時実新子サン 略歴

d0065324_22283232.jpg
句集「有夫恋」をご紹介しましたが、彼女の私生活を、もっと知りたいという、或る意味、覗き趣味乃至助平根性から、エッセイ集を何冊か借りて読んでみました。

←2004年頃の新子サンです。









時実新子 略歴

   1929年 岡山市生まれ
          1945年 岡山県立西大寺高女卒
          1946年 姫路市へ嫁ぐ(17才)
          1947年 長女誕生(18才)
          1951年 長男誕生(22才)
          1985年 夫死亡
          1987年 曽我碌郎と結婚(58才)
          2007年 死去

「再婚ですがよろしく」平成7年6月 海竜社・刊 ¥1,400
d0065324_064735.jpg

「思いもかけないしあわせ」平成10年8月 PHP・刊 ¥1,575
d0065324_07791.jpg

「悪女の玉手箱」平成14年11月 有楽出版社・刊 ¥1,575
d0065324_08231.jpg


色々判って来ました。
あの”過激な”川柳を生み出した背景、実によく納得出来ましたヨ。

岡山県生まれということになっているが実際には香川県の沖合の塩飽諸島の一つ本島字笠島で生まれたらしい。ここは母の故郷だ。
父と母は神戸で出会って姉と私が生まれた。
父は小豆島の産。

この父は、新子が嫁いだ数年後に母を捨てて、余所の女と出奔し心中未遂を起こしている。(また、戻って来た)
姉も、婿入りした義兄(役人)を捨てて、”とんずら”し、後に離婚している。
新子も、子が育つのを待って、48才で家出し、6年間、大阪府茨木市で過ごしている。
このときは、時給200円で働き、夜は”書いて”いた。サービスエリアの公衆便所の二階を借りて暮らしたという。

四人家族のうち、三人が配偶者を捨てて家出する!!という、なんともユニークな、ハゲシイ一家ですね。
何もしてないのは母だけ。(母は無学な人だったと新子は言ってます。) 父の血が娘達に伝わったんですかね。

初恋は女学校の音楽教師だったが。新子17才の誕生日に求婚され、河原で初キスをした。
しかし、彼は複数の女学生にラブレターを出すような男で、当然この恋は成就しなかった。

新子の家は前述のように二人姉妹だが、姉には恋人がいたらしいのに、婿養子を取るように強制された腹いせからか、新子を、今すぐに嫁に出すなら婿を貰ってもよいというワガママを言い出し、母の一存で新子の結婚は決まってしまった。
女子医専に合格していたのに、学校が空襲で丸焼けになってしまい、ここへの進学はあきらめざるを得ないし、しからばというので頑張って推薦を得ていた奈良女高師(奈良女子大)への進学の道も断たれてしまった。

17才で姫路に嫁いだが婚家は大家族の文具店。夫は10才年上の27才だった。
夫は、2種予科練上がりの傷痍軍人。頭に弾丸を受けていて、傷の発作で暴力を振るうような男だった。
それも新子に対してだけ。今で言うDV(ドメスティック・ヴァイオレンス)というやつですね。
新子さんは言う「地獄のような生活を39年も全うした」が「家族を捨てて何べんも何べんも逃げようとした」そうです。
「地獄」とは、大家族の中の苦労や、夫のあくなき暴力を指しているのではないようです。
それは「夫を、とうとう好きになれなかった」ことでした。

当時、戦後の数年間は、復員兵と女学生との組み合わせは、ごろごろあったそうで、とくに敗戦直後のどさくさに進駐軍を無闇に怖れて「それ嫁(い)け、やれ嫁け」と母に追い出された形ですね。無学な母のやりそうなことです。

♪投げられた茶碗を拾う私を拾う♪
「夫は戦争で頭に傷を受けた気の毒な人だから、なんぼでも投げればよいと思っていた。的が私にかぎられているのもありがたいことだった。”死ねっ!”と思わなかったらウソになる。」
夫の暴力は恒常的なものだったようです。「耐えながら夫を軽蔑した。叩き返す手さえ汚れる。口答えするさえ厭わしい。」

今だったら、即・離婚・・・ですね。 新子さんは何故こんな結婚生活を続けたのでしょう?
当時の倫理観、教育のしからしむるところでしょうか? (嫁しては夫に従い・・・)

