【四季のシンフォニー】

私の、頃日(けいじつ)の甘キンぶりを買って下さったのか、「四季のシンフォニー」なる美しいタイトルのブログで、メロ・サスペンス・ストーリー(ご本人による)を書いておられるjsbyさんが、その小説に私を出演させて下さいました。
勿論、メインストーリーとは少し離れた”箸休め(jsbyさんによる)”的なシーンですが、ブログ上の雨漏りを脚色して、私としては、かなりいい役を貰ったと喜んでおります。
ついでに、家人Tも出演させて頂いてます。

ヒョンなことで、お知り合いになり、jsbyさんの素敵な小説のファンとして最初から読ませて頂いてきて、つい先日やっと追いつきました。
文章は勿論、挿し絵代わりに、ご自身で撮影された写真、これがまた素晴らしいんです。
さらに、ブログ小説の特色を生かして、色んなサイトの紹介もありますが、これも過不足ない頻度でなされていて、楽しませて貰えます。

ご来場の皆様には、是非ココをクリックして覗いてみて下さい。

なお、ご迷惑を省みず皆様の最新の記事にも本記事をT.Bさせて頂く場合がありますので予めご了承下さい。

d0065324_18363921.jpg
             ”NIGAOE” by Mrs.Kana
この似顔絵も、挿し絵の一つとしてUPされています。
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/2642608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bh2005k at 2006-02-05 21:18
ご出演おめでとうございます!
ご出演のご依頼があったときから、時折 jsbyさんの処を覗いていたんですよ。
ホントハ それ以前も覗いていたりもしたんですが小説は途中からではと思ってしばらく遠ざかってしまいました。
今、最初から読み始めました。(なかなか進まないのですが)。
役柄も適役で・・・さらに、似顔にいたっては、いつぞやのお顔に間違いないですね。これで、東武デパートでも間違うことはないですね。
お祝いの大福 お届けしなくては ・・・ 。
Commented by amamori120 at 2006-02-05 21:24
>チェイルさん 早速のリアクション、有難うございます♪ 
写真の方と、どちらがいい男ですか? なんちゃって、すんまへん。
大福、お待ちしています。お返しに、西武の三省堂内カフェのワッフルご馳走します。
Commented by SNOOPYヾ(*^-^*) at 2006-02-05 21:49 x
,,,,,,,,,((((ノ*σ∇)ノキャァ~~~ッ☆
素敵ぃ~☆
っそしてぇぇ“似顔絵”本当っそっくりですよねぇぇ
。・:*:・(*-ω人)。・:*:・ウットリ

SNOOPYもっ雨漏り書斎さま♪みたいにっいつまでもぉぉらびゅらびゅ♪なご夫婦になりたいですぅぅ(*^^)人(^^*)
Commented by amamori120 at 2006-02-05 21:56
>SNOOPYさん お早いお着きで www アナタも是非37th以上の anniversaryを迎える夫婦になって下さい ♪
Commented by kurakurachaya at 2006-02-05 22:17
雨漏り師匠、そして奥様ご出演おめでとうございます。
実はお知らせの前に既に読ませて頂きました。
jsbyさん、洒落のきいた楽しい方ですね♪
私ももちろん雨漏りご夫妻にお会いしたことはないのに、
なんかお二人の雰囲気が良く出てる~(あくまで想像ですが。。)と
楽しく読ませて頂きました。
まあ~お二人の似顔絵もいいですね~♪
ほんわかいいお顔~! ステキなご夫妻ですね、きっと。

Commented by amamori120 at 2006-02-05 22:38
>chayaさん ありがとうございます。 家人T、ほんとはあんなに、お淑やかじゃないんですよ。 私が甘党になったのは、家人Tの、あんこ顔のせいなんです。 なにせ、餡蜜屋で口説いたのですから。www
Commented by RUE_xx at 2006-02-05 22:58
雨漏りさん、ご出演おめでとうございます♪ご登場の仕方も、いつもブログ上でやりとりさせて頂いている雨漏りさんの雰囲気が良く出ていて、楽しく読ませて頂きました。ご夫婦の似顔絵も素敵です。きっと似顔絵のままの温かいご夫婦なのでしょうね。久しぶりに和みました。ありがとうございました。
Commented by blackberry_tea at 2006-02-05 23:10
雨漏りさんの出演シーン読みました!
「雨漏りさん」て名前そのままでご出演だったんですね^^
なんだかとても微笑ましい感じがしました!!
そして、とても不思議な感じでした。
Commented by ke-kosan at 2006-02-05 23:42
ご出演おめでとうございます☆
私はご出演なさった箇所しか読んでませんが
舞台は鎌倉なのですね。
ぜひ行ってみたい都道府県のひとつです。
Commented by amamori120 at 2006-02-05 23:49
> RUE_xxさん ありがとうございます。 ブログ上だけのお付き合いなのに、”らしく”描かれていますね。 楽しんで頂けたようで嬉しいです。
Commented by amamori120 at 2006-02-05 23:50
>blackberry_teaさん ありがとうございます。
そして、とても不思議な感じでした。 < 実は私も、そうなんですwww
妙な感じですよ。
Commented by amamori120 at 2006-02-05 23:53
>けーこサン  ありがとうございます。 東京、鎌倉、大阪が、これまでの舞台になってます。  御陰で私も鎌倉のこと、多少詳しくなりました。
Commented by yuriey55 at 2006-02-05 23:57
早速小説、雨漏りさんの登場している所だけ読んできました!
なんと、そこで一大発見をしてしまったのですが、、、、
雨漏りさんって、男性だったのですね!
私には、雨漏りさんを知る意義のある小説でした~!
Commented by かな at 2006-02-06 01:05 x
まあっ小説に出演されたのですね!素敵です~
とってもおもむきのあるブログですね~じっくり読ませていただきたいです。
そして 似顔絵もUPいただいていて!
ちょうど今日、年賀状の整理をしていて 
雨漏り書斎さんからいただいた年賀状を眺めて
嬉しくなっていたところです。
本当に、魅力的なご夫婦で うらやましい!
Commented by jsby at 2006-02-06 01:07
amamori師匠、こんばんは。遅いお着きで失礼いたしました。夫が仕事の資料作成でPCを占領しておりましたので、ただいま参上の状態です。

