豆の豆源  豆源の豆

「東京の和菓子」によれば 「豆源」の創業は慶應元年(1865)。江戸の下町で屋台荷車を引いて炒り豆を売っていた初代・駿河屋源兵衛が麻布十番に大きな日傘のある店を構えた。それから百三十年、「豆源」の豆菓子は”庶民のお菓子”として、いまも親しまれている。

またもやpeco様に食発されて、東京駅一番街店を訪れました。
まさに、豆、豆、豆・・・・豆だらけです。
約50種類あるそうです。

どれを買おうか、目移りしてしょうがないんですが、結局コレに↓
d0065324_20302016.jpg
d0065324_20303389.jpg
これには”豆千代”なる銘が付けられています。
d0065324_20294910.jpg
こんな綺麗な箱に入れてくれます。
d0065324_20354948.jpg
珈琲館で貰ったお皿・・・バレてます?
d0065324_20361629.jpg

「和菓子彩彩」でも当然採り上げられていますが、著者の仲野欣子さん、オススメの”塩おかき”もgetしました。
d0065324_2042093.jpg
d0065324_20421538.jpg
この、おかきも後をひきますよ。

ついでに我が家の節分用です。
d0065324_20461743.jpg
家人Tは29粒、私は39粒頂きました。   嘘っ
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/2633626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by komu-g at 2006-02-03 22:25
豆源といえば揚げたての「おかき」どす。
ここの近所には元祖鯛焼きの浪花屋があります。♪毎日毎日ぼくらは鉄板の~♪モデルにもなっとりますな。真夏でも大行列にはたまげます。
冷房のない店内では氷も最高っ!!ヤキソバも隠れた名物どす。
Commented by pecochan77 at 2006-02-03 22:54
こんばんは
節分に豆源、ぴったりの記事ですね~
買われたお豆、どれも美味しそう!
箱もとっても可愛いですね。^^
Commented by ke-kosan at 2006-02-03 23:08
色んな豆があるものですねぇ。
ところで、雨漏りさんは「豆まき」はなさいましたか?
我が家はしましたよ。
もちろん豆まき用の豆をまきましたが、↑のような美味しそうな豆をまいたら鬼は逃げるどころか寄ってきそうですね~。

Commented by 鱧男 at 2006-02-03 23:09 x
ぼくの住んでいたのは吉田山なので、節分は吉田神社ですごしました。
お豆もいろいろでしたね。お蕎麦も必ず食べました。年越し蕎麦は昔は節分の日に食べるものだったらしいです。それに酒蒸し饅頭も食べたなあー。毎年のことなので、お店の人とも顔見知りだったりもしました。
それくらい、知らない人とも話す子どもでした。
豆を食べて、豆に暮らしましょうと言われたものです。
Commented by jsby at 2006-02-04 00:55
今日は節分でした。鎌倉も、鎌倉五郎本店より少し八幡様に向かって歩いた道の反対側に「鎌倉まめや」というお店があります。ここも人気店のひとつです。私も鎌倉に行くと、必ずここのお店に立ち寄ります。種類も多くて、一袋が200円から250円と手頃なのも人気の秘密です。私が一番好きなのは塩まめです。父がビールのつまみとして大好物だったこともあります。ここの豆は品質もよくて、とてもおいいしいですよ。また再度、鎌倉にお出での際には、立ち寄ってみてください。

師匠がご紹介してくださったお豆も塩おかきも、皆おいいしそうですね。今年の節分用の豆は、わざわざ鎌倉まで出かけて「鎌倉まめや」の豆を買ってきました。

ところで、お待たせいたしました。先程、「冬の追憶No.22-17~18」の2稿を更新いたしました。師匠の出番も大変、多くしてあります。後ほど、ご覧になってみてください。でも多分に、私の想像で脚色していますので、くれぐれもお気を悪くなさらないでくださいね。<m(__)m>
Commented by moimoi at 2006-02-04 01:31 x
今日というか昨日になってしまいましたが、仕事仲間と丁度「豆源」の話をしてたんですよ~、節分の豆というのもありますがタイムリーなんでちょっと嬉しくなります・・
お豆が一粒一粒しっかりしてていいですね。それに綺麗な箱に入れてくれるのもあったりと魅力的です~!
Commented by sweets25 at 2006-02-04 01:57
梅落花ってきれいなネーミング&可愛らしいお色のお豆さんですねー。
おかきも最近食べてない!夜中なのにお腹空いちゃいましたよ・・・。
お豆はうちじゃ、私がスーパーで105円のバラ入りを買ってしまったのですが、主人が掃除がタイヘンだ~と渋い顔でした。あーあ。どうせお豆さん買うなら、こういう可愛らしいのを買えば良かったナァ・・・。
Commented at 2006-02-04 04:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ninuckey at 2006-02-04 04:17 x
そうか~、節分なんですねー(すっかり忘れてました(^^ゞ)
どのお豆さんも美味しそうですが、胡麻大豆が気になります。
塩おかきもさっくりと・・・きっと、ビールの肴にぴったりですね。
Commented by kurakurachaya at 2006-02-04 10:56
豆源、東京駅一番街街店というのがあるのですね。
今週は上京の予定があるので、私もこのお豆さんと塩おかき、必ずや
getします! たのしみ、たのしみ~♪
それにしてもお箱も江戸~っていう感じ出てますし、豆千代という命名もなんとも小粋なお豆さんではありませんか~
Commented by bowie94 at 2006-02-04 15:07
豆菓子って手が止まらなくなっちゃいますねえー。
写真の『おとぼけ豆』、名前がカワイイです。
このお菓子のどのへんがおとぼけなのかしら^^
お煎餅も好きですが、おかきあられも大好き。豆と一緒にカリポリ
これまた手が止まらない組み合わせですね。
ダイエッターの大敵!な罪なブログです、恨むわ師匠・・・(泣)