後年、こんなことも言ってます。
「10才年上の前夫、きらいではないが、好きにもなれなかった。そのまま死別した。生涯キスを許さな」かった。
「キスは好きな人とするものだから」。
加賀まり子のデビュー作?で、娼婦を演じる彼女が「ボディOK、キッスNO!」と叫ぶシーンを思い出してしまいました。 ww

そして「私を通過していった数少ない男たち」が居たんですねぇ。
そのうちの一人でしょうか 「・・・そのまま終われば粋なのに、男が白いカバンを提げて家出してくるわ、その女房が『夫を返せ』と怒鳴り込んでくるわで、さんざん痛い目にあった・・・」ということもあったようです。
ついでに、「有夫恋」というのは彼女の造語で、不貞、不倫という言葉が嫌いだとも言ってます。

さて、「50も過ぎて、夫に隠れて今の夫に逢っていた」ようですが、この人は出版業をやっていて、新子さんの「第二句集」や、書き下ろしの本を出してくれたんです。ロイド眼鏡の怖いおじさん・・・という印象を持ってたみたいです。
これが、友人→恋人→夫 となった曽我碌郎氏ですね。
「五十代(58)でなにをまちがえたか--強いて言えば再婚」をしてしまうんです。
「世間的には再婚。ところてんのように押し出された十七才の嫁入りを私は結婚と思っていない。初めて自分の意思で結婚した。」と言ってます。
ところが、或る講演会で「貞女は二夫にまみえずっ!」と叫びだした、どこかのおばあさんが居たことも記されています。有名税の一つですかね。まぁしかし58才での再婚というのも、そんなによくあることじゃありませんね。

しかし、この再婚も、非の打ち所がない・・・というものではなかったようです。
男女の”おつき合い”と”結婚”は全然別のものですからね。
何も、その年になって結婚しなくても。ただおつきあいだけしててもいいのに・・・と一般的には思われますが、「・・・なにをまちがえたか・・・」と言ってるように、新子さん、「まちがえた」のか、ただ照れているだけなのか、よく判りません。

こんな風に愚痴ったりしています。「通行人より、しらしらと心がすれ違っているので、それぞれが一人暮らしの様相である。夫とは思えないので『ミスター某』という名を献じた。」
こういう記述が時々出て来るんです。

でもまぁ夫と妻としては概ねフツーに暮らしたようですが、結婚生活の間、夫は色々と病魔に冒され、癌になって人工肛門を付けるようになり、その器具の洗浄などを妻としてちゃんとやっていたようです。
この頃は、経済的には新子さんが殆ど主務的役割を果たしていたようです。
夫の欲しがるものを大抵は買ってやり、大きいものでは秋田に山荘を買い、仏像まで買って開眼供養もしています。

二度目の夫は結核で亡くなったそうです。

1993.3~7 神戸新聞に<わが心の自叙伝>を連載したそうで、これが入手できれば、もっと系統立てて新子さんのことが分かるんですが、既掲の3冊のエッセイ集を拾い読みしただけなので、こんな不出来な記事になってしまいました。
ご海容を乞うと共にお付き合いくださりありがとうございました。
トラックバックURL : http://amamori.exblog.jp/tb/5313907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanachan at 2007-05-03 00:44 x
雨漏り書斎主人さん、こんばんは。
本当にお疲れ様でした。
いつも甘い物の記事に目が行く私ですが興味深く読ませていただきました。
この雨漏りさんの記事を読ませて頂いて、時実新子さんのあの川柳が納得出来ましたよ。
ほんと、凄い環境の中で育ち、ご自分の人生も波乱万丈ですね。
39年耐え続けたなんて凄いですね。昔の人は辛抱強いですもんね。

58才での再婚ですか…何だか疲れそうですね。
夫婦って本当に大変だなぁと思います。
他人同士ですからやはり心を配り合って過ごしていかないといけないなと思います。
よっぽど絆が強くないと仮面夫婦の様に過ごして行く事になるのでは?と最近色々な先輩のお話を伺って感じています。
ご主人に感謝そして妻にも感謝して、お互いがそんな気持ちがもち続けられるといいのにと思います。
「思いもかけないしあわせ」ってなんでしょうね。
Commented by miki3998 at 2007-05-03 01:36
なるほど、無学な母親に嫁に出されたのですね。

