「日本海」  (風流堂の銘菓 3)

風流堂さんの数多いお菓子の中でもユニークなのをご紹介します。
その名も 日本海
d0065324_22141996.jpg
d0065324_22143817.jpg
そうです。もうお分かりですね。即席しるこです。
d0065324_2217479.jpg
風流堂さんの二代目さんが日露戦争に出征され、無事生還されたのですが、あの東郷平八郎元帥(この時は、まだ大将で連合艦隊司令長官)がロシア・バルティック艦隊に完勝した有名な”日本海海戦”を記念して創製した、即席しるこです。
当時のものは、「日本海」に熱湯を注ぐと、日露両国の国旗が浮上して来るが、やがて日本の国旗のみが浮かんだままで、露の国旗が沈む・・・というものでした。(このカラクリ、お分かりになりますか?当てずっぽうで結構ですから、コメント下さい。正解者全員に雨漏りが本品をお贈りします。)
4/4 追記
答:風流堂さんの栞によれば、日は、せんべい。露は、お餅製・・・だそうです。
「私は正解だ」と思われた方、ご連絡頂ければ、風流堂さんから本品を直送して貰いますので、ご遠慮なくど・う・ぞ。

d0065324_22274127.jpg
d0065324_22275799.jpg
熱湯を注いだら日本の国旗のみが浮上して来ました。
d0065324_2229917.jpg
続いてロシアの国旗も。
日露戦争(1904)勝利百周年にあたり、風流堂四代目さんが、「日本海」を復刻しました。このヴァージョンでは、日露の友好を願い、両国旗が浮かび続ける”平和型”となっています。
d0065324_2234846.jpg
d0065324_22343445.jpg
d0065324_22345514.jpg
日露両国旗が仲良くくっついています。メデタシ、メデタシ♪

アイディア商品ですが、味は第一流の老舗の名に恥じません。
by amamori120 | 2006-04-03 22:45 | 甘党キングダム(風流堂) | Trackback | Comments(34)
トラックバックURL : http://amamori.exblog.jp/tb/2918685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by loja-de-feliz at 2006-04-03 22:56
う~ん分かりません~
日本の国旗は餅系のもので出来ていて、
ロシアの国旗は飴系のもので出来ていて
沈むと言うか溶けてしまうとか・・・(まず違うな・・・)
Commented by amamori120 at 2006-04-03 23:02
>felizさん 今晩HA。 解答は、今少しお待ちくださいね♪
Commented at 2006-04-03 23:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Theo_C at 2006-04-03 23:13
この包装紙が なんとも可愛らしくていいですよね。
見た目もお味も なかなか。。。

あぁ 残念! Theo_C は 答え知っているんです。。。
うーん 知っていても 下さる??
Commented by 鱧男 at 2006-04-03 23:18 x
浮いているのはグルテンでしょうね。おふでいいでしょう?
沈むのがわかりませんね。一度浮いて沈む……。水をすって沈む。ウェハウスも沈みそうですよね。でも、それよりフヤケますよね。
甘党ちゃうから、お手あげで〜す。
Commented by amamori120 at 2006-04-03 23:46
>鍵コメさんat 2006-04-03 23:10   来年は年賀状くださいww
解答は、今少しお待ちくださいね♪
Commented by amamori120 at 2006-04-03 23:47
>テオさん 喜んでお届けしますよ♪ もう少し内緒にしててくださいね。
Commented by harumisan at 2006-04-03 23:50
面白いですね~~!!こんなものがあったなんて。
即席汁粉好きなんです。甘さの中の塩味がいいんです。
100才でなくなったおば~ちゃんも好きだったなぁ。
Commented by amamori120 at 2006-04-03 23:52
>鱧男宗匠  やはりYでバイトされただけのことはありますね。
解答は、今少しお待ちくださいね♪
Commented by amamori120 at 2006-04-03 23:56
>harumiさん 面白お菓子ですねwww  以前UPした岡山の松寿軒さんにも、鶴が浮いてくる即席しるこがありますが、これはさらにひねってますね。
おばあちゃん、長寿だったのですね。私も白寿を目指しています♪
Commented at 2006-04-04 09:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amamori120 at 2006-04-04 09:38
>鍵コメさんat 2006-04-04 09:36
エッ本当ですか?  結構有名なんですね (汗
Commented by bowie94 at 2006-04-04 11:09
答えは分からないけど、こういう遊び心のあるお菓子って
いいですね〜。つるの玉子のお汁粉も面白かったですね。
(私のは結局全て玉砕でした)
仲良くくっつく両国の国旗がかわいいですね。
Commented by ke-kosan at 2006-04-04 12:30
↑やっぱりそうですかっ、ヤッホーさん・・・・(泣)
私もそうでした。何度やっても、それはまるで死んだつるが・・・。

