<   2005年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

d0065324_17573889.jpg
”太陽のもとで完熟させた、果実エキスが満ちるフルーツよりもフルーティなゼリーです。”と、しおり に記されています。

左から、 梅、林檎、葡萄 です。
まさに、甘露な、上品な涼菓です。
by amamori120 | 2005-08-31 18:04 | 甘党キングダム(叶 匠寿庵) | Trackback | Comments(12)

d0065324_17455656.jpg
1993.10 ビジネス・フォーラム刊 ¥1,300 05.8.29 読了

世にパン好きの人は無数に居ると思われますが、この著者ほどパンに入れ込んだ人は希有でしょう。
パン好きが高じて、なんと「パンの会」なるものを立ち上げちゃいました。
パン屋さんとパン好き人間とのコミュニケイションを、もっと密に、もっと大きくしましょう、という主旨で、色々なイヴェントを企画、実施しているようです。 この時点(1993年)で、北海道から沖縄まで、3千人の会員が集まり、その後もドンドン増えているようです。

ところで、本書の末尾に著者紹介が載っていますが、その中に、印象的な文字を発見しました。
「愛パン家」というのがそれです。
本書によって、こういう言葉があることを初めて知りました。多分、彼女の造語でしょうね。
ついでに、  「愛○家」というのを調べてみました;
愛妻家
愛犬家
愛煙家
愛車家
愛鳥家
愛書家
 ・
 ・
愛○ というのは、いくつもありますが、愛○家 というのは、そう多くはないようです。もとより浅学の私のこと故、皆様のご叱正をお待ちします。

閑話休題、本書はパン組(パンの会〃員のパン屋さん)さんたちからの聞き書きを本にしたものです。いくつかご紹介しましょう。
d0065324_1804636.jpg

d0065324_181174.jpg


More
by amamori120 | 2005-08-30 18:18 | シナモンロール・ハンター | Trackback | Comments(10)

d0065324_1813417.jpg
「陰の季節」 1998.10 文藝春秋・刊 ¥1,500 05.8.26読了
 第五回松本清張賞受賞作  四つの中篇所収
 ★陰の季節  或る団体に天下ったD県警本部・元刑事部長が約束の3
  年を過ぎても辞めようとしない。困り果てた警務部長および警務課長は
  警務課調査官・警視の二渡真治に役目を押しつける。 この名前を見
  て やっと気が付きました。たしか、どこかのTV局で放映してました
  ね。上川隆也(今、上村香子とキャベジンのC.Mやってます)が二渡
  真治役で、高田純次が警務部長役でした。
  で、この元刑事部長に接触するのですが、全くガキ扱いで相手にしても
  らえない。人事異動発表の日は迫るし、「任務」は進まない。元部長を
  追っかけ回すうち、彼の活動ぶりに違和感を持つようになった。産廃の
  不法投棄の現場を専用車で視察しているというのだが、何かおかし
  い。運転手に詰問しても、ビビルばかりで埒があかない。そうこうする
  うち、この運転手が睡眠薬中毒で死んでしまう。と、不可解なことに、
  元部長が辞めると言いだした。
  真相は?
 ★地の声  なんでも「そうね、そうね」と言うQ署の生活安全課長の
  曽根警部はD県警最古参の警部。17年も警視昇任という天の声か
  ら見放されている。システムが変わり来年からは、筆記試験が導入
  されるので今年が最後のチャンスだ。この曽根についてタレ込みが
  監察課にある。とかく噂のあるスナックのママと曽根がデキテいる、
  というもの。調べると、そんな形跡がないと判明したが、一体誰が曽根
  を陥れようとしたのか?
  暫くして、曽根が、かの店を管理売春で摘発、ママ以下を逮捕するとい
  う手柄を立てる。果たして、曽根の、警視昇任を願う、地の声は天に届
  くのか?
 ★黒い線  D県警機動鑑識班の平野瑞穂巡査が無断欠勤、失踪す
   る。彼女は似顔絵が得意で、「お手柄婦警」と新聞で賞賛されまくっ
   たばかりなのに・・・彼女が「顔」の主人公となる。
 ★鞄  長老県議が警察問題で爆弾発言をするという。警務部秘書課長
   補佐の柘植警部は「議会対策」が仕事だ。本部長に恥をかかさない
   ためには、質問内容を知る必要がある。柘植は必死に活動を始める
   も、思うように進まない。県議がいつも持っている鞄に、質問関連の
   書類が入っているらしい。その鞄の中身を盗み見するチャンスが訪れ
   るが、それは柘植に対する罠だった。
   この県議をTVでは、長門博之が好演してましたね。
 ------------------------------

