不昧公お好み お菓子撰

d0065324_2222717.jpg

不昧公没後200年を記念して、天下の名店 雲州松江の風流堂サンが不昧公好みとされる菓子を昔通りの方法で作りました♪










そもそも不昧公とは松江藩第7代藩主 松平治郷さん(1751~1818)のことで、平成30年(2018)が没後200年となります。  藩政改革の実を揚げ、出雲焼きを復興、松江塗りを奨励、藩校明教館を創設しました。
茶人としては一派を開き石州流不昧派と称しました♪
 
同期の有名人としては 鷹山 上杉治憲さん(1751~1822)がゐますね。二人とも「治」が共通してますが、これは江戸幕府第10代将軍 徳川家治さん(1736~1786)に因むものと思われます。





d0065324_22514572.jpg



d0065324_22525116.jpg




d0065324_22542325.jpg


d0065324_22544211.jpg


d0065324_225586.jpg


古代山川

不昧公御好随一と称せられる「山川」は長く途絶えておりましたが、大正時代に弊堂に2代目が復活致しました 「散るは浮き・・・・」を引歌に山川は紅白に対をなしたおります 赤は山または紅葉を、白は川を表しており、不昧公の時代には季節によって紅白を上下にして楽しんだと伝えられております また山川が日本三銘菓と称されるのは、お茶を引き立てる、しっとりした食感にございます 古代山川はその風味を一層引き立てるため讃岐の和三盆糖を用い、いにしえの姿を求めました








d0065324_2392823.jpg



d0065324_2395246.jpg



d0065324_23101560.jpg



玉 水

玉水の原義は「玉のように美しい水」とのこと その姿は、玉のように美しい水が玉石を縫って流れるせせらぎを表現したものと思われます 弊堂は永年玉水を作ってまいりましたが、主としてそれは数奇者のご注文や特別な折りの贈答品でありました 不昧公の茶会記にも度々登場します玉水の馥郁とした香りと風味の良さをご賞味いただきたく製作いたしました







d0065324_23204151.jpg



d0065324_23372118.jpg



d0065324_23213261.jpg



d0065324_2322245.jpg



いろは煎餅


不昧公からさらに100年以上前の利休のお茶会には「ふのやき」というお菓子が登場します 古来多くの研究者がその実像をめぐって推量を重ねてまいりましたが、現在では小麦粉を水で溶き焼けた鉄板に垂らして焼き上げ味噌を付けたものとの結論のようです さて、いろは煎餅は似たような方法で製作したお菓子ですが素朴な中に懐かしい雅味が感じられます 弊堂では不昧公好みとして、お茶席用にお客の注文に応じてまいりました ただ不昧公の茶会記には、未だその菓名を見ておりません



       青字は風流堂サンの栞から
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/26209489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by └|∵|┐高忠┌|∵|┘ at 2017-12-07 11:01 x
現代の和菓子よりも
ずうっとシンプルだけど
なにか・・誘う・・
なんだろう?
Commented by こりす at 2017-12-07 12:32 x
ほんとに美味しそう〜〜♪アンドいろは煎餅すっごい可愛いですよね〜!煎餅と言ってもちょっとおまんじゅうみたいですね!ふっくらして美味しそう♪
Commented by yattokamedagaya at 2017-12-07 19:39
古代山川も玉水も、想像以上に美味しいんでしょうね。
いろは煎餅は僕も饅頭に見えました。
小麦粉を水で溶き焼くとは、パンケーキやおやきのようなもの?
煎餅と言うんだから堅いんですよね。
Commented by イヴォンヌ at 2017-12-07 20:16 x
不昧公さすがですね~
お茶菓子の発祥なのでしょうか?風流堂さんならではのチョイスですばらしいですね♪

https://astro.enterprises/
Commented by みのこ at 2017-12-08 17:31 x
たった一度だけ出雲に旅行した時、息子が飛行機代から滞在費も出してくれて後にも先にも一度だけ、その時松江のお菓子もお土産に買って来ました。あの品の良い甘さ~(^^♪
Commented by idokichi at 2017-12-10 15:39
お菓子と言えどいろいろ作法があるもんですな。
奥が深くて、美しいですね。もっと極めてくだしゃれ。
Commented by Hsrolayqq at 2017-12-10 16:46
こんにちわ
奥が深いですね。
食べるときはまさに至福の時です。
Commented by ♥ junjun at 2017-12-10 20:44 x
🎵シンプルな良さが でてますね。
玉水 見るからに柔らかい感じ...
どれも、 趣向がありますね。
Commented by ひろし爺1840 at 2017-12-11 09:40 x
◆頂いたコメントや応援ポチのお礼とブログ再開のお知らせ~!
☆(^_-)-☆雨漏り書斎人さん、お久しぶりで~す!
11月下旬に熱が出て主治医に見て貰った所、心筋梗塞の疑いが有るとの事で急遽総合病院に入院する事になり検査結果「心筋炎症」と判り治療して来ました。
一昨日、退院し自宅療養となりました。
頂きましたコメントや応援ポッチのお礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
本日よりブログ投稿を再開しますので今まで通りお付き合いのほど宜しくお願い申しあげます。

