成功するための服装

ムルハーン 千栄子 「おんな教授アメリカ33年」第3章より
d0065324_0171149.jpg
まず、著者をご紹介します。1959年、青学英文科を休学して渡米。ニューヨーク市立大英文科卒。コロンビア大にて文学博士号取得。同大講師、プリンストン大を経てイリノイ大教授。1992年から福岡女学院大教授。専攻は比較文学論。 Chieko MulHern このMul (ムル)というのは、MacDonaldとかFitzGerald の Mac、Fitzと同様、 ・・・の息子という意味だそうです。アイルランド系の姓ですね。いくら辞書を調べても判らなかったMulのスペリングは、青学における教授の大後輩T氏に教わりました。


さて、タイトルの話題に入る前に、教授は以下の如く渇波する。「日本のように世界のブランド品でかためるのが若者世代のトレンドになって久しい現象は、まさに文化人類学者の研究意欲をそそるだろう。・・・アメリカではどうだろう。誰が見てもオトナの社会人、とくに中高年がトップファッションをリードしている。」と。
教授がネタ本とするものは、John Molloyの”New Dress For Success”である。モロイは自称、米国で最初の服飾エンジニアだそうである。彼が、この本で主張するのは、ビジネス成功のコツは、古典的正統派の洗練された品格ある紳士スタイルに徹することである。

では具体的説明に入ると;
こんな背広では出世できません
1妻や恋人に選ばせたもの
2店員の奨めるもの
3ブランドに頼る
4流行のスタイルや色を買う
5家族や友人や隣人にほめられるものを着る

モロイが強調するのは、出世したければ自分がやがてなりたい身分の人、つまり周りにいる管理職、専門職、経営者と同じ趣味とスタイルの服装をすべきだということ。「出世する一番の早道は、下流のアカを洗い落として、上流エグゼクティブの風格を身になじませること」だという。

:エグゼクティブたる者は、上流の好む、紺或いは濃いグレーを選ぶべき。紺は上流には好感を持たれ、下層には尊敬される色だそうである。

ネクタイ:結び方だが、ベルトのバックルに届くことが肝心。短すぎると下層の労働者イメージになってしまう。上流がつけるネクタイは、まず無地では紺、マロン、茶系統とグレーが基本色。
次に、細かい水玉模様。次に、レジメンタル・ストライプはストライプの色が地より濃い方がいい。

財布:絶対に薄くしておくべき。ころころになるほど詰め込んだ財布は、成金趣味か整理能力欠に見られる。

胸にのぞかせるカーチーフ:ネクタイの色と同じにしてはいけない。

時計:高い、薄手、シンプル、金製とする。(私見ですが、パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、バセロン・コンスタンチンあたりの、長針・短針・秒針のみのが最適だと思う。精々カレンダー付きまでのシンプルなヤツ。ベルトは勿論、黒のクロコがいいですね。)

ペン:高いほどいい。大きな契約にサインするのに、いくら使いやすくてもプラスチック製のは、よくない。

コート:ベージュが上流風、紺はまあまあ許せるが黒は絶対だめ。丈は膝下2,3インチ。袖はシャツより半インチ長く。ベージュのコートの男性は、教育程度が高く、知性的で、自己表現力が優れ、信頼できて、よりよく働く人と見られるそうである。つまり、ベージュのコートを見れば、上流の地位ある人と認識されるのである。(私見ですが、アクアスキュータム、バーバリーがいいと思います)

:これのみです。色は黒。ひも靴じゃないとダメです。何故なら、靴のひもを結ぶ手間を惜しむ手合いに、私なら契約はやれません。

靴下;足を組んだとき毛臑が見えない長さのもの。色は、黒、濃紺、ダークグレー。(私見ですが、ダークスーツに白い靴下を履いてるのをたまに見掛けます。こういう人は、契約どころか、面会もして貰えないでしょう。)

シャツ:基本は白無地。材質は綿。淡いカラー無地が許容範囲。半袖シャツをビジネス時に着るのは、いけません。


これらを要するに、現代アメリカを動かす人達の服装というべきものは、
保守的正統派の上品なパワー・ルックなんですね。
                               05.6.13読了
# by amamori120 | 2005-06-14 01:20 | 読後感・本の紹介 | Trackback(3) | Comments(14)

