新年の俳句と詩

新年にまつわる俳句、詩をいくつかご紹介します。

☆屠蘇の香によはいかさねてはなやげる (松野加寿女)

☆鶯やささやいてとる歌がるた (木導)

☆をけら火のこぼれて遠くちりにけり (小西米太)

☆数の子を噛む音風のなかりけり (野村喜舟)

☆とし玉や抱ありく子に小人形 (召波)

☆紅白の切山椒を打ち重ね (増田手古奈)

☆振り出しへ戻りて遠き絵双六 (山口幻花)

☆寝正月大和島根の浮くままに (中島月笠)

☆わすれては眼鏡拭ふや初暦 (也有)

☆世のさまのしかはあれども初日影 (富安風生)

☆初暦知らぬ月日の美しく (吉屋信子)

☆書くことは去年と似たり初日記 (あつし)

★新年来たり
  門松は白く光れり。
  道路みな霜に凍りて
  冬の凛烈たる寒気の中
  地球はその週暦を新たにするか。(萩原朔太郎)


d0065324_0531863.jpg
マンリョウの実も、こんなに赤くなりました。
d0065324_254417.jpg
                    (11月中旬)

初暦
d0065324_8413756.jpg
イラストの下のメッセージ;子どもたちに明るい未来を届けてあげたい・・・今と未来、確実につながっている。

 
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/2464928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by CHEDS at 2006-01-02 01:31
あのね、昨日も今日も新年のご挨拶いただきました。
こっちにも挨拶に来い、ってことなのかしらと思い、遅ればせながら参りました。

あけおめ、ことよろ。
Commented by amamori120 at 2006-01-02 01:35
>CHEDSさん あれっ そうでしたか。 アルツが大分進行しているようですwww 
チョ・ド あけおめ、ことよろ。
Commented by CHEDS at 2006-01-02 01:47
御大事に。
Commented by amamori120 at 2006-01-02 01:53
> CHEDSさん ありがとうございます。
Commented by 鱧男 at 2006-01-02 09:50 x
まだ三が日内やから、ぼくも「雨漏り師匠、あけおめ、ことよろ」。

やはり萩原朔太郎はスケールが大きいですね。
Commented by amamori120 at 2006-01-02 11:27
>鱧男宗匠 鸚鵡返しですが、あけおめ、ことよろ。 www

萩原朔太郎についての貴・コメント 流石です!
Commented by jsby at 2006-01-02 11:38
昨日は主人の実家へお年始に行き帰宅が遅かったので、訪問も
「新年のご挨拶」もできませんでした。
上の俳句と詩の中で松野加寿女と吉屋信子の俳句が、なんとなく
好きです。また萩原朔太郎の詩も余韻があっていいなあ~と思い
ました。日本の俳句って、短い句の中にメッセージや季節の風景
そして人の心のさままでを凝縮して、すごいなあって思います。
Commented by amamori120 at 2006-01-02 14:26
>jsbyさん さっそくの本格的なコメント有り難いと存じます。
”屠蘇の香・・”老女の色気みたいなものを感じます。いいですね。
俳句のことを桑原武夫さんだったか、第二芸術だと貶めた人がいましたが、私は、優れた俳句は優れた芸術的表現だと思っています。
Commented by revenouveau at 2006-01-02 15:18

あらたまのながきみじかき一秒や    (さえら)

08:59:60があったことし(2006.01.01.)、
一瞬一瞬を、大切に生きていきたいと思います。
「今と未来」をつないでいる、この「一秒」を。
未来からの贈りものでもある、子どもたちのためにも。
Commented by amamori120 at 2006-01-02 16:57
>さ・え・らサン いや、さえら宗匠 ありがとうございます。

このカレンダー 毎月初めに掲示しますが、環境問題など意味の深いメッセージが記されています。
Commented by haruntoti at 2006-01-02 20:18
明けましておめでとうございます。
似顔絵年賀状、とってもステキなご夫婦だと見とれてました。
私たちはすっとこどっこいで まだなんとか続けられていますが、いつかamamoriさんと奥様のようになれたら・・・という野望を持って 今年も仲良く喧嘩したいと思います。
(夫婦を長く続けるコツというか秘訣があるとしたら、何でしょうか・・?)

俳句も漢字も読書も 一緒には楽しめない私たちですが、食べ物の写真は共に眺めさせてもらっています。
いつかは夫に日本語学の素晴らしさをスパルタ教育・・・!
(あちらはあちらでアラビア語のスパルタを考えているのかも)


Commented by yuki_daruma12 at 2006-01-02 20:34
おくればせながら、、、あけましておめでとうございます。
今年も虫歯と血糖値に注意しながら、お互いに美味し一年になるように、がんばりましょう!  ^^;
Commented by Theo_C at 2006-01-02 21:46
あけましておめでとうございます。
ポップなカレンダーですね!! 毎月紹介していただけるんですか?
楽しみに伺います~。
今年も宜しくお願いいたします。
奥様にも 宜しくお伝え下さいませ。。。
Commented by 鱧男 at 2006-01-02 22:16 x
雨漏り師匠、このカレンダーですね。もしよかったら、詳細をお願いいたします。

萩原朔太郎のスケールにあやかって、私めも、スケールを大きくと。
本日upしたのは、『落語・月世界旅行』です。おこしくださいませ。
Commented by loja-de-feliz at 2006-01-02 22:27
あけましておめでとうございます!

遅ればせながら、素敵な年賀状、拝見しました↓↓
まだまだ、些細な事でモメたりと、まだまだ未熟な夫婦なので、
私も、amamoriさんのような素敵なご夫婦になりたいです★

今年も宜しくお願いします(^^)
Commented by amamori120 at 2006-01-03 00:02
>haruntotiさん 明けましておめでとうございます。
ウチは今でも小競り合いを続けてますが、これがガス抜きになっているのかも。  気が付いたら、今になってました。 お宅様は双方の努力なしでは、夫婦関係の維持がむずかしいという刺激に満ちた状況でしょうか。
マンネリになる暇もないですね。 どうか、偕老同穴を目指してください。
Commented by amamori120 at 2006-01-03 00:05
> yuki_daruma12さん  明けましておめでとうございます。
虫歯と血糖値に注意しながら <何よりのアドヴァイス、有り難く受け取りました。 今年も、よろしく願います。 
Commented by amamori120 at 2006-01-03 00:09
>テオさん 明けましておめでとうございます。 カレンダーは、沢山get出来る位置にいるんですが、これが気に入って卓上に置くことにしました。
今年もよしなに願います。
Commented by amamori120 at 2006-01-03 00:16
>鱧男宗匠  このカレンダーの大きなテーマは”みんな、つながってる”
KEEP THE EARTH !です。   詳細は、別記事でUPしたいと思います。 のちほど伺います。
Commented by amamori120 at 2006-01-03 00:24
>felizさん 明けましておめでとうございます。 haruntotiさんへのレスにも記しましたが、ウチはまだ生々しくて(変な意味じゃなく)、しょっちゅうぶつかっているんですよ。 年も1才しか違わないので、お互いに遠慮というものがないんです。  娘共が嫁いでしまい、二人っきりだから、基本的には仲良くするしかないんですよ。ww

anyhow、今年もよろしくお付き合い願います。
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2006-01-02 00:55 | あれこれ | Trackback | Comments(20)