漢字バトン 余波

昨日の漢字バトンには多くのコメントを頂き有難う存じました。
今後も、漢字の勉強を続けて行きたいと思っておりますので、引き続き、皆様のご指導、ご鞭撻を乞うものであります。

さて、jsbyさんから、こんなサイトを紹介されました。

四字熟語 FLASH という頭脳?ゲームです。

昨夜、早速やってみたのですが、指先の訓練、知識の再確認、頭の体操に最適です。私のように頭脳年令52才以上(多分)の人は是非TRYされるようお勧めします。

さらに、こんなのもjsbyさんから、皆様にプレゼントしてほしいとの言づてがありましたので、併せて、ご紹介します。

ゲームデザイン 無料ゲームとフラッシュ

数十の無料ゲームがあります。 四字熟語ゲームも。
お試し下さい。
  
   **************************
 
えびせんべい工房やまご  の記事へのコメントで、さ・え・らサンから出題されました。
kanaさんのイラストを見られ、さらに拙記事を読まれて食指が動いた・・・とのことですが、さて食指とは、どの指を言うのか?という問題です。
普段、何気なく使っている言葉でも、今回のように、急に言われると、?!となるケースも結構ありますね。 拙ブログにおいでになる方々には問題というほどのことではないと思います。再確認だけしてみて下さい♪
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/2717529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jsby at 2006-02-20 10:46
今日は午後からの仕事が入っているだけなので、午前中は自宅で作業中です。私も受け入れなのですが、「食指が動く」の語源や真の意味について、ご紹介させていただきます。

食指が動くの「食指」とは、「人指し指」のことを指します。出所は、中国の史書「春秋」の注釈書「春秋左氏伝」(しゅんじゅうさしでん)の故事からです。

その故事に書かれていることによると、鄭(てい)の子公が霊公を訪ねる途中で、自分の食指(人差し指)が動いたのを見て、同行の者に「ご馳走にありつける前兆である」と言ったとそうです。

そこから、「食指」は人差し指の意味となりました。そしてその後、「食指が動く」は食欲が起きるの意味となり、もっと範囲を広げ、物を欲しがるや興味や関心を持つの意味としても使われるようになったとのことです。
Commented by amamori120 at 2006-02-20 11:18
>jsbyさん  早速応援に駆けつけて下さり有難うございます。
出典まで、お示し頂き、恐縮です。  漢学の勉強には左氏伝は必須の書の一つですね。 いつかは通読したいと思っています。
Commented at 2006-02-20 12:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amamori120 at 2006-02-20 12:18
>鍵コメさん at 2006-02-20 12:07  度々ありがとうございます。
「現代中国語辞典」で確認しました。
Commented by bh2005k at 2006-02-20 12:55
こんにちは。
私は、味見する指として・・・聞いたようなこともアリです。。。
学術的ではありませんが、人差し指  ・・・ 納得してしまいました。
Commented by amamori120 at 2006-02-20 12:59
>チェイルさん  色々と面白いですね。 ブログの醍醐味です。そうそう、この醍醐味というのも調べると興味深いことが分かって来ます。
Commented by jsby at 2006-02-20 16:45
先程、予定よりも早く帰宅しました。また、おじゃましています。再度、受け入れの知識ですが、醍醐味(だいごみ)とは、物事の真の意味での面白さ。深い味わい、神髄(本質)が大意です。醍醐味は仏教用語です。「醍醐」とは牛や羊の乳を精製した濃厚で甘みのある液体のことを指します。仏教では、家畜の乳を精製する過程が5段階に分かれており、その段階を「五味」と言います。「乳(にゅう)」→「酪(らく)」→「生酥(しょうそ)」→「熟酥(じゅくそ)」→「醍醐(だいご)」の順で、混じりけのない最高の味になると伝えられています。「醍醐」は純粋で最高の味であるところから、「醍醐のような最上の教え」として仏教の経典に喩えられ、天台宗では「華厳時(けごんじ)」→「阿含時(あごんじ)」→「方等時(ほうとうじ)」→「般若時(はんにゃじ)」→「法華涅槃時(ほっけねはんじ)」の五時経の順で、経典の内容が濃くなってきます。そういう意味で、法華涅槃時(ほっけねはんじ)」を最上の仏法として「醍醐味」と呼ばれるようになったとのことです。そこから転じて、「醍醐味」は「本当の意味での面白さ」や「深い味わい」「神髄」を表す言葉としても使われるようになったそうです。
Commented by amamori120 at 2006-02-20 17:26
>jsbyさん ご協力ありがとうございます。お暇でしたら、 甘党キングダム(ジモティ)の白牛酪餅 (菓匠 白妙)を、ご覧下さい。
Commented by manicmonday at 2006-02-21 11:06 x
この四字熟語、私には難しくてステージ3までがやっとやっとでした‥「焼肉千食」と、勝手に願望を四字熟語に当てはめてみたけれど、当然そんなもんありませんよね~(恥)でも、はまりますね~コレ。私無料ゲーム大好きなので、思わずコメントそっちのけで「stained glass」を脱線して結構な時間やってしまいました。
Commented by revenouveau at 2006-02-21 11:35
興味深いサイト情報、ありがとうございます。
朝のラジオ体操のかわりにいってまいりました。^^
ラジオ体操ほど時間はかかりませんでしたが、案外、楽しめました。
さすがに「焼肉定食」はありませんでしたが「火気厳禁」などという
ものもあり、突っ込みどころも満載といったところでしょうか。

※朝、ちがう記事にコメントしてしまいましたので、再投稿です。
Commented by amamori120 at 2006-02-21 21:08
>manicmondayさん ああ、お試しになりましたか。 やり出すと結構面白いですね。 はまりましょうwww
Commented by amamori120 at 2006-02-21 21:11
>さ・え・らサンもそうですが、皆さん実に色々なサイトをご存じですね。
感心してしまいます。 並べ替え、さ・え・らサンなら10秒くらいで完成してしまうのでは?  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-02-20 09:53 | 漢字の勉強(京都の地名 他) | Trackback | Comments(12)