☆彡今日のまたゆっくりと見せて頂きますネ。

(^◇^)今朝のMyBlogへのお誘い<⇊⇊>
・入院前に編集した、岩国観光紅葉狩りをアップしましたのでお付き合い頂ければ幸せま~す!
また、ご覧頂いた感想コメントも楽しみにお待ちしていま~す!
◇今日はお礼とお知らせで失礼させて頂きま~す!それではまた水曜日に・・・バイ・バ~ィ!
Commented by rabbitjump at 2017-12-11 16:46
昔通りの方法で、、本当に奥が深いですね。
重みを感じます。
お茶も、なおの事美味しく感じられるのでしょうね。
Commented by KawazuKiyoshi at 2017-12-12 12:00
素晴らしいお菓子のようですね。
お茶はしませんから
私は普通の茶菓子で十分です。
ははは
山口は田舎ですから新刊の本は、だいぶ遅れてでしか手に入らないのですよ。
兼好法師という本を読みたいと思ったのですが
新説も面白そうです。
本のことならamamoriさんに聞くのが一番ですよね。
ははは
今日もスマイル
Commented by amamori120 at 2017-12-13 21:58
>└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん   こんばんHA
お早いお着きありがとうござんす
レスが遅れましたぁ

18世紀のお菓子ですが一代の粋人の お気に ですからぁ♪ 
Commented by amamori120 at 2017-12-13 22:00
>こりすさん   こんばんHA
レスが遅れてスンマヘ~ン

フィルはアンコ 薄くてやや堅い饅頭みたひです
一口タイプでたべやすいです♪
Commented by amamori120 at 2017-12-13 22:03
>やっとかめさん   こんばんHA
レスが遅れてスンマヘ~ン

チャンスがあれば また お届けを~

構成は饅頭ですが、やや堅いです♪
Commented by amamori120 at 2017-12-13 22:06
>イヴォンヌさん   こんばんHA
レスが遅れてスンマヘ~ン

茶道の一派を開いた不昧公の お眼鏡にかなったお茶菓子ですからねぇ♪
Commented by amamori120 at 2017-12-13 22:08
>みのこさん   こんばんHA
レスが遅れてスンマヘ~ン

なんとまぁ親孝行なご子息であることよ♪
城下町のお茶菓子はすべて上品ですよねぇ♪

Commented by amamori120 at 2017-12-13 22:12
>井戸吉画伯   こんばんHA
レスが遅れてスンマヘ~ン

寝転んで喰う菓子もあれば風流堂サンのお菓子のやうに背筋を延ばして頂くべきものもあります♪
風流堂サンの一層の発展を祈る拙ですぅ
Commented by amamori120 at 2017-12-13 22:15
>理恵さん   こんばんHA
レスが遅れてスンマヘ~ン

茶の湯同様 お茶菓子にも奥深いものがあります
その伝統を継承する 技術、思想 それらを受け継いでの菓子造り 大変な業かと~♪
Commented by amamori120 at 2017-12-13 22:19
> ♥ junjun さん    こんばんHA
レスが遅れてスンマヘ~ン

一番見て頂きたい方に見て頂きましたぁ♪

不昧公お好み菓子を見事に伝承されてると思いますヨ♪
Commented by amamori120 at 2017-12-13 22:22
> ひろし爺1840さん   こんばんHA
レスが遅れてスンマヘ~ン

Oh my !!!!
大変な目に遭われたんですねぇ (>_<)
たかがブログですから ユックリと休養、加療に専念されますやうにぃ   お大事に <(_ _)>
Commented by amamori120 at 2017-12-13 22:26
>ラビットさん   こんばんHA
レスが遅れてスンマヘ~ン

18世紀のお菓子の復元 大変な作業だったと思います
風流堂サンは古い家系のお宅のやうですから古文書などは残っていたのでせうかねぇ
技術もないと伝承出来ませんネ
Commented by amamori120 at 2017-12-13 22:36
>マエストロ・kawazu こんばんHA
拙、なにを隠そうKG茶道部で表千家を少しだけ囓りましたが学生の身の上でしたから風流堂サンの銘菓に相当するお茶菓子などとてもぢゃないがとてのぢゃなかったぁ^^;

日本三大随筆のなかでも徒然草がいっち好みです
ゴマンと関連本が出てますね  やはり岩波文庫あたりがBESTなのでは?

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by amamori120 | 2017-12-06 23:40 | 甘党キングダム(風流堂) | Trackback | Comments(22)