植松 黎 「パンチ・ジョーク」

d0065324_17301438.jpg
1987.6 講談社・刊   ¥1,000  06.2.22 読了

植松 黎さん、《ジョーク》の達人ですね。
下掲の角川文庫・版「ポケット・ジョーク」はミリオン・セラーだそうです。

d0065324_17352084.jpgd0065324_17353912.jpg










d0065324_17361889.jpgd0065324_17372782.jpg











では、本書の内容を少しご紹介します。
オフィス・ライフ
(能力)
コーエン夫人は、甥の就職を、会社を経営している夫にたのんだ。
「あなた、かわいそうなあの子は、もう三十社も就職試験を受けたんですって。なんとかあなたのところで仕事をさせてくださらないこと」
「そうか、それで彼は何ができるんだね。三十社落ちる以外に」

ビッグ・サクセス
(処分できるお金)
中年女が株屋にどなりこんだ。
「あんたは、ロクでもない株を買かわせてあたしが一生懸命働いて貯めたお金をパーにさせたのよ。」と彼女は絶叫した。「どうしてくれるの?」
「でも奥さん」と担当の社員が言った。「あなたは可処分所得だっておっしゃったじゃありませんか」

ピンチもユーモアに
(計算)
年齢を訊かれて、女課長が言った。
「女はあまり正確に年齢をいわないほうがいいのよ。計算高い女だなんて思われちゃイヤですものね」

ライバル
(罪にあらず)
「わたしが、もし罪を犯したとしたら、それは虚栄心に身をゆだねることだわ」熱心なカトリック教徒のメアリーがジャネットに言った。「毎朝、鏡の前に立つたびに、わたしってどうしてこんなに美人なんだろうって考えてしまうの」
「それは罪ではないわ」友人のジャネットが言った。「誤解よ」




男と女のラブゲーム
(志)
エドが働いている部署に、上役の娘が配属されてきた。会社体験と称しているが、じつはムコ探しだった。
ある日、彼が残業していると上役の娘も居残って仕事をしていた。他の者はだれもいない。しかたなく、エドは彼女を車で送っていくことになった。
「あなたは、わたしのハートに触れたいんじゃなくて?」車に乗ると娘が誘い水をかけた。
「いいえ、お嬢さん」エドは言った。「ボクの志はそんな高いところにありませんよ。もっと下のほうで満足なんです」

(愛変わらず)
「ダーリン、ボクはあり金のこらずすってしまった」ハリーが憤然として言った。「もう一セントもないんだ」
「それがどうしたというの、あなた」ペギーがなぐさめた。「わたし、これまでと変わらずあなたを愛していくつもりよ---たとえ、もう二度とあなたにお目にかからないとしても」

(似たものどうし)
「紳士は金髪が好きさ」とデニスが言った。
「でも、あたしホントは金髪じゃないのよ」とスーザンが答えた。
「いや、いいんだ」とデニスは言った。「ボクだってホントは紳士じゃないんだ」

(不出来)
サラリーマンのマシューが出張から帰って来ると、女房が肉屋のおやじとよろしくやっている最中だった。
「あきれた女だよ、おまえは」とマシューは言った。「ツケがたまっているのは肉屋じゃない。乾物屋なんだぜ」

(昨夜)
「あら、奥様」お隣のジョーンズ夫人が言った。「今朝は声がかれていらっしゃるのね?」
「そうなの、昨夜、宅が遅く帰ってきたものですから」

結婚というパンチ
(恋愛と結婚)
結婚生活十年のマージョリーが、泣きわめく子、ちらかっている家、山と積まれた洗濯物を見て友人に言った。
「あたし、ときどき、失恋してたらよかったのにと思うの」

(自動販売機)
離婚法廷で、若い父と母が、一人っ子をめぐってどちらが子供を取るかで争っていた。
「当然あたしです」と母親が主張した。「この子を世の中に出してやったのはあたしなのですから」
「しかし、判事さん」と父親が反論した。「わたしが自動販売機にコインを入れて、たばこを出したら、そのたばこはわたしのものではないでしょうか?」
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/2758299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nagayades at 2006-02-28 20:02
ジョーク、よくこんなにたくさん、バラエティ豊かに発想できますね!
ブラック部門、禁断部門、男と女部門とありますが、禁断が
気になります~
Commented by revenouveau at 2006-02-28 20:07
植松黎さんの著作には、おもしろいものがたくさんありますね。
たとえば、「毒草を食べてみた」(文春新書)などは、かのじょ一流
のユーモアの宝庫といえるかもしれません。
ポケット・ジョークは、ウイットに富んだものが多いですが、中には
ちょっと苦手なもの*も…
あっ、下ネタは、だいじょうぶです。^^
(*人種・人権、ジェンダーなどにかかわること)
Commented by amamori120 at 2006-02-28 22:38
>長屋女王さま  角川文庫版は多分10冊くらいあると思います。
チャンスがあれば、ご一読下さい。
Commented by amamori120 at 2006-02-28 22:43
>さ・え・らサン  下ネタ、嫌いではありませんが、拙ブログにおいでになるのは、正しい主婦の方が多いので、多少自主規制しましたwww
1st stageの頃は、夜の銀座などで、植松さんの本を大分活用したものです。 
Commented by みりん at 2006-03-01 20:24 x
(@@)雨漏りさ~~ん! 「オバンです。」

『ポケット・ジョーク』早速、本屋さんに走りまあす!^^ 楽しみイイ!!!
Commented by amamori120 at 2006-03-01 22:01
>みりんさん オバンです  いやオネエサンです。

もし見つからなければ、古い本ですがお届けしますよ。
ご連絡ください。
Commented by jsby at 2006-03-02 00:25
ポケットジョーク、文末の落ちが楽しいです。また読み終わった後に「じわじわ」と来て、もう一度読んで、にやにやする。このピンポンゲームが何とも言えず快感です。
Commented by amamori120 at 2006-03-02 00:43
>jsbyさん 流石、素晴らしい書き手であると同時に、読み手でもいらっしゃる。 この文庫本たちも10年以上前に読んだものですが、今読み返しても古くなってないです。 「脳内汚染」読了しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-02-28 18:42 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(8)