横山秀夫を読む 9 「第三の時効」 

d0065324_2315393.jpg
 03.2 集英社・刊   ¥1,785   05.9.19  読了

9月18日(日) 朝日新聞の書評欄で、横山秀夫「震度0」が採り上げられていました。その中で、この「第三の時効」に言及が何度かなされ、今までの所、「第三の時効」が、この著者の作品中ベストだ、最高傑作だと評価されていました。そして、「警察小説の王者・横山秀夫」とも評されていたのは、ファンとして嬉しい限りです。

本書は、表題作の他に
「沈黙のアリバイ」
「囚人のジレンマ」
「密室の抜け穴」
「ペルソナの微笑」
「モノクロームの反転」 が収められています。
いずれも、ゾクゾクするような、いいタイトルですね。

本書の各篇には、F県警本部捜査一課強行犯係各班が出演します。
命令系統を記しますと、 尾関刑事部長ー田畑捜査一課長ー各班長
                                 1班 朽木班長
                                 2班 楠見班長
                                 3班 村瀬班長

                    
「第三の時効」
武内利晴は幼なじみの本間ゆき絵をレイプし、恰度帰宅した、ゆき絵の夫を殺害し逃亡した。
それから15年が経過しようとしている。時効は目前だ。
レイプされた時に、ゆき絵は妊娠してしまい、武内は、その時の女の子が14才の中学生の娘になったことを知っている。
だから時効が過ぎれば、必ず連絡してくる筈だ。
しかし15年の時効が成立しても連絡はない。
次は、第二の時効だ。武内は事件を起こした直後に台湾へ逃亡していた。海外に居た7日間だけ時効が延びるのだ。
武内はこの規定を知っているのか?
そして7日が過ぎ、第二の時効も成立してしまった。
もう警察が打てる手はない。
ゆき絵の家や他の場所に張り込んだ捜査員達は引き揚げの準備を始める。そこへ捜査の責任者・楠見班長が来て「まだだっ」と止める。
「ホシを起訴した」というのだ。
普通、「時効」といえば、「公訴時効」を指す。つまり裁判を起こせるリミットの期日だ。その期日までに犯人を逮捕して送検・起訴となる訳だが、逮捕という手続きを経なくても犯人が特定されてさえいれば裁判所に起訴できるのだ。起訴から公判までは6日間。「第三の時効」が発生する。「第二の時効」から6日が過ぎれば、今度こそ本当に時効が完成する。
「第二の時効」くらいまでは誰でも知っているが、「第三の時効」のことなど警察関係者でも知る者は少ない。ましてや素人の武内が知っている訳もなく、はたして「第二の時効」が過ぎた翌日、武内から電話がかかって来た。そして・・・想像も出来ぬ結末が待っている!




「沈黙のアリバイ」
強盗殺人犯の片割れが裁判で自白を覆し、無罪を申し立てる。
「落とした」つもりでいた取り調べ担当の刑事は、完全になめられ、罠にはまっていたのだ。このままでは、「冤罪嫌悪派」の裁判長に無罪判決を出されてしまう。朽木班長は真実を見通すことができるのか?

「囚人のジレンマ」とは、共犯者のいる被疑者を落とすために使われるテクニックで「片割れが吐いたぞっ」と言って、当の被疑者に自白させるもの。
F県警本部捜査一課長の田畑はてんてこ舞いをしている。主婦殺し、証券マン焼殺事件、調理師殺し、この三つの事件の捜査指揮のため三つの所轄署を経巡っている。本部から各所轄に乗り込んでいる強行犯捜査係の刑事達は一筋縄ではいかない連中ばかりだ。1班の朽木、2班の楠見、3班の村瀬。彼らは課内で激しく競い合っていて、課長の田畑の言うことなど素直に聞く奴等ではない。切磋琢磨といえば聞こえは良いが、彼らの競争心は、そんなものじゃない。殆ど憎悪し合ってるといってもいいくらいだ。足の引っ張り合いはするし、相手に都合のいいネタを拾っても絶対に教えない。そんな連中でも、定年直前のベテラン刑事に花を持たせるだけの「心」はあった。。。


