切山椒 長嶋家 (鎌倉 3-1)

d0065324_9595187.jpg
鎌倉小町通りで 切山椒 を求めました。




d0065324_1031422.jpg
d0065324_1034982.jpg
『切山椒(きりざんしょう)とjは、上新粉に砂糖と山椒の粉(あるいは山椒のつけ汁)を加え、蒸し、搗いて伸ばし、5~6センチほどの拍子木形にした菓子。紅・白・緑・茶などの色がうっすらとついており、山椒の風味や口当たりの良さが身上だ。』(中山圭子・和菓子の世界より。)

もちもちとして、山椒のピリ辛感と、淡甘さの調和がよくとれており、お茶受けにもよいです。
この素朴さ、ひなびた味・・・忘れられつつある日本人の味覚の一つですね。
d0065324_10161465.jpg

トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/3190782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nagayades at 2006-06-06 10:47
鎌倉にはおいしいお菓子がたくさんありますねぇ。
山椒がきいている、なんて通好みなかんじです^^
あらかじめ本を読んで研究してからお出かけされているんですね!
Commented by peco1292 at 2006-06-06 11:50 x
雨漏りさん こんにちは♪

続々登場する鎌倉のスイーツ、もう目が釘付けです~^^
万全の下調べと1000万画素(!)のカメラがあれば、もう怖いものなしですね!?切山椒ってあまりいただく機会がなくて、珍しいです。
よく行くデパートの榮太楼本舗の売り場にはなぜか常時みかけるのですが。。。今度私もかってみることにします!

間にさりげなく(いや、存在感大!)はさまれているマンゴーアイスの記事も私を大いに誘惑しております!(笑)


Commented by harumisan at 2006-06-06 12:25
平日の鎌倉に行ければいいな~と思います。土日はすごく混んでますものね。切り山椒はたぶん食べたことがないのですが、浅草の鷲神社の
酉の市でお店が出てますねー。たぶん、すあまにも似て好きだと思います。
Commented by jsby at 2006-06-06 18:38
鎌倉を楽しく散策されたようで、拝見していて楽しくなってしまいました。私も、近々行く予定です。目的は小町通りにエプロンを買いにです。「何でエプロン?」かと言えば、「私が持っている着物柄との普通の生地のコラボが素敵」と友人に誉められ、「今度、鎌倉に行った時に買ってきてあげるわ」と約束したためです。このエプロン1,000円なのに、使い勝手もいいんです。(*^^)v

あっ、脱線してしまいました。「切山椒」はノーマークでした。違った角度から鎌倉のスィーツを楽しませていただいています。

先ほど、「冬の追憶」の「第6話 エニグマ協奏曲」のタイトルに関する講釈をUPいたしました。
Commented by amamori120 at 2006-06-06 22:25
>長屋女王さま 仰有るとおり、鎌倉には古今東西のお菓子を見付けることができます。  明日も天候・体調次第で再訪するかもしれません。
Commented by amamori120 at 2006-06-06 22:33
>pecoさま そうですね、切山椒は普段あまり目にしないお菓子ですね。 和菓子クイーンのpecoさまと違って、雑食派の雨漏り、なんにでも食らいつくんですww

甘い誘惑の罠にハマッテください。
Commented by amamori120 at 2006-06-06 22:39
>harumiさん 29日は月曜日で空いてましたよ。お陰で、休業日に当たっちゃったお店もありましたが。
すあまに山椒が入ってると思って貰って結構です。
元々冬に作った物らしく、酉の市で売られたそうです。浅草の鷲神社でも売られているようですね。
Commented by amamori120 at 2006-06-06 23:04
>jsbyさん 以前、ご心配いただいた”味くら”サンも発見しましたが、荷物(菓子類)が多すぎて割愛しました。 小町通りには衣料品屋さんも何軒か見かけました。エプロンの件、家人Tにも言っときます。
後ほど「第6話 エニグマ協奏曲」拝読に伺います。
Commented by miki3998 at 2006-06-06 23:09
雨漏り先生、私の里では砂糖醤油味で胡桃がいっぱい入ったもので、『きりせんしょ』といいます。上にはいっぱい黒ゴマがのっていて、もっとのぺりとした形です。お彼岸や、お盆にも必ず作ってもらいました。甘じょっぱくて美味しいですよね。食感はゆべしのようでした。
Commented by amamori120 at 2006-06-06 23:35
>miki先生のご郷里の物のほうが手が込んでるようですね。 胡桃も入っているから柚餅子的な食感になるでしょうね。
山形/鶴岡のものが知られている・・とモノの本にありましたが、『きりせんしょ』にも、お目にかかってみたいです♪

別の鎌倉ガイドに三留商店サンのことが載ってました。
力餅家の近所ですね?
Commented by miki3998 at 2006-06-06 23:56
そうです。
 雨漏り先生、もし明日お出でになって、三留商店でソースをお買いになるのでしたら、鎌倉駅の裏側、紀伊国屋のあるほうです。御成り通りの奥にある『鳥一』さんで、鶏肉のコロッケをお買いになるといいですよ。くわしくはブログに書きます。
Commented by amamori120 at 2006-06-07 00:04
>miki先生 ここ船橋あたりは、今、雨が降ってます。雨天中止と家人Tが言ってます。大丈夫かなぁ?
『鳥一』さんの、鶏肉のコロッケ ですね。チェックしました♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-06-06 10:24 | 鎌倉 | Trackback | Comments(12)