「顔」 2002.3 徳間書店・刊 ¥1,680  05.8.25 読了

 「陰の季節」の★黒い線 に登場する平野瑞穂巡査が主人公です。
 だから「顔」とは似顔絵の顔 なんですね。
 ★魔女狩り
 ★決別の春
 ★疑惑のデッサン
 ★共犯者
 ★心の銃口   以上五つの中篇が収められています。いずれも一話読み切りですが、連作でありまして瑞穂を取り巻く環境は、どんどん変わっていきます。
最初は、D県警本部鑑識課の機動鑑識班の一員だったが、★黒い線 での事件で、心のバランスを崩し、失踪、休職という破目に陥った。その事件とは;マル目(目撃者)の話を聞いて犯人の似顔絵を描いたのはいいが、逮捕された犯人とは少しも似ていなかった。それは証言者の思いこみで瑞穂の責任ではないのだが、「お手柄婦警 似顔絵で犯人逮捕」という形で発表しようとしている警察サイドには実に不都合だったので、犯人の写真通り描き直せ(一種の改竄)というものだった。
新聞には、警察の思惑通り発表された。メディアにもてはやされる瑞穂だったが、純粋な気持ちで警察官を務める彼女には到底耐え難い出来事だった。
半年の休職期間を経て復職した彼女は、意に染まない部署-広報室とか「なんでも相談テレホン」係の仕事をこなしながら、次々と起こる事件に関わっていき、似顔絵描きで培った、細かい観察眼を生かして、事件解決の糸口を見つけていく。
そして念願の鑑識課に戻ることが出来た。
「若鮎のような婦警 平野瑞穂」を暗示して物語は終わる。

 
by amamori120 | 2005-08-29 19:35 | 横山秀夫を読む | Trackback | Comments(14)

d0065324_9512410.jpg
1991.10 東京創元社・刊  ¥1,850  05.8.21 読了

著者は女探偵が好きらしい。
シャロン・マコーン
ヴィク・ウオーショースキー
キンジー・ミルホーン
アンナ・リー
クラリス・スターリング
ミランダ・トレス
カーロッタ・カーライル
レベッカ・シュワルツ
ジェーン・マープル
ジェシカおばさん
ハニー・ウエスト
メイヴィス・セドリッツ
ナンシー・ドルー
女密偵おまさ ・・・・・・・・・・

あなたは、このうち何人ご存じですか?
私は、6,7人くらいしか知りません。

さて、「心のなかの冷たい何か」 この小説にも女探偵が登場します。しかも、二人も。
第一部では、一ノ瀬妙子。女探偵と言っても職業ではなく役柄です。
この妙子と若竹七海(著者も登場します)が旅先で知り合い、クリスマス・イヴを、一緒にケーキでも食べて過ごそうと約束する。ところが、イヴの数日前に、妙子が自殺未遂?を起こしてしまう。何故だろう?
じきに妙子が差し出した郵便物が七海のもとに届く。入っていたものは、異常な育てられ方をした一人の男の手記だった。
或る大商社の役員と社内不倫をしていて、彼の死後、精神・肉体がボロボロになって入院し、植物人間状になった女子のことを探りに、この会社に入った妙子だった。
判ったことは、この会社には、例の女子以外にも原因不明で体調を崩している人が複数居るらしいこと。これには、「手記」の筆者が絡んでいるらしいこと。女子は砒素を密かに(駄ジャレです)飲まされていたらしいこと。社内に、お守り用宝石の密売組織が存在するらしいこと。そして、「手記」を書いたと疑える何人かの男達のこと。