「密室の抜け穴」
県北で白骨死体が発見され、3班が担当させられた。2ケ月の捜査で身元を明らかにし、村瀬班長の閃きでマル暴関係者を洗った結果、ある男が浮かび上がり逮捕することに決した。ただマル暴なので暴力団対策課の顔も立てろという刑事部長の命で暴対課の刑事3人を「参加」させることにした。前の晩から14人の刑事が張り込み、翌早朝踏み込んで逮捕する予定だ。マル対が帰宅した。ところが翌朝踏み込むと男が煙のように消えてしまったのだ。凄腕の刑事達が四方から見張っているーーーつまり密室から、どうやって抜け出せたのか?
またもや横山秀夫に翻弄されてしまった。

「ペルソナの微笑」
債権の取り立てを生業とする35才の男が、アオ(青酸カリ)で毒殺された。ビールに薬を入れたのは、8才の息子だった。
勿論分かってやった訳ではなく、近くの公園で見知らぬおじさんから、足の臭いや酒臭さをとる魔法の薬だといって渡され、そのまま実行したものだ。13年前の事件だった。
隣のV県で、アオによりホームレスが殺されたという情報が入り、F県警捜査一課朽木班の矢代は命ぜられて様子を聞きに行く。そして目撃者の話から作成された怪しい男の似顔絵を見て驚いた。13年前の見知らぬおじさんが老けた顔だったのだ。では同じ男が犯人なのか?ペルソナの微笑とは?
驚くべき結末がアナタを打倒する。

「モノクロームの反転」
これもTVの放映をチラッと観たことがあります。

一家3人が刺殺された事件。
被害者は弓岡雄三36才、妻洋子32才、長男悟5才。
3班(村瀬班長)が出されたが課長の田畑は敢えて1班(朽木班長)も投入した。尾関刑事部長は反対だが、いがみ合った両班(ヤンバン ではありません)を噛み合わせれば事件解決は早まると踏んだのだ。
競争で、それぞれ勝手に捜査したところ、洋子の同級生の二人に絞られてきた。久米島は中学の教諭、持田は鳶職。
一方、被害者宅の対面の家に写真専門学校に通う少年がいて、写真を水洗いするための水槽から排水するホースの穴が、壁に3cmほど明けられているのだが、そこからたまたま犯行時刻と思われる頃に、白い車が、この壁にくっつくように停められていたのを見たという証言があった。
持田の車は白のスカイライン、久米島のは黒のまん丸いマーチ。
横山秀夫に騙されないぞっ。
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/1826343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from たいの身勝手書評 at 2006-02-26 22:54
タイトル : 横山秀夫  *身勝手ランキング*
横山秀夫の著書に対する反響が多いので、横山秀夫ベスト5を身勝手に選んでみました。人それぞれ違った意見もあると思いますが、「身勝手」ランキングなのでご容赦を。 第1位 「第三の時効」  ダントツ好きです。続編でないかな。 第2位 「クライマーズ・....... more
Tracked from hachilog2.0 at 2006-03-29 23:42
タイトル : 第三の時効
第三の時効 横山秀夫 集英社文庫 小説すばるで2002年に連載されていた横山秀夫の短編集。ひとつ前のエントリでも書いたように、警察モノは苦手だったのですが、それが完璧に覆されました。いや、もう本当に、たまらなく面白かった。個性豊かなキャラクター設定、本当に警察ってこんな感じなのか?と思うくらい、リアルな競争社会の中でせめぎあう人間関係の描写。ストーリーが展開し、事件の核心に迫るまでの警察官・犯人・その他関係者の張り詰める緊張感、心理状態を巧妙に描いています。 もう「お見事!」の一言。 そして...... more
Commented by revenouveau at 2005-09-21 17:32
横山秀夫さんの作品は、仕掛けや謎解きのおもしろさだけではなく、
登場する人物の心理の描き方で読ませるのが特徴かもしれませんね。

