中村汀女「ふるさとの菓子」

d0065324_17521810.jpg
中村汀女「ふるさとの菓子」
2006.9 アドスリー/丸善・刊
¥1,365
 
風流堂サンの内藤守社長様から贈呈されました♪






d0065324_2021516.jpg

俳人・ 中村汀女サンが約130点のお菓子を挙げて、お菓子への熱い思いを、俳句とともに、綴った本です。「婦人朝日」「婦人画報」に連載したものです。

汀女サンの菓子観を少しご紹介してみましょう。
「女にとって菓子とは酒であり、莨(たばこ)であり、そしてひそかな手頃な(?)恋人である・・・・・」

毎日の食事の「その間の、いささかのくつろぎに、菓子のある日とない日とは、こんなにも気持ちに影響するかと思うときがあります。考えて、一つの菓子が待っていてくれる日はたのしい。さて、何ものもない--ということはどの部屋もがらんとした感じに、ほんとにさむざむとわびしいのでした。」

「菓子の季節感、これはもっとも日本のお菓子の魅力ではないでしょうか。よき国ぶりにめぐる四季、恵まれた季節を迎えるよろこびは、まったく大事な菓子に盛るよりほか仕方がないといえるかも知れません。また菓子作る心には殊更によき自然の姿が映るか知れず・・・」

「ほんとに私はただ菓子をたべるたのしみだけで、菓子に対する恋情みたいなものを書きつづって来ていますが・・・」

「茶道を愛する藩主にめぐまれた土地に、いい菓子が生まれ、つくりつづけられて来た・・・逆に菓子が人の心をやしなう・・・」

では中村汀女サンは、我が愛する風流堂サンの銘菓をどのように愛したのでしょうか?

まず、日本三大銘菓の第一、山川 について。
♪秋かやに見るべき夢もなき如く
♪秋のかや月欠けて行く早さかな

きめ細かな落雁地の紅白重ね。桃色は見事。刃物などとても受けつけない固さが、手で気持ちよく割れて、まことにもよき口さばき。しっとりとした生地の甘さに配した適度の塩味、としよりが「塩あんばいがいヽ」といったものだが、甘さを補う塩加減に苦心も誇りもあることと思う。不昧公好みのなうての名菓。こんな明るい桃色を愛でた殿様に私は好感が持てた。
d0065324_17594899.jpg

d0065324_22281241.jpg



次ぎに、松江名菓 若草
見た瞬間、あっと言いたい若みどりの鮮やかさ。岩絵具の緑青だ。その固いそぼろに包んだ求肥が玉のような美しさで冷たい甘さがすぐまた口に溶けて、不思議に渇を忘れさせるのだった。湧き出る水に手を浸したときのたのしさがふと思い出されて来たが、これほど春の季感をはっきりさせる菓子も珍しい。気品といい、いずまいといい類の少ない名菓。
d0065324_180392.jpg

b0073861_1861159.jpg

♪清水とも菓子をたとふる夜なり恋ふ




最後にこれも定番の 朝汐 です。
・・・性に合ったお菓子は多いようでまた少ないものですが、朝汐は私の性にぴったりでした。
・・・山芋製・・・地小豆を晒しきったという餡は、まったくその感じ、それに私はその塩加減に感心します。小豆餡の香のよさが、朝風のさわやかさほどに残り、一杯の茶が欲しくなる。私の何よりの有り難いひとヽきのようです。・・・

♪砕け散る春の大浪旅立たな
d0065324_1805610.jpg

d0065324_2322096.jpg


松江はもとより、島根でとりあげられているのは風流堂サンのみ。
また三点も挙げられているのは全国でも風流堂サンだけです。
中村汀女サン、よほど風流堂サンがお気に入りだったようです。


汀女サンのお嬢さん小川濤美子サンが、あとがきに書いています。
・・・最後の入院の頃まで母は「菓子と俳句」を作りつづけた。・・・


転載許可を得てませんが独断でUPします♪
d0065324_1832238.jpg

トラックバックURL : http://amamori.exblog.jp/tb/5416536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by い~さん at 2007-05-16 19:01 x
すごいですねぇ~
風流堂の社長からとは

そこまで~松江のお菓子を愛でていただいて
ありがたいことです (拝)

ますます~の
UP たのしみで~す

Commented by amamori120 at 2007-05-16 19:22
>いーさん  お早いお着きありがとうございます。
たいしたお客でもないし、弱小ブログをしこしこやってるだけなのに、風流堂サンには、よくして頂いています。

