2.26事件

今日は2月26日。2.26事件が起きた日です。
別名義のブログで昨年UPしたものを再掲します。

c0039999_22334042.jpg今を去る70年前、即ち昭和11年2月26日、この事件は起きました。所謂「ニーニーロク事件」あるいは「ニーテンニーロク事件」です。
 これは、度々映画化されたし、数多くの本も書かれているので、何を今更blogに?という感じも否めないのですが、今日のような寒い朝だと、「ああ、70年前の今朝は東京にも雪が降っていて、2.26事件が起きたんだなあ」と思ってしまいます。
 ご案内のように、この事件は、一言で云えば、近歩一(キンホイチと読みます。即ち、近衛歩兵第一連隊ですね)を中心として、青年将校達が部隊を引き連れ、昭和維新実現のために、彼らが、君側の奸と見なした重臣達を襲撃した事件です。
 当時の日本は、ひどく不景気だったようです。特に農村の疲弊は甚だしく、餓死する者も居たし、一家のため泣く泣く娘を身売りさせることなどザラだったようです。おまけに、兵隊というのは、これら農村出身の壮丁が大部分でありましたから、働き手を奪われて、ますます農民の困窮度は強くなるばかりでした。
 これら農民出身の兵達と毎日接する下級将校達が彼らに深い同情を覚え、ひいては軍の弱体化さらには国の滅亡を恐れ、現状打開のためには、昭和維新の断行しかないと思い詰め、ついに蹶起に至ったようです。
 青年将校達の国を憂れえる気持ちには共感できる部分がたくさんあります。

 事件の推移については、ここでは記しません。「義軍」と、最初は、おだてられた彼らも、天皇が激怒したら「叛乱軍」にされてしまい実に悲惨な最期を迎えたことだけ記しておきます。

 私は、軍人だった父の影響で早い時期から「戦争」に興味を持ち、関連の本を随分読んで来ました。書斎の壁(四面)のうち一番大きな一面は、これら戦争関連図書で占められています。(写真参照)これらの中には、2.26事件に触れたものも相当数ありますが、私が、この事件を詳しく知りたいと思う方にオススメするのは、松本清張「昭和史発掘」文春文庫 7~13巻 です。実に詳細に、冷静に、的確に記述されていて、これ以上のものはないと思っています。
d0065324_2310277.jpg




【参考】
 1 陸軍の階級   下から
     二等兵、一等兵、上等兵、兵長・・・「兵」と総称される
     伍長、軍曹、曹長・・・下士官
     准尉・・・准士官
     少尉、中尉、大尉・・・尉官                    士官
     少佐、中佐、大佐・・・佐官(左官ではない)           ↓
     少将、中将、大将・・・将官(閣下と呼ばれる。将軍。)     ↓

 2 陸軍の組織  部隊(現場)と官衙(かんが=オフィス) があるが、ここでは、部隊につき
     分隊(長:軍曹)
     小隊(長:少尉)
     中隊(長:大尉)
     大隊(長:少佐)
     連隊(長:大佐)
     旅団(長:少将)
     師団(長:中将)
     軍(司令官:中将)
     方面軍(司令官:中、大将)
     総軍(司令官:大将)・・・・・・関東軍、南方軍、支那派遣軍など 
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/2750080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 鱧男 at 2006-02-26 23:23 x
清張さんも何冊か拝読しましたが、この作品はまだです。
イラストがすごいですね。(-_-;)

陰の清張、陽の司馬遼太郎と評する方もおられますね。
僕は陰気な人間なので、なかなか手が伸びません。(-_-;)
Commented by amamori120 at 2006-02-26 23:32
>鱧男宗匠 お晩です。お早いお着き、有難うございます。ww
松本清張「昭和史発掘」全巻読了しましたが、結構読み応えありました。
宗匠の集中力を以てすれば、じきに読めますよ。
興味がおありになればどうぞ。
Commented by jsby at 2006-02-27 02:48
戦争ものは、あまり読んだことはないのですが、印象に残っているのは「森村誠一」の『悪魔の飽食』です。日本細菌戦部隊の恐怖の実像に愕然といたしました。また他には、「新田次郎」の『八甲田山死の彷徨』です。

2.26事件は、そう言えば今日がそうだったのですね。日本の昭和史に残る大きな事件でした。いい悪いは別として、この頃の若者の国を思う気持ちに勝るものはありません。
Commented by ぐらんま at 2006-02-27 08:49 x
2.26事件は 私が2.27日生まれなので母から事件の日は大雪だったと 聞かされてました(東京生まれ)不勉強な私 雨漏りさんのお陰で事件の大きさを知りました
Commented by revenouveau at 2006-02-27 09:47
戦争という行為は、あまりにも悲惨で、あまりにもおろかです。
二度と、その過ちをおかさないためにも、さまざまな歴史を正視眼で
検証しておくことは、とってもだいじなことだと思います。
いずれにしても、暴力による解決の試みは、憎悪の連鎖をうみ、負の
財産とはなっても、根本的な解決への道すじをつくるものとはなりま
せん。
Commented by nagayades at 2006-02-27 17:47
この日付になっても事件のことは思い出しませんでした…
でも歴史に学ぶことを忘れてはいけませんね。
松本清張氏の歴史がおすすめですか。心にとどめておきます。
彼の小説の背景には膨大な資料の考察があるのですね。
Commented by amamori120 at 2006-02-27 19:27
>jsbyさん 挙げられた両書ともベストセラーでしたね。
2.26事件、5.15事件、10月事件・・・   この時代に生きていなくてよかったと思います。 
Commented by amamori120 at 2006-02-27 19:29
>ぐらんま様   と言うことは、本日がお誕生日ですね。
おめでとう存じます。 大勢のお子様方から、お祝いされていることでしょうね ♪ 
Commented by amamori120 at 2006-02-27 19:32
>さ・え・らサン 誠に誠に仰有るとおりです。 血気盛んな青年将校を利用した古狸ども、彼らをこそ排除すべきでした。勿論、武力以外の方法で。
Commented by amamori120 at 2006-02-27 19:36
>長屋女王さま  ウチの娘共も、2.26事件のことなんか全く興味がなさそうでしたよ。 もう「歴史的事実」に属してしまったのですね。
清張のこのシリーズ、嫌やになるくらい詳しいです。
Commented by bricolage at 2006-02-27 21:24
今月の初めに、実家の父が体調を崩しましたのでそのせいか最近、父の事をよく考えます(おかげ様で今は元気です)。そんなこともあって昭和7年生まれの父が生きて来た時代背景を、今夜はもっと知りたいと思いました。

つゆの
Commented by amamori120 at 2006-02-27 23:04
>つゆのサン お父上、回復されてようございました。こんな機会でもないと、なかなか昔のことを訊くことは少ないと思います。 是非、生の話を聞かせて貰って下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-02-26 23:11 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(12)