 私はよかったわ、嫁に行けとはついぞ言われたことがありませんもの。
 おかげで婚期が遅れましたが、母は結婚したいと思ったときが適齢期と言ってくれました。 ありがたかったです。

 幸せは自分で決める…誰かの言葉ですが、新子さんは自分が幸せだったのですね。 周りは分かりませんが・・・。 
Commented by masuchi-mama at 2007-05-03 08:57 x
おはようございます~。興味深く読ませて頂きました。
どんな人生を送ったら、あのような激しい川柳が生まれるのか?
新子さんに興味があったので・・・なんとなく理解できた気が致します。
しかし・・・すごい家族だったのですね!4人中3人が配偶者を
捨てて家出なんて・・しかも17歳で、イヤイヤ結婚を押し付けられて。
お気の毒でした。時代が悪かったのが一番かもしれませんが
親の愛(特に母親)にも恵まれなかったのですね。

前夫にキスも許さなかった!という話もすごい。本当に愛しては
なかったのですね・・・。
新子さんは人一倍オトコ好きで色欲の強い人だと思っていましたが
自分の元家族のしがらみから人生がスタートした感じがして
お気の毒な部分が多かったのがわかり、申し訳なく思いました。

お兄さま・・色々教えていただきありがとうございました。
Commented by amamori120 at 2007-05-03 09:25
>hanaさま  おはようございます。
長い拙文にお付き合いいただきありがとうございました。
私の周囲は、私を含めて凡人ばかり。ゲージュツ家は一人も居ません。
こういうトンデモナイ経験が彼女を作ったのでしょうか?
平凡に死んで行った亡母を思い出しています(;_;)
Commented by amamori120 at 2007-05-03 09:31
>miki先生 おはようございます。
こないだお母上に逢わせていただきましたが、新子さんの母とは比較しようもないくらいの素晴らしい方ですね。
親がしっかりしてないと、一般的に、子は二流、三流の人生を送ることになるようです。
でも、新子さんは不合理な境遇を”乗り越えて自分の世界を作った”と思えます。
Commented by amamori120 at 2007-05-03 09:40
>ますちーお姉様  おはようございます。
長い記事をお読みくださりありがとうございます。
大体、彼女の作品から想像はできましたが、こんなスゴイ生活をしていたんですね。洵に宜なるかな、という感想です。
ただ単なる不貞妻、淫奔女にとどまらず、多くの人の胸を打つ句を作れた強さは尊敬すべきですね。ほんとうに”強い”人でした。
Commented by い~さん at 2007-05-03 10:41 x
よくわかりました
これなら納得です。