「やすくにの祈り」

d0065324_22285949.jpg

首相の公式参拝が近隣諸国を騒がせて居る靖国神社の創立130年を記念して出された本です。
故・江藤淳氏が「戦没者追悼の心」という序言を寄せていて、靖国神社公式参拝の根拠として、終戦の詔勅を挙げているのが印象的です。
副題として”目で見る明治・大正・昭和・平成”とあるように、明治2年東京招魂社として創立され明治12年に別格官幣社靖国神社と改称、敗戦後は宗教法人靖国神となる130年間を、靖国神社を芯に、我が国の歩みと共に、豊富な写真で見せてくれるものです。
これ一冊で靖国神社のほぼすべてが分かるでしょう。

実は、私の親父が元・帝国陸軍軍人でして、彼は幸いにも無事に生還できたのですが、多くの仲間が戦病死しています。
今年は、”父の日”のプレゼントと共に、この本を送ろうと思っています。


平成11年10月  産経新聞社刊  ¥4,800
# by amamori120 | 2005-06-12 22:51 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(15)

小松重男「間男三昧」

d0065324_1815759.jpg
小松重男は、と言うより時代物を読むのは久しぶりです。MY 書棚を眺めると、下掲の3冊がありました。横には、柴練や白石一郎、津本陽、藤沢周平等が。
演歌歌手がみんな歌が上手いのと同様、時代物作家も小説巧者が多いし、歴史的知識にも通暁しているようです。いや、そうでなければ「読める時代物」なんて書けないに違いないと思います。
さて本書ですが、表題作以外に八つの短篇から成っています。
  あらまら虫
  愚図麿の枕絵
  千両蜜柑異聞
  お狂言師          連作
  一本の髪の毛        ↓
  うってん ばってん      ↓
  くじりぼけ           ↓
  無用の短物          ↓

なんとも意味ありげなタイトルですね? そもそも”間男”って分かりますか?  亭主をコキュ(虚仮)にすることですね。
表題作「間男三昧」は、まだ若いのに二度も婚家から戻された女が、その原因が間男を繰り返したということが知れ渡っているのに、乞われて三度目の嫁入りをするところから始まります。相手は30才も年上の初老の札差。大金持ちです。この時代、経済構造の変化で、大名も旗本も札差には頭が上がりません。莫大な富を築いた者が多かったようです。彼も然りで、稼ぎもスゴイが遊びもスゴイ。色町で鍛えたテクで初夜に臨むが、間男三昧に耽った女にはテンデ通じない。これが通じる為には、彼は財産をすっかりなくしてしまい、棒手振りで野菜を売り歩くようになるまで待たねばならない。 さて、その経緯は?

連作の5篇ですが、”お狂言師”というのは、もともと大名家の奥女中に踊りを教えるという名目で出入りを許され、やがて女役者だけで”御殿芝居”といわれる歌舞伎狂言などを上演するようになった連中で、各大名家のお抱えとなり、年に50俵ほどの御扶持を支給されていたようです。しかし、これだけでは各流派の師匠達はとてもやっていけないので、終演後、弟子達が見物の奥女中と といち・はいちを行なって貰ってくるお祝儀の金で一流一派を維持していたものです。
この5篇では、坂東流のエース坂東琴絵が といち・はいち で頑張るあれこれが描かれています。面白いですよ。      05.6.11読了

d0065324_1915272.jpgd0065324_192467.jpgd0065324_1921781.jpg
# by amamori120 | 2005-06-11 19:06 | 読後感・本の紹介 | Trackback(4) | Comments(0)

小林信彦「世間知らず」

d0065324_183944100.jpg

著者の「あとがき」によれば、この小説は、彼にとって、最初の、そしておそらく最後の<青春物語>だと述べられています。

主人公・三村隆は、とある有名進学高校の2年生です。時代は昭和24年。アメリカ人とのクォーターでまたいとこであるケイへの恋情を縦糸に、映画研究会の仲間との付き合いを横糸に、世間知らずの隆の一年を、色んなエピソードを盛り込みながら描いていきます。我々ごく普通の高校生活を送った者には、なんてアウトローなヤツ、という感じですが、多少の羨ましさを禁じ得ません。
映画研究会という設定だけあって、各章のタイトルが映画の題名や主題曲名になっているのも楽しめます。
因みに、いくつかご紹介すると:
 魅惑の宵  つるぎの舞い  煙が目にしみる  ブルーレディーに紅いバラ  センチメンタルジャーニー  モナ・リザ  イエスタディ  etcです。古い映画達ですが、題名が本文内容に対応しているのは勿論です。