そして師匠のファンの方、amamori師匠の出演シーンを、ご覧いただき
ありがとうございます。この場をお借りし、お礼申し上げます。『雨漏りさんの雰囲気が良く出ていて』・『なんかお二人の雰囲気が良く出てる~』
・『なんだかとても微笑ましい感じがしました!!そして、とても不思議な感じでした』のコメントを拝見し嬉しく思いました。そして台詞だけよりも「似顔絵」を添えてはと、アドバイスくださったのはamamori師匠なのです。似顔絵を差し挟むことで、よりリアリティが出たのではと思いました。
Commented by jsby at 2006-02-06 01:09
PS:字数制限がありますので、別コメントで入れさせていただきました。

ご覧いただきましたとおり、「冬の追憶」という物語は過酷な内容です。時折、ムードメーカー的な人物の登場が必要なのです。師匠の場合は、物語の題材になりやすいような要素を、お持ちでしたのでお願いして出演していただきました。

その要素とは「ひとつのものにこだわりがあること。そしてそれが甘い物や旨い物という身近で誰にでも経験している内容であること」・「人を包込むような器の大きさとチャーミング性があること」・「読書家でありこと」「好奇心旺盛で少年のような心を持ち続けていること」・「人を楽しくさせるエンターティメント的な雰囲気を持っていること」等から、ご出演を依頼させていただきました。
Commented by jsby at 2006-02-06 01:11
↑のuriey55さん、こんばんは。はじめまして。『なんと、そこで一大発見をしてしまったのですが、、、、雨漏りさんって、男性だったのですね!』のコメントに、自分のことのように『ニヤニヤ』してしまいました。私がamamori師匠のページを初めて訪問させていただき「初コメント」をした時のことを思い出してしまったのです。実は私も、雨漏りさんを女性だとばかり思い込んでいたのです。しかしその間違えに気付いたのは、2回目に訪問した時でした。
Commented by amamori120 at 2006-02-06 09:40
> yuriey55さん   あははは  こんなオジサンでしたwww
  引き続き、仲良くしてくださいね。 jsbyさんちへ訪問していただいてありがとうございました。
Commented by amamori120 at 2006-02-06 09:53
>kanaさん ありがとうございます。いつ初めてNIGAOEにお邪魔したのか定かではありませんが、こんないいお付き合いに発展して、とても喜んでいます。 仲良しの輪もどんどん広がって、楽しいですね。
Commented by amamori120 at 2006-02-06 10:01
>jsbyさん 日曜の夜も、お仕事とは貴オット様も大変ですね。そして、その後、PCに向かわれるjsbyさん、今日は寝不足ではありませんか?
そもそも、師匠などと呼ばれるほどの者でもないのに、さらに、あんな素晴らしい小説に出演させていただくなんて、将に望外の喜びです。
これがキッカケで「四季のシンフォニー」のファンが増えるといいですね♪
Commented by ninuckey at 2006-02-06 11:20
amamoriさん、Tさまお揃いでのご出演、おめでとうございます♪
甘党キングさまならではのご活躍、楽しく読ませていただきました。
「私の持っているamamoriさん像、バッチリ当たってるや~ん!」と感じて、嬉しくなりました。

