”桜田門外の変”を観る

d0065324_17403150.jpg
今月4本目の映画は

桜田門外ノ変







d0065324_17405394.jpg


大沢たかお、北大路欣也、池内博之、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、西村雅彦、伊武雅刀、渡辺裕之、加藤清史郎

水戸藩士・関鉄之介(大沢たかお)は、妻ふさ(長谷川京子)と息子の誠一郎(加藤清史郎)に別れを告げ、徳川幕府の大老・井伊直弼(伊武雅刀)を討つために故郷を出た。総勢18名が実行部隊として集結し、鉄之助はその指揮を命じられる。襲撃当日、短銃の発射音を合図に斬り合いが始まった。多くの仲間の死をもって、ついに井伊の首を取ることに成功したが、大老襲撃と同時に挙兵するはずの薩摩藩内では挙兵慎重論が持ち上がり、計画は瓦解。幕府はもちろん、かつての同胞・水戸藩士からも追われる立場となった鉄之助は、「桜田門外ノ変」に至る歳月を思い返していく――。
                                 サイトより    

d0065324_17472499.jpg
クリックで大きくなります。


誰でも知ってる「桜田門外ノ変」。
ご存じ幕府大老・井伊直弼暗殺事件ですね。
原作は吉村昭サン。
井伊が暗殺されたことで、幕府の方針がすっかり変わった、と思いがちですが実際はそうじゃないんですね。
生き残った浪士たちが執拗に追跡され捕らえられ斬首されていきます。

大沢さん演じる関鉄之介。弱そうですが、水戸藩と親戚の鳥取藩へ協力を求めに行くも、お尋ね者になってる彼、鳥取藩の剣術指南役・・・とても強そうっ!・・・に見つかり立ち会うのですが、あっさり勝ってしまひますww

井伊直弼役の伊武雅刀サン。 いやぁ実に巧いですねぇ。この映画では憎まれ役を見事に演じています。

それと、「こども店長」でお馴染み加藤清史郎クン。 結構やります♪

一味のナンバー2役、西村雅彦サン ただ一人生き残ったやうな気がするんですが、誰方かご覧になったら教えてください。 チョット気になって・・・


チャンスがあればご覧になるやうオススメいたします ♪


映画では井伊の屋敷と桜田門、ダッシュすればホンの1,2分の距離なんですねぇ
直弼も駕籠の中でじっとしてないで屋敷か門内に駆け込めばヨカッタのにぃ・・・なんてネww
トラックバックURL : https://amamori.exblog.jp/tb/12166056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 維真尽(^^) at 2010-10-30 19:44 x
これも~
歴史の必然だった加茂 (^_-)~☆
Commented by amamori120 at 2010-10-30 20:05
>いーさん  こんばんHA お早いお着きありがとうございます。
歴史に if は許されないといいますが、でも if ・・・・
Commented by 桃源児 at 2010-10-30 20:08 x
先日、この映画、観ました。
今まであまり正面から語られることがなかった変を、襲撃者の側から観るのは新たな見方でしたね。
ただ、何となく映画として難もあるような気もしました。
伊武さんの直弼、スケールの大きさも感じる悪役でした。
Commented by amamori120 at 2010-10-30 20:23
>桃源児さん  こんばんHA
桜田門外ノ変 その後・・・ですね。
水戸藩でも同心?が十手持ってたんでせうかねぇ?
Commented by idokichi at 2010-10-30 20:41
専門的な事はわかりまへんが、師匠の趣味の範囲が広いのに
おどりぇていますだ。明日は食の方にもどるかな。
Commented by amamori120 at 2010-10-30 20:47
>井戸吉宗匠  こんばんHA
貴兄の予想を裏切ってみやうかな ww

う~ん、家宝の話でも♪
Commented by ひー at 2010-10-30 22:13 x
早速、行かれましたか。

これも、注目の映画ですね。
皇居の周り何度も回りましたね~
バスの運転手は、東京を覚える時に皇居を中心に北を12時にして何時方向に何があるかを覚えます。
解り易いです。
Commented by amamori120 at 2010-10-30 22:22
>ひーさん
この後、時代劇としては、  最後の忠臣蔵、武士の家計簿などを観るつもりです♪

私は、環七が何通りとどこで交差してるか、から始めましたヨ
Commented by こりす at 2010-10-31 04:24 x
なるほどー。その事件自体は誰もが知るトコロですが、その後どうなったか知りませんでしたー。なるほどそうだったんですね~。清史郎くん、売れっ子ですねーーー♪
Commented by syo-kunin at 2010-10-31 09:08
雨漏りさん、こんにちわ。。。

最近、やたら時代劇が多いですねぇ~(笑)
桜田門外の変、十三人の刺客、大奥、雷桜・・・

伊武さん、お笑いもシリアスも出来る俳優さんなので、好きです~!
スネ-クマンショウの時から(80年代)(*゚▽゚)ノ
Commented by teddy-bear---0202 at 2010-10-31 09:27
こんにちは~♪
桜田門外の変、ご覧になったのですね^^
この映画の撮影は茨城の水戸で行われたんですよ
千波湖畔の実際のセットは私も見に行きましたが
映画はまだ見ていないんです
見に行かなくっちゃ^^
Commented by こりす工房 at 2010-10-31 10:27 x
おはようございます。