第二部では、今度は若竹七海が探偵役で活躍します。
妙子の自殺未遂?の原因を探る為だ。
妙子は、ガスで自殺を図ったとされ、やはり植物人間状態になっている。

女探偵・若竹七海は果たして、一ノ瀬妙子の、そして以前の「事件」を解決出来るのだろうか?、「手記」を書いた男を特定出来るのだろうか?心のなかに冷たい何かを持った人間とは?


暑い一日、著者に振り回されながら読了しました。
by amamori120 | 2005-08-28 10:33 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(8)

木瓜

猫の額に木瓜が一本植わっています。
先日、家人が、赤い花が咲いているのを見つけました。
d0065324_10112811.jpg
d0065324_10122100.jpg
d0065324_12115794.jpg
                                  (家人撮影) 
たった一輪ですが、こんな真夏に?!というので撮ったようです。
多分、二月頃が盛りだったと思うんですが、ウチのは満開時は何十と開花し、それは見事なです。
モノの本によれば、果実が、ちょっとウリに似ているところから”木瓜”と書き、転じて”ボケ”というそうです。しかし、木瓜と言う中国名はパパイヤのことだそうで、漢字で書くと大変紛らわしいことになります。 中国名では、貼梗海棠だそうです。果実は食べられるといいますが、ウチでは食べたことがありません。 
いずれにせよ、ボケだから、真冬に咲いたり、真夏に開花したりするんだ、ということにしています。  
蛇足ですが、このボケというのは、「このボケッ!」「ボケッとするなっ」「ボケナス野郎」「ボケる」のボケです。 www   
by amamori120 | 2005-08-27 10:35 | 花  自然 | Trackback | Comments(6)

d0065324_2237979.jpg
家人Tがシナモンロールを作りました。
と言っても、ウチで作った訳ではなく、時々通っているイオン(ジャスコ)の料理教室で、です。
時にBCで教えてくれるメニューがあり、今回もそれだったようです。BCであるばかりか、ドレッシングやタッパーウエアーもくれるので、何とも有り難い催しですね。

さて完成品を見た時、一瞬 ? でした。 シナモンロールと言えば、あの白い砂糖を溶かしたものが、上部にかかっているものとばかり思っていましたが、これにはないのです。これまで渉猟したシナモンロールには、すべて白砂糖溶液?がかかっているのを確認しました。ココです。
ちょっと気になるので図書館で調べてみよう。

anyhow、本品には、ラム酒に一晩漬けたレーズンが入っていて、それが幾分シナモンを凌駕しているようでした。
トッピングはスライスド・アーモンドです。

味は?  コム・シ・コム・サ というところです。
”炎の料理人、三つ星シェフ”の堺正章のTV番組だと「星、二つですっ」になりますね。  ★は、やはり白砂糖のないことが、甘党キングには、やや物足りないこと。

これ以外に、ハムマヨも作ったようです。
d0065324_2313830.jpg
翌日の朝食に頂きました。
by amamori120 | 2005-08-24 23:11 | シナモンロール・ハンター | Trackback | Comments(18)

d0065324_23304874.jpg
2001.8 家の光協会・刊  ¥1,365   05.8.23 読了

滅多に、こういう類の本は読みません。なのに何故か心惹かれて読了してしまいました。
本書には、実生活に色々と役立つことが書かれています。この本をマスターし、更に自分なりの工夫をすれば、家事の達人になってしまいそうです。
私のブロ友には、主婦の方が多いので、是非ご一読をおススメしたいと思います。