複数の班をつなぐ命令系統が示されているところをみると、班ごと、
または刑事どうしのせめぎあいや確執なども描かれていたりするの
でしょうか。

一概に比較することはできませんが、アメリカの警察ものにある、
複数の事件を、複数の捜査員(刑事)が追いかけるようなスタイル、
いわゆるモデュラー形式の小説に似ていますね。

あっ、もしかしたら、わたしは、amamori さんの記事を読みちが
えているのかもしれません。だとしたら、ごめんなさい。
Commented by bowie94 at 2005-09-21 19:18
はじめまして。ヤッホーと申します。
さえらさん経由でこちらを知りました。
ブログも始めたばかりの新人です。よろしくお願いいたします。

私はミステリーが大好き。
読むのは宮部みゆき、高村薫、乃南アサといった女流作家モノばかりでした。

でも雨漏りさんの書評を読んで、がぜん横山秀夫作品に興味が
わきました。
早速本屋に買いに走ろうと思っています。

甘党キングダムとフーズ、グルマンも大好きです。
美味しいものに囲まれたいい所にお住まいなんですね。
リンクさせていただいてもよろしいでしょうか。
(お初でずうずうしくてすみません)

また寄らせていただきますねー。
Commented by amamori120 at 2005-09-21 22:18
>さ・え・らサン  ありがとうございます。 手練れの小説読み(小説に限りませんが)さ・え・らサン の仰有る通りです。個人、班、課、部 これらの間の競争は確執としか言えないような状況が次々と述べられます。
Commented by amamori120 at 2005-09-21 22:24
>ヤッホーさん  いらっしゃいませ&初めまして。さ・え・らサンちからおいでになったんですね。ありがとうございます。 さ・え・らサンのは、まさに格調高い書評と言えますが、私のは通俗小説のダイジェストみたいなものですが、こんなのでよろしければ、またおいで下さい。
リンクして頂けるとのこと、願ってもないことです。当方もリンク貼らせて頂きますよ。後ほど伺います。
Commented by bowie94 at 2005-10-11 20:41
今日は子供の風邪の看病で私もお休み♪しちゃった。
おかげで「第三の時効」を一日で読む事ができました。
いやもう、なんていうか、すごい!の一言ですね。
短編集って、(たとえ大好きな作家のものでも)普通一編くらいは
つまらないのがあるじゃないですか?
横山作品は”はずれなし”なんですね。で、どれも最後の
どんでん返しがまったく予想つかなくて!!!
特に「ペルソナの微笑」が面白かったです。
あまりに面白かったので、夕方本屋にとんで行き、
「臨場」「動機」「半落ち」三冊も買い込んじゃいました。
ハマると他の事が手につかないタチなので、たぶん数日は
自分のブログ更新ができそうにもありませんwww
Commented by amamori120 at 2005-10-11 20:46
>ヤッホーさん  いや、ヤッホー・トンジ(同志)、アナタの更新を心待ちにしている一人ですが、そういう事情じゃ我慢します。
嵌ってください! お子様の看病の間に。
Commented by hachilog at 2006-03-29 23:45
はじめまして。hachilogと申します。
TBいただきましたのでご挨拶です。
それにしても、amamori120さんのHN
なんだか、プロフィールの書斎の写真に非常に
惹かれてしまいます。
リンクもさせていただきました。
今後もちょくちょく遊びにきます!
Commented by amamori120 at 2006-03-30 17:16
>hachilogさん  初めまして&いらっしゃいませ。 このレスの前に、ちょこっとお邪魔してみました。  後ほど、ゆっくり伺います♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2005-09-21 01:18 | 横山秀夫を読む | Trackback(2) | Comments(8)