しかし、いーさんも、彩雲堂サンのサイトでは上位にランキングされてるようですよ♪

私も、出雲には満更縁がない訳でもないので、引き続き松江のお菓子を紹介して行きたいと思っています♪
Commented by ba at 2007-05-16 20:00 x
ブログに動画を張って、お金をゲット!アフィリエイトよりも稼げるよ。
簡単申込はこちらhttp://www.ganzis.jp/japanese/bl/pe_apply.php
Commented by jsby at 2007-05-16 20:49
風流堂さんの社長さんからじきじきに本のプレゼントとは。素晴しいです。和菓子を愛する師匠の気持ちが嬉しかったのだと思います。中村汀女さんによる「ふるさとの菓子」、和菓子に対する気持ちがとてもよく表現されていて、うんうんと頷きながら拝見させていただきました。時に下記に心を動かされました。

・考えて、一つの菓子が待っていてくれる日はたのしい。さて、何ものも
 ない--ということはどの部屋もがらんとした感じに、ほんとにさむざ
 むとわびしいのでした。

・菓子の季節感、これはもっとも日本のお菓子の魅力ではないでしょうか。よき国ぶりにめぐる四季、恵まれた季節を迎えるよろこびは、まったく大事な菓子に盛るよりほか仕方がないといえるかも知れません。また菓子作る心には殊更によき自然の姿が映るか知れず・・・」
Commented by amamori120 at 2007-05-16 21:19
>jsbyさん
風流堂サンの手先活動・・・大成功です www   冗談です。
俳人独特の文体、言葉遣いが印象的でした♪
Commented by yokochank at 2007-05-16 21:27
すごい、社長さんからの贈り物なんですね(!)。amamori国王の
好みのツボをよく押さえていらっしゃるなあ。 お菓子に寄せる汀女
女史の文章がまた、良い感じですね。
Commented by amamori120 at 2007-05-16 21:36
>yokochankさん
何よりのプレゼントだと喜んでいます♪
また、せっせと風流堂サンの和菓子UPしなきゃ ww
Commented by はーさん at 2007-05-16 22:20 x
和菓子入門生には必読書のようですね。
図書館にリクエストしてみることにします。

松江の銘菓を出雲茶で頂く贅沢な気分
ブログで知ったしあわせに感謝で~す♪
Commented by amamori120 at 2007-05-16 22:25
>はーさん
俳句の勉強にもなるし、是非ご一読を♪

一昨年の6月にブログを別名義(知り合い ww)で始めたんですが、
大袈裟じゃなく、我が人生に多大な好影響を与えてくれました。
ゆっくりと続けましょう♪
Commented by ippoyo at 2007-05-17 07:04 x
良い本を知りました。母が13年ほど俳句を習ってます。中村汀女さんの名前も母から聞いていました。母にプレゼントしたいと思います。
Commented by amamori120 at 2007-05-17 17:16
>ippoyoヨサ
レスが遅れました。
中村汀女さん ホトトギスの重鎮でしたね。 虚子に直接教えを受けた人です。

いいプレゼントになると思います♪
Commented by けーこ at 2007-05-17 23:37 x
社長さんからの贈り物とは、すごいですね。
私も風流堂さんのお菓子、いつか食べてみたいです。

ところで岡山はありました?
Commented by amamori120 at 2007-05-18 18:02
>けーこさん  レスが遅れました。

是非一度風流堂さん お試しください♪

岡山県は
1 大手饅頭伊部屋
2 広栄堂武田  吉備団子
3 倉敷 橘香堂 むらすずめ

が、採り上げられています♪
Commented by ippoyo at 2007-05-19 17:16 x
母に早速送ってみました。さっき届いたようでとても喜んでいました。母が「中村汀女さんのこと好きって言った事あったかしら?」と。まさか私から本が送られてくるとも思ってまかったし、汀女さんのこと覚えてるとも思ってなかったようです←これってどんな娘って思っていたんでしょうね(笑)
素敵な本を紹介しいただいて感謝です。
Commented by amamori120 at 2007-05-19 23:18
>ippoyoヨサ  レスが遅れました。
さすが実行力のippoyoヨサと感服♪
親孝行されましたね♪
いささかでもお役に立ててて嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by amamori120 | 2007-05-16 18:04 | 甘党キングダム(風流堂) | Trackback | Comments(15)