それにしても、豆の数!まったくもー、だめよ、ごまかしちゃ!
え?私?私は『毎年28!』・・・一番嘘つきです。
だから『福』が寄ってきてくれないのです。
Commented by amamori120 at 2006-02-04 18:50
>komu-g 宗匠  麻布十番の浪花屋、人形町の柳屋、四谷のわかば が鯛焼き御三家と言われるそうですね。 実は、今日、10円饅頭を求めて本八幡駅周辺をうろついたのですが、とらやという和菓子屋さんがあって、鯛焼き買いの客が寒風もものかわ10人以上並んでましたよ。
Commented by amamori120 at 2006-02-04 18:52
> pecochan77さんには、いいお店を教えて頂いたと多謝です。
また色々教えてくださいね。 
Commented by amamori120 at 2006-02-04 18:56
>けーこサン  ウチは、子供達が小さい頃、2,3回撒いたくらいです。
一番下の、いい加減な豆は勿論、豆源の豆も勿体なくて撒けません。全部、頂いてしまいました。ww
Commented by amamori120 at 2006-02-04 19:02
>鱧男宗匠  モノの本によれば、節分つまり節を分けるこの日を正月扱いする時代、地域があったそうです。 蕎麦と言えば、京都はやしやのニシン蕎麦食べたくなったなあ。 貴兄の子供時分を想像しています♪
Commented by amamori120 at 2006-02-04 19:07
>jsbyさん 「鎌倉まめや」さん しっかりインプットしました。暖かくなったら、鎌倉食べ物散歩に出かけてみましょう♪
後ほど、お邪魔します。
Commented by amamori120 at 2006-02-04 19:12
>moimoiさん  それは偶然ですねえ!
豆源さん、130年の伝統を感じさせる豆でしたよ。 仰有るとおり、一粒ずつ丹精した・・・という感じです。
Commented by amamori120 at 2006-02-04 19:18
>sweets25さん ほのかな梅のかほりが堪りません。逸品ですね。
貴家は、お子様がお小さいから、伝統行事を見せてあげられたのは正解だと思います。  豆源、チャンスがあれば、一度お試しを。
Commented by amamori120 at 2006-02-04 19:19
>鍵コメさん at 2006-02-04 04:12  勿論ちゃんと覚えておりますよ。 よかったですね。 後ほど伺います。
Commented by amamori120 at 2006-02-04 19:22
> ninuckey さん   そうですね。オハイオでは当然豆撒きはありませんね。  家人Tが一番たくさん食べたのは胡麻でした。たしかにビールのお供にはピッタリかも。
Commented by amamori120 at 2006-02-04 19:26
>chayaさん 大丸の地下の隣です。  130年間、磨きに磨いた技が生きてますね。 是非、お立ち寄り下さい  って豆源の販促要員みたいwww
Commented by amamori120 at 2006-02-04 19:35
>ヤッホーさん 俗に、落花生のことを、後引き豆と言いますが、ここのはすべて後をひいてしまいます。
青っぽいお皿に入れた写真にご注目下さい。中心のすぐ右に、とぼけた顔の豆クンが一人居るでしょう? ここから来たんじゃないでしょうか?
それから、豆の数、さすがヤッホーさん、ちゃあんと突っ込んでくれましたねwww
Commented by nagayades at 2006-02-04 20:14
お豆のお菓子って本当にあとひきますね。
子どもの頃、紅白を見ながら家族中で落花生を食べまくって
家族中で大変なことに(お腹が)なった覚えがあります。
箱もとってもきれいです。食べ終わった後何に使おうか
考えてしまいますね。
Commented by amamori120 at 2006-02-04 22:02
>長屋女王さま  まさにその通りで、食べ出すとなかなか止まりませんね。 貴家と同様の経験、何度もありますwww
家人Tも、この箱が気に入ったみたいで、いまだに食卓の上に置いて眺めていますよ。
Commented by x_SNOOPY_x at 2006-02-05 10:17
SNOOPYは炒り大豆大好きぃっ☆
っなんで、節分まえにっコンビニでゲットしても…
直ぐに無くなっちゃいました( ̄~ ̄) アムアムッ...
毎年っ町内全員分の豆の数食べてりゅかも(爆自爆)
Commented by amamori120 at 2006-02-05 18:32
>SNOOPYさん お豆さん、大好き人間ですね。
炒りたての大豆、おいしくてどんどん食べちゃえますね。
ウチも、一番下の写真の分、完食でしたww
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-02-03 20:50 | フーズ、グルマン | Trackback | Comments(26)