                              05.6.10 読了

なお、先日UPした「人間っておもしろい」の補遺によれば、小林信彦さんの自伝として「和菓子屋の息子-ある自伝的試み」が挙げられています。
私はこれを1996.9に読了しています。
d0065324_1965121.jpg

# by amamori120 | 2005-06-10 19:10 | 読後感・本の紹介 | Trackback(3) | Comments(0)

三宅 彰「風よ、撃て」

このブログでは、読後感、本紹介記事においてネタバレ気味に記述しますが、それでも尚、面白さを損なわれないものを採り上げています。
d0065324_1934424.jpg

第14回サントリーミステリー大賞受賞作です。1997年 文春刊。
作者の三宅彰さんは、信州上田のご出身だそうで、上田市役所教育委員会に、お勤めとのことです。
これは刑事物ですが、主人公は上田警察署刑事課の係長。多分、所轄の係長だから警部補だと思われます。

土砂崩れが起きて、そこから人骨が発見される。あまりに古いので、ひょっとしたら縄文人の骨かも知れない。鑑識では、この骨は現代人のもので、損傷を受けているから、自殺か他殺だという。捜査が始まるが、身元は杳として知れない。主人公は寝食を忘れ、妻子も忘れて捜査に没頭する。土砂崩れが起きた山に通暁している老人が、刑事達の聞き込み、事情聴取の後、やはり土砂崩れで死ぬ。大雨も降ってないのに何故、土砂崩れが起きたのか?殺人ではないのか?
人骨の身元が判る。11年前に失踪した大学助教授だ。彼は考古学専攻で、高校のときの考古学研究の仲間が浮かび上がる。彼を含む男4人とコケティッシュな女1人のグループだった。
彼らの人間関係には男女の愛情や打算、嫉妬等複雑なものがあったらしい。刑事達の捜査は続く。そして、二つの土砂崩れの現場を精査した結果、爆弾テロリストの存在が・・・さらに11年前、この山に少女を誘拐して立て籠もり、逮捕されて別の殺人事件の犯人として無期懲役になっている男も、助教授の殺人に絡んでいるらしいことが判明した。
刑事達に謎は解けるのか?               05.6.8読了
# by amamori120 | 2005-06-09 19:51 | 読後感・本の紹介 | Trackback(3) | Comments(6)

佐伯泰英「聖女の月」

d0065324_1121460.jpg

この人の”海外物”は定評があります。今回はスペインと日本が舞台です。敢えてネタバレ的記述をしますが、それでもなお面白く読める本です。
聖女(マリア様)の月とは5月のことだそうです。
この月に生まれた、たぐいまれな美貌の持ち主薫子がヒロインです。彼女はフラメンコに魅せられ、その頂点を目指します。元々クラシックバレーをやっていた彼女は、スペイン国立バレー団の公演でフラメンコを観て
「魂を鷲掴みにされていた。全身が総毛立ち、背中から官能的な喜びが波状的に襲ってきて、強い衝撃を受けた。」
薫子にとって「フラメンコは饒舌であり、かつ寡黙な踊りだった。原色の華やかさをもちながら、同時に淡彩の渋みもあった。フラメンコはクラシックバレーより性悪な魅力を秘めていた。」
こうして薫子はフラメンコダンサーの道を歩き始めます。世界的な画商で日本でも業界のトップクラスの人物が愛人・パトロン・教育者になってくれて薫子はダンスに専念することができるようになる・・・
彼女は、或るトラブルの手先に使ったチンピラを殺害し、パトロンをも合意の上で裏切って破滅に追いやり、巨額の金を手にしてスペインに渡る。
スペインで、フラメンコの神様と言われた幻の舞踊家コキリを苦労して探し出し、認められて、その弟子となることが出来た。そして4年もの間、すべてを犠牲にして血を吐くような練習を続け、グラナダで行われる国際舞踊コンクールでフラメンコの女王となり、併せてグランプリをも獲得する。グラナダ財界トップで貴族の御曹司と結婚、プリンセサ・アロマ・カオルコ・アリマ・デ・ダンソとなる。ドガの三分割された名画が、一つになるサイドストーリーも効果的に使われ、サスペンスを盛り上げていく。
この一つになった名画の公開と併せ、カオルコの日本公演が決まり、彼女は夫やスタッフ達と日本に凱旋する。ところが、4年前のパトロンの破滅→自殺の原因に関心と疑念を抱いていた田舎刑事と、チンピラの一見事故死に納得していなかった横浜の刑事が一緒になって、カオルコに追究の手が伸びる・・・
                               05.6.7読了
# by amamori120 | 2005-06-08 12:09 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(4)