本当人間は
微妙なバランスのなかに存在しているのが
よくわかりました。

夫も捨てきれない気持ちもわかる気がします。
でも一方自分も 生かしたい気持ちも
Commented by jsby at 2007-05-03 16:04
師匠の丁寧な解説を拝見し、時実新子さんが詠まれた川柳集「有夫恋」が読者の心を何故に惹きつけるか、納得できたような気がしました。波乱万丈な人生を送られた方なのですね。男尊女卑の世の中にあって、辛い思いをたくさんされてきたのに、しなやかでバイタテリィ溢れる姿勢が素晴しいです。
Commented by 絵美香 at 2007-05-03 17:21 x
こんにちは。 
時実新子さん、壮絶な人生でしたね。 
時代のしがらみや家庭の束縛はありましたが、常に心は自由だったんですね。 
とても強い女性だと思います。 
人の心に響く句は時実新子さんの人生経験の賜物ですね。 
先生、解説有難うございました! 
Commented by amamori120 at 2007-05-03 22:47
>いーさん  レスが遅れました。
まぁ なんとも複雑な個性の持ち主だったようですね。
ただの色好みのオバサンなら、そこらにでも居るんでしょうが、彼女は
生活と思想を芸術にまで高めたんですね♪
Commented by amamori120 at 2007-05-03 22:50
>jsbyさん  レスが遅れました。
すさまじい人生だったと考えられますね。
或る程度、句から想像できましたが、ご自身の口から語られるのを読むと、あぁやっぱり・・・辛さ、悲しみを乗り越えた強い人ですね♪
Commented by amamori120 at 2007-05-03 22:54
>絵美香課長  レスが遅れました。
お粗末なことでございました <(_ _)>
時代の風潮、世間体、家族・・・そういったものをすべて放り投げて自由に生きられた強い人だったようです。
折に触れて「有夫恋」読み返したいと思っています。
Commented by tmsay-612 at 2007-05-03 23:00
時実新子さんの句をセンセイに紹介していただき、いったいどんな人生を歩んだ人なのだろう、と思っていました、想像ではつくれないほどの激しい‘情念’に溢れる句がありましたものね。
壮絶な人生を歩まれた方のなのですね。「もはや戦後ではない」の時代に育った私には想像もできません・・・こんな時代のせいと人生を受け入
れて何十年も過ごすこの精神力はなにから来るものなのでしょうか・・・
強い心、精神の自由さを失わなかった新子さんの凄さを感じています。
こんな人生を教えていただいて、もう一度新子さんの句を読み直してみたいなと思いました☆tmsay☆
Commented by amamori120 at 2007-05-03 23:23
>tmsayさん  こんばんHA
新子サン 昭和4年生まれですから、私の亡母よりよほど若いんですが、ホントニこんなことがあるんだろうかと思うほど、「壮絶な人生を歩まれた」人なんですね。
20代、30代、40代、50代の新子サンの写真があったら観てみたいという気持ちを抑えきれない雨漏りです。
anyhow、希有な”女性”でした。
Commented by は~さん at 2007-05-03 23:49 x
♪投げられた茶碗を拾う私を拾う♪
新子さんの素晴らしさを知る川柳ですね。

今も、このような心境で暮らしている女性
いらっしゃると思うのですが・・・
結婚という制度 男と女の関係 
容易なものではありませんねぇ~

江戸の庶民は離婚が多かったという話を
聞いたことがありますけれど・・・
Commented by yokochank at 2007-05-04 00:15 x
なかなかドラマな人生ですね。でもそこはかとなく魅力的な女性。
しなやかな強さを感じますね。
Commented by amamori120 at 2007-05-04 00:17
>はーさん  こんばんHA
多分、結構な数、居るんでしょうね。 
人類の大多数がしている結婚という制度、悪くはないと思うのですが・・・

江戸の庶民は、周りが承知しているという制度で、法制的には結婚離婚は簡単にできたようです。  だから重婚も平気であったようです。

anyhow、betterであれ、bitterであれ、halfとしてともに人生を渉る間柄でありたいものです。
Commented by amamori120 at 2007-05-04 00:24
>yokochankさん  お晩です。
まぁ少なくとも私の親類縁者の中には、新子サンのような人は居ませんね。  ごくごくフツーの結婚生活を送っていたのでは、あんな句は詠めなかったでしょう。
私は、職場の運営理念として、noble stubborness というのも掲げていますが、彼女の生き方に一脈通ずるものがあるのではと思ったりします。
Commented by pinkcowgirl at 2007-05-04 12:26 x
想像出来ないようなオットの暴力に39年耐えた
新子さんの人生厳びしかったんですね。

私も・・・・
「キスは好きな人とするものだから」を読んで
ジュリア・ロバーツの「Pretty Woman」で娼婦を演じる彼女が「ボディOK、キッスNO!」といっていたシーンを思い出してしまいました。

昨日お隣の町まで出かけ、
帰宅途中で雨がしとしと降り始め、またまた竜巻警報がで、
何と昨日の雷、今年一番の激しさで、電気もぱちぱちきえたり、
でも雨が上がった後は空いっぱい拡がる虹を見たのです。
今日は静かでした。



Commented by amamori120 at 2007-05-04 12:44
>あや姐さん  こんにちHA
荒れた後の虹、さぞや綺麗だったろうと想像します♪
被害はなかったですか?  お見舞い申します。

