群 ようこ「無印OL物語」

d0065324_22444256.jpg
1989.4 角川書店・刊  ¥1,100  06.2.6 読了

色々なOLのパターンを描き分けています。

小さな会社で、15才も年上なのに、仕事が全然出来ない先輩女子社員にイラつくOL

母親にプレッシャーをかけられ見合いをさせられまくるOL

家では高校生の弟のジャージを着てダラダラしているのに、出勤する時は、パリッとした洋服でハイヒールを履いて颯爽と出かける役員秘書のOL

金持ちと結婚してから服も買えるし、ちやほやされるし、家事が嫌いだからお手伝いさんを雇えるし、なんでもできるようになった友人とは逆に結婚してから服も買わなくなったし、モテなくなったし、家事の手間は二倍になった主婦OL・・・・

本書には12話が所収されています--12人のOLが主人公です。
1989.4が初版、1990.5が十版(本書)ですからベストセラーと言えるでしょうね。多分、皆さんも読まれたのではないでしょうか。
彼女の略歴を読むと、何度も転職を繰り返したみたいで、最後の小さな出版社の頃にエッセイを書き始めたとのことです。彼女がOLの時に経験したこと、考えたことが殆ど本書に展開されているようです。
群・節(むれぶし)・・・親しみ易い文体とストーリーの面白さが多くのファンを獲得したのでしょう。

my書棚にはこんなのがありました。
d0065324_2342564.jpgd0065324_2344597.jpg















d0065324_2352222.jpgd0065324_2362443.jpg












抱腹絶倒の旅行エッセイです。

d0065324_2372758.jpgd0065324_2391994.jpg
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/2654912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Theo_C at 2006-02-08 00:15
amamoriさんと 群ようこさん ちょっと意外でした。
何故でしょう? スミマセン 勝手な思い込みですね。。。
Commented by amamori120 at 2006-02-08 00:20
>テオさん たった今お宅から戻ったばかりですっ
「旅行」も好きな読書分野で、紀行・旅行物は手当たり次第読んでました。たまたま群さんも入っていたんですね。
Commented by jsby at 2006-02-08 08:35
群ようこさんの「無印OL物語」、まだ読んだことありません。おもしろそうな内容で、私好みです。あ~、そろそろ出かけなければ・・・・。行ってきます~(^O^)/
Commented by pecochan77 at 2006-02-08 09:00
群ようこさん、昔何冊か読みました。
なんだか私もテオさんと同じく雨漏りさんとイメージが・・・
何故だろう???^^
Commented by amamori120 at 2006-02-08 09:48
>jsbyさん 読みたい本、読むべき本 いっぱいありますね。どんな本と巡り会えるか? 人生の愉しみの一つですね。
Commented by amamori120 at 2006-02-08 09:53
>pecochan77さん 女性作家のものも結構読むんですよ。upしたのは、田辺聖子、有吉佐和子くらいですが・・。祐未みらの 近々upします。
Commented by nagayades at 2006-02-08 14:08
群ようこさん、女性に人気がありますね。
金持ちと結婚した友人と反対の生活を送る人、ってわたしのこと?
服買わない、モテない、家事2倍。ハイ、その通り!
一日何回トイレ掃除してるだろう??
Commented by bh2005k at 2006-02-08 14:28
こんにちは~!雨漏りさん ・・・ 本の紹介とてもお上手ですね。
モウ とっても読まなくちゃぁ~ と、思ってしまいます。それに頭がとても柔らかくてうらやましいで~す。
景山民夫氏のときも ビックリ でしたが ・・・

私も がんばろう ・・・ ♪
Commented by revenouveau at 2006-02-08 16:48
群ようこさん。この方は「いるいる、こんなひと」っていうのを書く
のが、ほんとうにうまいですよね。雨漏りさんもふれていらっしゃる
ように、じっさい、かのじょ自身が、なん度か転職されているので、
ご紹介のOL話にもリアリティがたっぷりと感じられます。
あと、「いいわけ劇場」など、くすっと笑わせてくれる短編もおもし
ろいかもしれません。(軽めのタッチが、おすすめ)
そのほか、「飢え」という林扶美子さんの人物エッセイや、「妖怪と
妖精のあいだ」という平松たい子さんの評伝など、ちょっぴりしぶい
作品も、おとなの味わいがでていて、いい感じです。
Commented by SNOOPYヾ(*^-^*) at 2006-02-08 20:13 x
d(-ω☆) グッ!!
SNOOPYもっ読みたいなっっ( ´・ω・`)つ〃
Commented by ninuckey at 2006-02-08 20:32
図書館を調べてみたらあったので、早速予約しました。
楽しみです(^^♪
Commented by amamori120 at 2006-02-08 23:17
>長屋女王さま 男性よりも圧倒的に女性に読まれているようですね。

それは「ダンナの七光」という篇です。ウチの家人Tも、服も買わない主人公と同じですが、家事はあまりしませんねえ。
Commented by amamori120 at 2006-02-08 23:21
>チェイルさん お褒めに与り恐縮です。
アルツが大分進んでいるような気がするのですが、チェイルさんに、また褒めて頂けるよう頑張ります。
Commented by amamori120 at 2006-02-08 23:24
>さ・え・らサン また応援ありがとうございます。 大真面目で一生懸命書いている群ようこサンを想像しながら読んでいましたが、シリアスなヤツにも見参してみようと思います。
Commented by amamori120 at 2006-02-08 23:26
>SNOOPYさん  是非、tryしてみてくださいね。共感を覚えたり、反発を感じたり、フィクションとは思えない部分も大きいでしょう。
Commented by amamori120 at 2006-02-08 23:27
>ninuckeyさん オッ速攻ですね。  結構古い本なのに、よく在庫がありましたね。  間違いなく楽しめますよ♪
Commented by blackberry_tea at 2006-02-12 22:44
群ようこ、学生時代に読みまくりましたよ♪
自分は自分ていうスタンスがあって飄々としてるところが好きでしたわ・・・。ちょっと辛口なところもね。
ほんと、幅広い読書しておいでですね~
Commented by amamori120 at 2006-02-12 22:55
>blackberry_teaさん おっ群ようこ読みの先輩ですね。私は、旅行・紀行物を手当たり次第に読んでいる時に出会ったのですが、小説はこれが初めてです。   彼女の本 UPしません?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-02-07 23:19 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(18)