NATURAL (自然)

マガジンハウスから出ている雑誌で「鳩よ!」というのがあるそうです。
これの俳句欄の枠をはずして、短文ならなんでもどうぞ、とやったところ、何万という投句があるそうです。これは ”創句(ソーク)” と名付けられています。不定型の自由詩ですね。
ソープ(ランド)派の小沢昭一サンに対抗して、永六輔サンのことをソーク派と、筑紫哲也サンが命名しました。
永 さんが選者となって、面白い、と取り上げた中から、さらに雨漏りが面白い、と感じたものを、ご紹介します。
分野ごとに紹介していきますが、今回は NATURAL(自然)です。

☆桜より 散らす風になってみたい

☆含羞は花に在り

☆春雨に濡れて子猫の梅の足

☆草の先をつかんでないと
  真っ青な空に墜落しそうだ





☆薔薇と向かい合う楽しさ辛さ

☆露草の青なんかずっと忘れてた

☆突然の夕立道路がぐつぐつと煮えている

☆大粒の天気雨
  立ち昇る大地の匂い

☆母猫の後ろ姿と雨あがり

☆四階のベランダに蛙が居る不思議

☆さみだれを集めて濁る唯の川

☆カンからはじけた夏の音

☆左手首の白い輪・・・・・夏

☆夏が来る、ちゃんと来る

☆七転び転んだまま見る空の雲

☆驟雨きて、濡れたのは体 洗われたのは心

☆大股で夏が去り 小股で秋が来た

☆九月の蚊 夏の終わりを告げて刺し

☆トンボが棲んでる ホッとする

☆とんぼの眼に無数の秋

☆台風をBGMに中島みゆき

☆楊枝一本日本晴れ

☆案山子ばかよね

☆寺の鐘 柿食う稽古の 子猿かな

☆自動支払機から出てくるお金があたたかい

☆わっと泣き出す雪だるま

☆あした天気になだれ

☆月の道隣の猫と会いました

☆月は欠けても弁明しない

☆そら豆になって真っ直ぐ
  空を見る

☆午前三時半、百足(むかで)の足音

☆蛤が赤い舌出す 深夜かな

☆さかなさかな銀の目玉で夢を視る。

☆はにかむように沈む鯉

☆ね・うし・とら・う・・・・・パンダにコアラ

☆大根はいつも素足だ

☆うさぎ追いし  どの山?
  こぶな釣りし  どの川?

☆平然と不作のニュースを聞く怖さ

☆雨と風が地球を丸洗いしている

☆慈雨という酸性雨

☆地球は今も青く美しいと思いますか
 

如何でしたか? どれか面白いのはありましたか?
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/1889650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by komu-g at 2005-10-02 23:24
京都丸善が10日に閉店します。梶井基次郎「檸檬」にも登場する書店ですが、小説の中で主人公が本の上に檸檬を置いていくのを真似ているのか、そっと檸檬を置いて立ち去る客が増えているそうです。
丸善が京都に出店したのは1872年、小説に登場している店は現在よりも北にありました。「檸檬」の文庫本も1日60冊も売れていて、1000冊追加注文したとか。31歳で亡くなった梶井基次郎も驚いているでしょうね。
Commented by amamori120 at 2005-10-02 23:34
> komu-gさん ありがとうございます。京都丸善、いったいどうしたんでしょうね。景気が悪いんですね。残念なことです。
昔、染五郎(現・松本幸四郎)がTVで檸檬」に主演したのを観たことがあります。 ひょっとしてkomu-gさんも?
Commented by komu-g at 2005-10-03 00:31
お~カスリましたな。フ・フ・フ。
Commented by amamori120 at 2005-10-03 00:45
>komu-gさん  やはり フ・フ・フ  ですね?
Commented by komu-g at 2005-10-03 12:11
そう、フ・フ・フどす。
Commented by amamori120 at 2005-10-03 12:18
> komu-gさん  判りました。   フ・フ・フ・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2005-09-30 01:12 | ソーク | Trackback | Comments(6)