内容を少しご紹介します。

第1章 快適な生活
   ☆ニンニクやネギたっぷりの料理を食べた後の口臭を消すには。
     歯磨きが基本ですが、パセリに含まれるクロロフィルに除臭効果
     があります。また、茶のカテキン成分にも優れた脱臭力がありま
     す。因みに、私は普通程度のスモーカーですが、カテキン茶を
     ガブ飲みしているので、あまり口臭はないと、関係者は言ってま
     す。
  ☆炭酸飲料の気が抜けないようにする工夫で、飲み残しの瓶の口に
    ただスプーンを差し込んでおくだけで、炭酸のもちが結構違う。
  ☆柿の果糖がアルコールの分解を速める働きをします。ハチミツも
    二日酔いを楽にさせます。
  ★モノが多いので少なくするようなマイナスの家事法を考えています。
    調理道具を組み合わせたり、手間を省くマイナスクッキングをしま
    しょう。調理器具や道具の数は、今の1/3にまで減らせます。
  ☆卵かけご飯を作る時、生卵の上に、あつあつご飯をそっと入れると
    卵が半熟になり食べやすい。
  ☆調理用の白ワインが手元にない時は、酢に角砂糖を入れて溶かし
    たもので代用できる。
  ☆まな板に目立たないように目盛りをつけたら便利です。
  ☆スープが塩辛くなってしまった時に、水を差すと味が薄くなって
    しまうので、ジャガイモを粗く切って加えると、ジャガイモが塩分を
    吸い取ってくれます。
  ☆高野豆腐。パン粉がないときに、おろし金でおろして使う。また
    厚焼き卵を作る時、ヘルシーにしたいので増量材料として混ぜて
    います。
  ☆ゆで卵は、卵を熱湯の中につけておくだけで、一晩経つと翌朝には
    ゆで卵ができている。
  ☆お弁当造りは五色の色をイメージすると作りやすい。白はお米。黒
    はノリかゴマ。赤はイチゴやトマト、紅しょうが等。緑は野菜で茶色
    は肉や魚等。  これは参考になるかも。
  ☆ランチョンマットとして、使い終わったカレンダーで気に入った風景
   写真や絵画等を切り取って利用。優雅な気分になれそうですね。
  ☆冷蔵庫に絹ごし豆腐と赤ワインが残っていれば、プリン風おやつを
    作ります。
  ☆片栗粉はあなどれない。柱や壁についた手垢落としに役立つ。
    料理のとろみをつけるだけでなく、とろみを利用して、お菓子造りや
    運動靴、スリッパの洗いと型くずれ防止に役立ちます。

とまあ、こんな感じで次ぎの各章も続きます。

第2章 快適なおしゃれ  おしゃれというより衣食住のについて。
  ☆100円ショップで霧吹きを買ってきて、時々天井に向けてスプレーす
    るだけで静電気を防げる。
  ☆衣服を畳む時、折り目の内側にラップの芯を挟む。芯の中に防虫剤
    を入れておけば、しわ防止と防虫が同時にできる。
  ☆食事中に醤油やソース、コーヒーやワイン等をこぼした時には、塩を
    振りかけておけば塩の粒子が水分を吸い取ってくれて、しみが広が
    らない。
  ☆セーターが縮んでしまった時、または伸びた時、どうするか?
    毛玉の取り方?

第3章 快適なまい
第4章 お金はたいせつ
第5章 心はもっとたいせつ

それぞれ具体的な、実際的な、実証的なやり方を紹介しています。

これらを要するに、彼女は「不要なモノの整理ではなく、欲望の整理」を提唱しているのです。
Simple is the best.ということが、身にしみて判ってくる本です。
by amamori120 | 2005-08-24 00:38 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(8)