四季のシンフォニー、せっかくだから最初から・・・と思い、1話に戻ってブックマークしました。日々の楽しみに、ゆっくり読ませていただきます。
ご紹介、ありがとうございました^^
Commented by pecochan77 at 2006-02-06 12:56
ネットではいろんな試みがあるのですね~
雨漏りさんご夫妻が登場の小説!これはぜひ読ませていただかなければ!早速うかがわせていただきます。^^
Commented by nagayades at 2006-02-06 13:40
jsbyさんの小説、読ませていただきました。
ご出演おめでとうございます。ご自身が小説に登場するのって
どんな気分なんでしょう。知っている方が登場人物になっているのを
読むとフィクションのような気がしてしまいます。
写真が挿絵になっているのもとても面白い趣向ですね。
Commented by mitsuki_mugen at 2006-02-06 17:02
「四季のシンフォニー」ヘのご出演おめでとうございます!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
ネットのつながりならではのお楽しみですね♪
こんな楽しみ方があったとは、私もオドロキです。

これからも、甘党ぶりを発揮して、各方面にその名を轟かせて下さいね~!
Commented by jsby at 2006-02-06 19:13
雨漏り師匠、あるがとうございます。ご紹介くださったおかげで、ブログの輪が広がりました。これまでは、私の書くものは長編ですので、時間のない人や途中からご覧いただく方には申し訳ないと思い、限られた方々としかネット交信していませんでした。私はどちらかと言うと、群れるのが大好きで、「ちょっとこれおもしろそう」と思うと、すぐ行動に出るタイプです。好奇心が旺盛なので、楽しいことが大好きです。そういう意味では少年の心の面影をのこしつつ大人になったような師匠と似ているような気がします。次回の更新のさわりにまた、登場していただきたいと思っています。
予定としては、脚本家遠山誠が「作」の水難事故復帰作として「赤い海」というドラマを書いたことを、覚えている設定にさせていただこうと思っています。友情出演よろしくお願いいたします。
Commented by Theo_C at 2006-02-06 22:15
拝読して参りました。
奥さまとご一緒に ピッタリの役どころでしたのね。
これから足繁くお伺いして 遡って読ませて頂こうと思います。
↑次回予告がのってますね。楽しみに伺わなくっちゃ!
Commented by amamori120 at 2006-02-06 22:53
> ninuckeyさん ありがとうございます。 最初から読んでくださるとのこと、jsbyさんになり代わって重ね重ね御礼を申します。
Commented by amamori120 at 2006-02-06 22:55
> pecochan77さん  さっそくお聞き届けいただき、ありがとうございます。 楽しんで頂けると思います♪
Commented by amamori120 at 2006-02-06 22:58
>長屋女王さま お運びいただきありがとうございます。
実物より相当脚色されているので、面映ゆいような、くすぐったいような気がしています。
Commented by amamori120 at 2006-02-06 23:01
>mitsuki_mugenさん  ありがとうございます。 ブログならでは楽しさを味わっています。 当分止められませんね。
激励のお言葉、痛み入ります。
Commented by amamori120 at 2006-02-06 23:05
>テオさん ありがとうございます。 素人役者としては、あんなところでしょうか。 本当は、主役として大恋愛をやりたかった・・・冗談ですwww
また、出させて頂けるようなので、ご期待下さい。
Commented by amamori120 at 2006-02-06 23:15
>jsbyさん 拙記事で「四季のシンフォニー」ファンが増えそうな様子。
誠にご同慶の至りです。 賑やかなブログになるといいですね。
それに又出演させて下さるとのこと、ありがとうございます。
家人T共々頑張ります♪
Commented by jsby at 2006-02-07 01:17
師匠、大変な賑わいですね。私もびっくりです。次回はまじめに博識家としての一面を演じていただきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。<m(__)m>
Commented by amamori120 at 2006-02-07 08:00
>jsbyさん  私も紹介のし甲斐があったと嬉しく思いますが、「四季のシンフォニー」が、それだけ魅力があったということだと理解しています。

ホントはオッチョコチョイなオジサンが、はまり役なんでしょうが・・・
Commented by bricolage at 2006-02-07 16:33
amamoriさん、遅ればせながら、今、少しだけjsbyさんの所へ
お邪魔してきました。
おもしろ〜い、皆さんおっしゃるように何とも言い難い不思議な感じがいたします。実存のamamoriさんがフィクションに思えて来たりして(笑)。いずれにしてもゆっくり時間をかけて拝読させて頂きます。

つゆの
Commented by at 2006-02-07 22:16 x
ヾ(^▽^ノわぁ〜い
雨漏りさん、ご出演オメデトウございます〜♪
続きも読ませていただかねば〜♪(どら焼き食べながら〜
Commented by amamori120 at 2006-02-07 23:33
>つゆのサン  お加減は如何ですか?もう大丈夫ですか?
ご無理は禁物ですぞ。
私も、どちらがヴァーチャルかリアルか判然としなくなってきましたww
Commented by amamori120 at 2006-02-07 23:34
>杏さん ありがとうございます。 もう1回、出演の場があるようですから、お楽しみにい。 どらやき、足りてますか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-02-05 18:02 | あれこれ | Trackback | Comments(38)