亡父も帝国軍人上がりでしたが、養子だったせいか、真っ当な男、フツーの夫だったようです。

江戸時代から、プロも思い交わした男としか口吻はしなかったようですね。 
Commented by みっちゃん at 2007-05-04 14:40 x
あらやだ♪(・_・)昔の上司に雰囲気ソックリ・・・
その昔・・・顔も知らない許婚と結婚するのは当たり前だったものねぇ・・・DVって・・いつの時代も健在ね。
うちの家系って(・_・)双方の明治時代の祖父母・・・
恋愛結婚だったの。 しかも母方は、すぐ子供ができなかったら「子無きは去れ」って追い出されそうになって駆け落ち・・・・。(・_・)そんな情熱的な家系なのに・・・
なんで(・_・)? アタシ・・・。
もとい・・・時実新子サン・・・
生き抜いてきた素敵なお顔ね(^^)
Commented by amamori120 at 2007-05-04 17:57
>みっちゃん
ビックリしやはった?

人類の最初期から恋愛結婚はおましたナ。
みっちゃんも早う、情熱を燃やす環境に入んなはれや♪

嫁して三年子無きは去れ・・・ひどい時代やったんどすな。

新子サン エエ顔したはります♪
Commented by ke-kosan at 2007-05-04 21:26
どんなお顔をしていらっしゃる方なのか
興味があったので、
紹介してくださって嬉しいです。
なるほど、
彼女の人生もかなり激しいものですね。
ああいった句が生まれるはずですね。
Commented by amamori120 at 2007-05-04 21:40
>けーこさん
これはもう70歳くらいの時の写真だと思うんですが、まだまだ色気がありますね♪

思う存分に生きて思い残すことはなかったのでしょうね。
Commented by 長屋 at 2007-05-05 11:38 x
出遅れましたが―
人生の解説、ありがとうございます。
新聞の訃報記事ではうかがうことのできなかった波乱にとんだ
激しい人生、だけど流されることのなかった芯の通った人生を
知ることができました。
DVにそんな長年耐えたなんて・・・。離婚が簡単ではない時代だったのでしょうね。句を詠むことによって自分を保ってきたのでしょう。
Commented by amamori120 at 2007-05-05 12:30
>長屋女王さま
こんにちHA
少しはお役に立てたでしょうか?
当時の風潮・習慣とはいえ、ヒドイ境遇にブチ込まれ、精神のバランスを図るためには、こんな行動をとる必要があり、それを川柳に昇華させた新子サン、やはりスゴイ女性だったと思います。
Commented by bricolage at 2007-05-09 22:38
E区の聖様、こんばんは。^^
少しばかりご無沙汰してしまいました。また、よろしくお願い致します。
昨日、朝のワイドショーで新子さんの特集を観ました。
ご覧になっていましたか?
長屋女王さまのコメントのお返しにも書いていらっしゃいますが、まさにこの方の背徳は、精神のバランスを取るためのものだったのですね。
今回は、amamoriさんのおかげで、色々、お勉強させて頂きました。
本当に興味深い人です。
書籍を買って読もうかと思っています。

つゆの


Commented by amamori120 at 2007-05-09 22:44
>つゆのさん  お晩です。
K→E  軌道修正早いですね、さすがつゆのさん♪
GWはたっぷり楽しまれましたか? ワテは読書三昧でした。

背徳だけで終わってしまい、尻軽女よ、と軽蔑される女性がゴマンと世には居るんでしょうが、新子サン 強い精神力を持っていたのですね。

昨日は早番出勤で、見逃しました。残念なりぃ
Commented by nyhanako at 2007-05-10 19:37
ご無沙汰しておりました。
ご訪問頂いていたのに、コメントもお返しできなくてすみませんでした。
ネット環境の無いところへ旅をしておりました。というのは実家です。ははは。

39年の孤独。私には到底我慢できないでしょう。
「壮絶な」「狂気じみた」「鬼気迫る」という感想は手あかに塗れて、彼女に鼻先で笑われそうです。

今週からまた復帰します。よろしくお願いします。
Commented by amamori120 at 2007-05-10 19:44
>nyhanakoさん
いやぁ  どないしたはりましたん?  心配してましたんやで。
実家へ帰省されてたんですか。
親孝行しやはりましたか?

新子さんのすさまじい半生、凡人には真似が出来ませんね。
また寄せて貰いまっせぇ♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by amamori120 | 2007-05-03 00:11 | 時実新子「有夫恋」 | Trackback | Comments(30)