子年の和菓子(風流堂の銘菓55)

d0065324_18364741.jpg
考えてみれば、12年に1回しか食べられないお菓子なんですね。
39才の雨漏り、あと2,3回は大丈夫かな 001.gif









d0065324_19155456.jpg
d0065324_19163181.jpg
d0065324_19164587.jpg
d0065324_19175916.jpg

日本三大銘菓の随一の 山川 と並ぶ、風流堂サンの 朝汐 の薄紅色ヴァライエティで、干支絵馬菓子「子」 です。
嬉しくなるような上品な甘さを家人Tと楽しみました011.gif


干支が出たついでにパパから教わったことのお浚い。
今年は子年ですが厳密には戊子(つちのえ・ね)です。

五行、十干、十二支というのがありまして、十干十二支の干と支で エト ですね。
五行とは、木、火、土、金、水を言います。読み方は、もっかどごんすい。  この世は、この五つの要素から出来ていると言われます。つまり ファイヴ・エレメンツ ですね。
そして五行は、それぞれ兄と弟に分かれます。それが十干です。
なんで兄と弟に別れるんだって?  まぁ細かいことは抜きにしまほww

木兄  きのえ     甲 (一文字で書くと。  以下同じ)
木弟  このと      乙
火兄  ひのえ     丙
火弟  ひのと     丁
土兄  つちのえ    戊
土弟  つちのと    己
金兄  かのえ     庚
金弟  かのと     辛
水兄  みずのえ   壬
水弟  みずのと    葵

この十干  甲乙丙丁・・・と十二支が順番に組み合わさって行く訳です。
十二支とは、ご存じのように
子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥  ですね。
で、今年は戊と子のコンビで戊子  となります。
去年は丁亥(ひのと・い)
来年は己丑(つちのと・うし)になります。

さらに、五行の五、十干の十、十二支の十二
5,10,12の最小公倍数は60!
だから戊子という年は60年に一度。
60年で還って来る訳ですね。   だから還暦と言うんです。
K国では還甲(ファンガッp)と言います。



くだらないお喋りをしました。
ついでと言っては申し訳ないんですが、銀座清月堂サンのも。
d0065324_2063665.jpg
d0065324_2065020.jpg

by amamori120 | 2008-01-13 20:00 | 甘党キングダム(風流堂) | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://amamori.exblog.jp/tb/6963487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barnes_and_noble at 2008-01-13 21:26
風流堂さんのは餡にゴマも入っているような色ですね。、ねずみの焼き印のドラ焼きもなかなかおつですね。
Commented by はーさん at 2008-01-13 21:30 x
パパから教わったことのお浚い~☆
とっても勉強になりました m(__)m

パパは教え上手でいらしたのですね!
あーさんも教え上手 よく理解できました(^^)v

お正月に干支羊羹を頂きましたが
干支の和菓子また買いたくなってきました♪
Commented by amamori120 at 2008-01-13 21:31
>barnesヨサ  お早いお着きありがとうございます。
写真の腕が悪いので、こんな色ですが、ホントは小豆色なんですぅ
ドラの方のカットは多少気を遣いました ww
Commented by amamori120 at 2008-01-13 21:33
>はーさん  こんばんHA
優れた頭脳のはーさんなら一読でご理解いただけたでしょう♪

私も子年に因んだお菓子 またgetしますぞっ。
Commented by ぐ~ at 2008-01-13 21:57 x
さすが戻って来られて、2度目の方は物知りで・・・
還暦プラス39だったのね~。ははは

Commented by amamori120 at 2008-01-13 22:12
>ぐーさん  お晩です。
ついでですがK国は壇紀という暦も使います。
西暦+2333なんです。神話ですが、わが国の神武天皇みたいに、壇君というのが朝鮮を建てたのが紀元前2333年らしいです。
ほんまかなぁ ww
あぁ これもパパから。
Commented by みっちゃん at 2008-01-13 23:14 x
やっぱり(^^)子がついたお菓子はお正月らしくてよいですわ~♪ 干支・・・ 陰陽五行・・・ 奥が深いですわ~
そういうアタシは・・・干、言ってもバレそうなんで(・_・)やめときまふ♪
Commented by ke-kosan at 2008-01-13 23:26
美味しそうですねぇ~。
清月堂さんはおとしぶみしか食べたことがありませんが、
このお菓子もさぞ美味しいのでしょうネ。
Commented by asagao314 at 2008-01-14 00:20
干支のお菓子を頂くって縁起がいいですよね~
お年賀で頂いたおせんべいで『干支煎餅』と言うのいただいたのですが
おまけが付いていて、ねずみのペアの置物でした♪