桜田門外の変、テレビで取り上げられていたのを先日見たばかりです。
学校の歴史では、大して教えてもらっていないような…
学年末になってしまって、「教科書を読んでおくように」の一言でおわったと記憶しています。

千波湖畔で撮影されたのですか?
teddy-bearさんはセットを見に行かれたんですね~
千波湖には一度行きましたが、白鳥や黒鳥がいて、とてもステキな場所でした。
Commented by amamori120 at 2010-10-31 13:37
>こりすさん  こんにちHA
”後日談”でもあるやうです。
清史郎くん   もうすっかり売れっ子ですねぇ  器用です ♪
Commented by amamori120 at 2010-10-31 13:41
>番長殿  こんにちHA
最後の忠臣蔵、武士の家計簿  などもsoon coming ですねぇ

伊武さん  年とってからは悪役気味のが多いみたい。
随分昔 トヨタのTVCMで意識しました。
Commented by amamori120 at 2010-10-31 13:45
> teddy-bearさん  こんにちHA
最後のクレジットで 協力団体などが流れて水戸市も入ってましたねぇ
千波湖は後楽園の梅観のとき傍を通過しただけの車窓観光でした
是非ご覧ください
Commented by amamori120 at 2010-10-31 13:51
>こりす工房さん   こんにちHA
井伊直弼については大昔「花の生涯」舟橋聖一・原作  が映画化され、先代松本幸四郎、淡島千景、佐田啓二などが出演したのを観たことがあります。
安政の大獄  として歴史上重要な出来事でした。暗殺はその結果に過ぎません。
Commented by ハム姉さん at 2010-11-01 18:47 x
何故か 毎年桜田門周辺…いや 皇居周辺友人と桜探して徘徊してます。
伊武雅刀さんは ヤマトでは敵方の主な役やってますし なかなか素敵な役者です。
ちなみに 来年は野村萬斎さん主演の映画公開なので よろしく♪
Commented by amamori120 at 2010-11-01 19:48
>ハム姉さん  こんばんHA
じゃぁ桜の季節に皇居周辺に張ってれば、姉さん、つかまえることができるんですね?  ww

伊武雅刀さんも、すっかり頭髪が・・・
でも却って渋い役柄に合ってるの鴨 ww

野村萬斎さん  了解です♪
Commented by julywind727 at 2010-11-01 20:17 x
雨漏り書斎さん、この映画観たいです!
私も子供の頃大河ドラマの「花の生涯」(尾上松禄さんが直弼役)を
観て、それまで大悪人だと思っていた井伊直弼に惚れてしまいました。
船橋聖一さんの原作も読みました。
違う時代に生まれていたら風雅な余生を送られた方だと思います。
彦根には行った事が無いので井伊家所縁のお寺に一度お参りに行きたいと今でも思っています。一方の若き水戸藩士達にも心が痛みます。
皆、日本の将来を思ってのそれぞれの思いが交錯した事件ですね。
何年か前、彦根市と水戸市が和解したと聞きなんだかほっとしました。
桜田門と旧井伊直弼邸(現・憲政記念館)は大手町の書庫で記事にしています。桜田門と井伊邸が近いのには私も驚きました。歩いて5~6
分でしょうか。伊武雅人さんの直弼さまを観てみたいです。
Commented by amamori120 at 2010-11-01 20:59
>julyさん
Oh、同志発見♪  やはりご覧になりましたか♪
幸四郎さんじゃなく松禄さんでしたか?  拙の思い違い鴨 (>_<)
どちら側から描くかで当然立場も変わってきますね
体制側も反体制側も、日本のことを大事に考えていたことは間違いないのですが、色んな思いが入り混じって歴史が作られていくんですねぇ
拙も彦根は未訪です。
海外旅行ばかりしてないで、もっと国内を歩かなきゃと反省。

後ほど、貴・大手町の書庫に伺ってみますネ♪
Commented by julywind727 at 2010-11-01 21:58 x
雨漏り書斎さん、ご訪問及びトラバありがとうございます。
久し振りに自分の記事を見ましたが、コメントして下さった方達もそれぞれの思いがあるようで、水戸藩の若者達支持派や中間派など皆さん
様々ですね。150年経った今でも昨日起きた事件のようです。
もう一度、雨漏りさんのコメントを拝見しましたら、「花の生涯」の映画を
観られたのですね。私はNHKの大河ドラマです。映画では幸四郎さんが主演されたのですね。淡島千景さん、佐田啓ニさんは同じです。
襲撃後、薩摩藩が決起しなかったというのは初めて知りました。
Commented by amamori120 at 2010-11-01 22:33
>julyさん  度々のご来駕ありがとうございます。
最近アルツが入ってるので、色々とアヤフヤですぅ (泣
後で調べてみますネ

ご三家で大活躍したのは水戸だけですね
尾張、紀伊は大納言、水戸は中納言。禄高も最下位ですが、映画では北大路さんの水戸斉昭がコチラ向きに座り、下座に尾張、紀伊、老中共が控えていましたが、この辺り???です。

折角の水戸浪士の働きも一発屋で終わってしまったのは、当人たちには悔しいことだったでせう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by amamori120 | 2010-10-30 18:09 | 映画 | Trackback | Comments(22)