映画を観にゆく

6月6日は、前から映画を観に行くことになっていました。
今回も、特に何を観たいということもなくて、行き当たりバッタリで行こう、でした。
ここまで書いて、フト、思い出しました。
シェルパ斎藤さん(斎藤政喜さん)の旅本「行き当たりばっ旅」というのを以前、NO.4まで読みました。ワイルドな旅の仕方に憧れたものです。小学館文庫で出ています。
「旅」も私の好きな読書対象の一つで、まるまる旅本で埋まってる書棚があります。イタリア、韓国物を除いて200冊はあるでしょう。
d0065324_14315296.jpg

閑話休題(それはさておき)、映画でした。○○シネコンプレックスに行くと、ここは10館もありますが、
宇宙戦争も観たいし、交渉人・間下も観たいし・・・結局、ロード・オブ・ザ・リングにしました。”二つの塔”というヤツです。上映時間を見ると、次回まで、まだ2時間半もあるので、昼飯を先に済ますことにしました。

ゆうべは、ちょっと油っこかったので、あっさり系にしようと和食の店に。
○○プリンスホテル47Fの”清水”にしました。ここは、何度もリピートしているお店です。
今日は、”美浜御膳”にしました。これです。
d0065324_14362694.jpg
内容は、これです。
d0065324_1438345.jpg
いずれも、上品な味で大満足。ただ、食いしん坊の私としては、”房総ご飯”の量が、少し、いや大分、物足りなかった。でも、デザートの”柚子シャーベット”が、好吃だったので、許そう、ということにしました。
d0065324_14575498.jpg


さて、ロード・オブ・ザ・リングです。長引くと分かっていたので、上映前にオシッコを済ませていたのですが、時間調整で入ったTULLY’Sで飲んだコーヒーが効いてきて、上映開始後2時間半くらいで催してきました。オーヴァーフロー寸前まで我慢したのですが、ついに立ち上がってトイレに。これを機会(しお)に何人かも、つられてトイレに来たのがオカシかった。
長い映画で、結局、4時間近くかかったようです。皆さんも、上映前には、ちゃんとトイレを済ませ、飲み物を摂りすぎないよう、ご注意下さい。
映画の方は、コムシ・コムサというところでしょうか。

そうそう、TULLY’Sでgetしたシナモンロール、これまでで最高でした。オススメです。

「映画を見に行く」というタイトルなのに、映画以外の話が多くて、ごめんなさい!
# by amamori120 | 2005-06-07 11:50 | ごちゃまぜ | Trackback | Comments(4)

日本図書センター「人間っておもしろい」

d0065324_8573626.jpg

日本図書センターから、シリーズで「人間の記録」というのが170巻発行されているそうです。第一巻「田中正造」は1997年発行、最終巻「柳田国男」は今年2005年2月発行です。
明治以降各界で活躍された170人の皆さんの代表的な自伝を所収しているようです。
どんな方々かを全部ご紹介することはできませんが、例えば、古くは「嘉納治五郎」や「横山大観」etc、新しいところで「吉永小百合」「赤塚不二夫」あたりです。
本書は、それの超ダイジェスト版のようです。170巻各巻をそれぞれ見開き2ページを使って、その人物の概説をし、略歴と写真を掲載しています。
吉永小百合さんの場合は、こうです。 (自伝名:夢一途)
d0065324_9163335.jpg

本ブログ説明の写真に載ってる図書館で、リサイクル本としてgetしたものですが、簡易近現代人名辞典としても役に立ちそうなので手元に置くことにしました。”立派な”人名辞典には、「ジャイアント馬場」や「長島茂雄」「ちばてつや」「浅香光代」なんか載ってませんからね。

