524ページという大部ですが、将に巻擱く能わず・・・一気に読んでしまえます。  お蔭で寝不足。「頭痛が痛い」です。
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/3568122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ninuckey2 at 2006-08-13 19:10
東野さん登場~!ヽ(^。^)ノ
雨漏り師匠を寝不足にしてしまう作品・・・『面白さ保障付き』ですね♪
Commented by usayamama at 2006-08-13 19:58
東野圭吾さんの本はいつもタイトルが印象的だな
と思っていますが、 まだ読んだ事ないんです。
でも、きっとハマるだろうし、一気に読みたくなるタイプ
なのは分かる気がします。機会があったらトライしてます。
Commented by amamori120 at 2006-08-13 20:48
>ninuckeyさん 東野さんの初期のものは結構読んでいたんです。
このところ少しご無沙汰でしたが、あと2冊ばかり近々upします♪
Commented by amamori120 at 2006-08-13 20:51
>usayamamaさん 彼のストーリーテリングの才は、たいしたものです。 直木賞受賞も遅きに失した感があります。 チャンスがあれば、是非どうぞ♪
Commented by nagayades at 2006-08-13 23:13
わたしもこの本で寝不足になりたいっ!
頭痛も痛くしたいっ!!
美冬の妖しいキャラがとっても魅力的ですね。
Commented by ippoyo at 2006-08-14 07:00 x
こちら未読です。一気に読んでしまうのですね。うわあ 読みたい!
Commented by amamori120 at 2006-08-14 17:29
>長屋女王さま 美冬に誑かされてみたい・・です。 新・雪国の萌子といい、魅惑的な女性に会えてラッキーです♪
Commented by amamori120 at 2006-08-14 17:42
>ippoyoヨサ  今日は早寝しようと思っていましたが、この著者の
「トキオ」を見付けたので、また寝不足になりそうな気配ですww
Commented by irs-tkbeea at 2006-08-17 19:49
こんばんは
東野圭吾登場でとても嬉しいです^^
彼の小説はただのサスペンスの枠にとらわれない奥深さがあり
好きです!
「幻夜」もそう感じた気がします。
Commented by amamori120 at 2006-08-17 23:00
>irsさん お晩です。 しばらく東野圭吾さんを読むつもりです。
また、ご叱正乞う ♪
Commented by rise_1246 at 2008-04-26 17:18
私もこの本一気に読みました。たぶん二日もかからずにぃ~!
もしまだでしたら「白夜行」読んでみてください。
美冬の前身?らしき同じような女性が現れます。
もう読まれたかな?トキオも面白かったですね~。


Commented by amamori120 at 2008-04-26 19:27
>riseさん  こんばんHA  レスが遅れました。
東野圭吾は、この後、何冊も読んでいるんですが、UP出来てません。
「白夜行」も読了済みです ♪

今が旬の作家ですねぇ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-08-13 17:44 | 東野圭吾を読む | Trackback | Comments(12)