d0065324_2022313.jpg
田口ランディ 初見参です。
幻冬社文庫  2001.2 刊  ¥520   05.8.16 読了

12の短篇が収められています。

表題作についてネタバレ;
水野希実子は、京都の町で「安井の縁切り神社」というのに迷い込む。そこには無数の絵馬がかけられていて、すべて縁切りに関するものばかり。
その中に”水野希実子と深田拓也の悪縁が切れますように”というのを見つけてしまう。深田拓也というのは、希実子が一ヶ月前までつき合っていた男で、彼女の方から別れを切り出したのだ。祈願者はM.O。久しぶりに拓也に連絡を取ってみると、意外な事実が判った。Mというのは真由美のことで、希実子と会うまで拓也がつき合っていた女子だった。つまり、希実子は真由美から、知らずに拓也を奪ったのだ。そして真由美は二ヶ月前に交通事故で死んだという。。。

作者のあとがきに曰く 「誰かと繋がってしまって、否応なく苦しんでいる者たちについて、私は書きたいと思う。」
他の11篇も、この視点で男女の繋がりの苦しみが描かれている。
悲しい恋をしているアナタ、是非読んでみてください。


安井の縁切り神社については、古都お気に召すまま。 サンをご覧下さい。
by amamori120 | 2005-08-22 20:54 | 読後感・本の紹介 | Trackback(1) | Comments(6)

d0065324_2161339.jpg
数日間で横山秀夫を三冊読了しました。

「臨場」 2004.4  光文社・刊  ¥1、785     05.8.16 読了
「ルパンの消息」 2005.5  光文社・刊  ¥919  05.8.13 読了
「震度0」 2005.7 朝日新聞社・刊  ¥1,890  05.8.17 読了


「ルパンの消息」と「震度0」は、SNOOPYさんに触発されて。UPされてますので、興味のある方はそちらを、ご覧下さい。

「臨場」も、やはりSNOOPYさんのオススメによるものです。
”赤い名刺” ”眼前の密室” ”鉢植えの女” ”餞” ”声” ”真夜中の調書” ”黒星” ”十七年蝉” という八つの中篇が収められています。それぞれ一話読み切りですが、周囲の事情は進展します。

中心人物は当然毎回代わりますが、本当の主人公は、倉石義男。52才。L県警捜査1課調査官。”クライシス・クライシ”とか”終身検視官”の異名をとる。どう見ても自殺の事案を倉石が臨場して「殺しだ」と言えば、殺人事件として扱われる。また逆に、殺人事件だと誰もが思っても、「自殺だ」と言えば、無駄な捜査活動はしなくて済む。検死については、殆ど神様ですね。本書の中では一度も笑うシーンはなく、冷徹でニヒルな男だが、これまでのパーフェクト・ゲームにも拘わらず、敢えて”黒星”を拾う人間的な面も見せる。
シャーロック・ホームズも間違いなく裸足で逃げ出すでしょう。シャーロッキアン、ご用心!
by amamori120 | 2005-08-20 21:43 | 横山秀夫を読む | Trackback(2) | Comments(14)

昨日は、船橋東武でイタ飯の夕食。

地下へ行き、 叶 匠寿庵 の売店に寄って、涼菓を買ってきました。
d0065324_11268.jpg
夏越(なごし)と命名された、このお菓子は、”しおり”によれば、「柔らかなお餅と粒よりの大納言小豆、丁寧に炊き上げた福豆をのせました」



d0065324_117073.jpg
これは 花あんず といいます。「色鮮やかな長野産完熟杏を自家製の梅エキスと共にとめました」



d0065324_11111037.jpg
d0065324_11112464.jpg
d0065324_11113844.jpg


どちらも @210(税込み) でした。  よく冷やして頂きました。
やはり、上方の和菓子だけあって上品な甘さです。
涼菓で残暑を吹っ飛ばしましょう。

<参考記事> 
  古都お気に召すまま。 サン
  Ninukitchen日記 サン
  鱧男サン
by amamori120 | 2005-08-19 11:19 | 甘党キングダム(叶 匠寿庵) | Trackback | Comments(20)