付録的に、170人の出身都道府県別地図も所収されています。
それと、この170人以外の方々500人超の代表的自伝名を紹介しています。例えば 山口百恵「蒼い時」集英社1980  というふうに。

いい本をgetしたと思っています。           05.6.5 読了
# by amamori120 | 2005-06-06 09:32 | 読後感・本の紹介 | Trackback(3) | Comments(2)

田辺聖子を読む 1 「春情 蛸の足」

d0065324_22421797.jpg

田辺聖子さん。おせいどんの食べ物小説です。
どうも私は、他の欲より食欲の方がずっと勝っているらしく、本書のような食べ物小説らしい本を見ると、読む前からワクワクしてきます。
敢えてグルメ小説と言わないのは、「食べ物」が、我々のすぐ身近にある庶民の食べ物だからです。 トゥールダルジャンマキシムも、なだ万吉兆福臨門酒家も出てきません。
蛸の足、きつねうどん、すきやき、お好み焼き、くじら、たこやき、てっちり、味噌  これらをテーマに8篇が収められています。

それぞれのタイトルには”情”が付いています。
ちょっとご紹介してみましょう。

春情蛸の足
慕情きつねうどん
人情すきやき譚
お好み焼き無情
薄情くじら
たこ焼き多情
当世てっちり事情
味噌と同情

如何です?  田辺ファンならずとも食いしん坊なら読みたくなるでしょう?

慕情きつねうどん を少し覗いてみましょうか。
バツイチの浦井は大のきつねうどん好き。毎日毎日お昼は、きつねうどんに決めている。
同じうどん屋にずっと通っているうち、ここ半年ばかり週に二、三べん会う女がいる。
三十代後半くらいで、ほっそりと姿のいい女だ。彼女もいつも、きつねうどんを注文する。
その食べ方が実にいい。・・・まったりした、奥ゆきふかい薄味のおつゆを、どんぶりを傾けて心ゆくまで飲み干す。タベモノを大切にする、うどんに愛執する、というその心持ちが浦井にはじつにめでたく思われ、その姿に目を洗われる気がした。・・・
浦井は、そんな彼女に惚れてしまう。そして、”きつねうどん同好会”を二人で結成した。
交際は続き、二人はめでたく結婚する。  ところがしかし、彼女が豹変するのだ!

とまあ、こういう感じで、タベモノに男女が絡んで話が出来ているんですが、すべて読了してみると、これらはやっぱり人間の話なんだな、という結論になります。田辺聖子さんの、まったりした大阪弁が、たまらなくいいんです。

05.6.3 読了
# by amamori120 | 2005-06-05 23:21 | 読後感・本の紹介 | Trackback(4) | Comments(5)

雨漏り書斎住人ご挨拶

このたび、ブログを始めることにしました。
皆様の、ご支援、ご指導をお願い申します。
d0065324_22211740.jpg

厳密には、雨漏りしているのは、書斎ではなく、1Fの和室なのですが、ブ
ログ名を決めるのに家妻に相談したら「恰度いいから(よくない!)雨漏り書斎にしたら?」というので、その意向を奉戴して、このブログ名にした次第です。
ところで、この雨漏りですが、もう築30年のボロ家ですから、あちこちが傷んで来ても、おかしくないんです。しかし、家妻の実家に出入りしていた大工さんが、しっかり建ててくれたので、建物自体びくともせず、狂いも全くなくて推移して来たのですが、5,6年前リフォーム屋さんに屋根をいじって貰ったのが悪かった、ということになりました。でも、もう時効なのでクレームをつけることも出来ず、ホームセンターへ走って防水テープを買ってきて応急修理のまねごとをしました。次回の降雨が楽しみ?です。

ところで、「雨漏り」と「雨漏れ」どっちが正しい日本語でしょうか?どちらでも意味は通じますが、岩波「広辞苑」、講談社「国語辞典」に当たると、「れ」は無く「り」しかありません。「雨漏り」が正しいようです。

こんな感じで、埒もないことを言ったり、読んだ本の感想を書いたり、食いしん坊の話をしたりでブログを作っていきたいと考えています。

多くの皆様の、ご来駕とご叱正を頂戴したいと存じます。       
                                      以上
# by amamori120 | 2005-06-03 23:32 | ご挨拶 | Trackback | Comments(14)