干支のお話しも勉強になりました!
Commented by lalala-la at 2008-01-14 00:28
パパから教わったことのお浚い・・・ 大変勉強になりました♫
60年をサイクルに暦が還るから、「還暦」! なーるほど~。
それにしても・・・ この干支絵馬菓子、美味しそうなのもさることながら
(コレは上用ですか? 皮もとても美味しそうです♪)「子」の字が
折り目正しく並んでる~! 日本人ならではの細やかさですね。
Commented by pinkcowgirl at 2008-01-14 02:52
>パパから教わったことのお浚い・・・
パパは何でも知っているんですね。
還暦の人はなんで赤いチョッキ着るのですか>

風流堂さんの、白とピンクはいつ見ても奇麗な色合いですね。

Commented by amamori120 at 2008-01-14 08:56
>みっちゃん  おはようござんす。
今年いっぱい子年ですが、やはり新春じゃないとネ
真夏に子年の饅頭食っても・・・・

みっちゃんも、いつまでも5歳でいとくんなはれww
Commented by amamori120 at 2008-01-14 08:59
>けーこさん  レスが遅れました。
風月堂サンに外れはありませんね♪
清月堂サンも総合和菓子店ですから色んなのを造っていますヨ 
Commented by amamori120 at 2008-01-14 09:07
>asagaoさん レスが遅れました。
干支のお菓子なんて日本のお正月らしくいて良いですねぇ♪
おまけ付きとはasagaoさんもラッキーでした!
きっと良いことがありますよ。

干支の話、ご参考になれば幸せです。
Commented by amamori120 at 2008-01-14 09:11
>ららら子さん レスが遅れました。
ご参考になりましたか。
昔の人の知恵には驚かされますね。

風流堂サンの和菓子、ららら子さんにも一度は味わっていただきたいナ
Commented by amamori120 at 2008-01-14 09:15
>あや姐さん こちらでは、おはようございます。
昔「パパはなんでも知っている」というアメリカ製のTV番組がありました。毎週楽しみに観ていたことを思い出します。

還暦といって元に戻る→赤ちゃんに戻る  ので赤い物を着る・・とパパは言ってました。

風流堂サンの和菓子 サイコー!  ですね♪
Commented by seoulhappydays at 2008-01-14 16:58
12年に一度のお菓子ですね~それだけでも付加価値が・・・
私は何を隠そう、かの出生率の下がる干支です。
この五行と重なったばかりに・・・そして、早生まれのため、恩恵にはあやからず・・・
今ではあまり気にする人もいないでしょうが(ホンとかな?)
Commented by い~さん(^^) at 2008-01-14 17:47 x
お母様のお皿で
風流堂さんの
子年の和菓子~
最高ですね  (^_-)-☆
Commented by かにちゃん at 2008-01-14 19:52 x
気になってた素敵なお皿 (^▽^) お母様のだったんだぁ~

美味しかったでしょうね ~ うらやましぃ
Commented by amamori120 at 2008-01-14 21:49
>seoulhappydaysさん  レスが遅れました。
丙午ですね。 でも今は誰も、こういうことを知らないみたいですから
ケンチャナヨ ww
まだ一月ですかた子年菓子探します♪
Commented by amamori120 at 2008-01-14 21:51
>いーさん レスが遅れました。
亡母も私に似てshyですから、恥ずかしがっているかも・・です(^_-)-☆
Commented by igu-kun at 2008-01-14 21:59
十干と十二支の組み合わせ、大変勉強になるお話です。
今年の干支にちなんだお菓子はどちらも美味しそうですね。
上品な甘さ、その佇まいから伝わってきました。
Commented by amamori120 at 2008-01-14 22:00
>かにちゃん  レスが遅れました。
これは亡母が趣味で焼いた伊賀焼きだそうです。時々登場しますが、都度感無量に。  親孝行な雨漏りですね ww
Commented by amamori120 at 2008-01-14 22:04
>igu-kunさん  こんばんHA
いつもありがとうございます。
つまらぬことを書いてしまいました。
ウチの娘共は全く耳を傾けようとはしません ww
困ったものです。

風流堂サン いつも上品な美味しさを味わわせてくれます♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< タカラブネのドラ焼き 「日本の神社」 >>