ところでこのお汁粉。
うーん、どんなカラクリなんだろう?
水分を含んで沈むようになってるとか・・・。
でも上手く説明できません~。

Commented by kurakurachaya at 2006-04-04 14:29
うう~ん、分からない~~!!
でも、昨日生麩を乾燥させた桜花びら麩を熱湯で戻したら、下に沈んでいました。一方白玉粉は熱が入ると浮かびますよね~。
だから、よく分からないけど、ロシアの旗はグルテン系の麩か最中の皮みたいなもの、日本の旗は白玉粉みたいな餅系でしょうか~。
難しい~!でも楽しい! こうゆう遊び大好きです!
それにしてもこのお汁粉、たのしいな~♪
箱、包装もとっても魅力的ですね。
Commented by さくらみかん at 2006-04-04 15:46 x
からくりのあるお汁粉なんておもしろいですね。
しかも歴史までしょってるなんて! 
しかけは、わかりません!!(断言) ロシア側は溶けるってことですよね。何でできてるのかな? ゼラチンとか? 
いやいお手上げです。
Commented by revenouveau at 2006-04-04 19:50
もちろん。(って、なにがでしょう?)
おせんべいを食べながらコメントしています。(不謹慎ですね)

さて、答えは…
Commented by barnes_and_noble at 2006-04-04 20:09
遊び心のあるお菓子ですね。うーん、沈むのは、グラニュー糖。沈まないのは、名前が出て来ないけれど、クリスマスケーキの上のサンタさんみたいなやつ(メレンゲ?)。わかりません。
Commented by ninuckey at 2006-04-04 20:16
この記事を拝見してから一晩考えましたが、やっぱりわかりません(笑)
熱湯をかける前の「上」というところに何かミソがあるのでしょうか???
Commented by jsby at 2006-04-04 21:41
師匠、こんばんは。昨日から仕事再開。近距離をと依頼していたのに・・・・東京へ。昨日は春の嵐のごとく強風が吹き荒れ、電車が遅れぎみでした。せっかく東京まで行ったのだからと、千鳥が淵の桜を撮影してこうと思い立ち(午後3時半頃)、いきおいこんで出かけたのはいいけれど、
桜吹雪と肌寒いのとでまいりました。それでも春爛漫の写真を撮影できて満足して帰ってきました。

おっと脱線してしまいましたが、風流堂さんの謎解きに挑戦。日本国旗が浮かんでくるということは、軽いということなので「あられ、もしくはお煎餅」
そしてもう一方はそれより時間差で浮上してくるということは「ロシア国旗がお餅」なのでは?いかがでしょうか?

「風流堂」の名前どおり、粋なはからいですね。さて、正解はいかに・・・。
Commented by みっちゃん at 2006-04-04 22:59 x
(≧▽≦)コレすきっ!!! かわいぃ!!!
「上」って書いてあるのも心をくすぐるし、旗がキュート!!!
で、味もいいなら!!!(^◆^)文句なし!!
Commented by 鱧男 at 2006-04-04 23:22 x
これ、何かの記念日とかの商品としても売れそうですね。
京都のおみやげなら、坊主めくりの楽しさとか。
食文化という感じがしてきますね。歴史もあるし……。
それにしても、予算がすごいblogです。
Commented by amamori120 at 2006-04-04 23:36
>ヤッホーさん ウチも全滅でした。 (>_<)
松寿軒さんといい、風流堂さんといい、老舗がやるので味があるんですね。
Commented by amamori120 at 2006-04-04 23:39
>けーこサン 鶴が起きるまで挑戦してみますかwww

解答は、レスが終わったら本文中に追記します。
Commented by amamori120 at 2006-04-04 23:42
>chayaさん このパッケージ、なんかレトロで趣がありますね。
味もお気に、なので常備在庫にしようかとも思っています。
Commented by amamori120 at 2006-04-04 23:44
>さくらみかんサン 面白いでしょう? 熟年夫婦が、「アッ浮いてきたっ」なんて騒いでいるところを想像してみてくださいwww
Commented by amamori120 at 2006-04-04 23:46
>さ・え・らサン  6個入りの半分お贈りしましょうか? www
Commented by amamori120 at 2006-04-04 23:48
>barnes_and_nobleさん この遊び心、老舗の余裕ってやつでしょうか。   今少しお待ちください。
Commented by amamori120 at 2006-04-04 23:50
>ninuckeyさん その辺は未検討ですwww
そうだ、 upside down 実験してみます♪
Commented by amamori120 at 2006-04-04 23:54
>jsbyさん お仕事再開、お疲れ様です。
住所をご連絡ください♪
Commented by amamori120 at 2006-04-04 23:56
>みっちゃん   包みを開けたとき、 ”上”には笑っちゃいました。
やはり老舗の商品はいいですねぇ。
Commented by amamori120 at 2006-04-04 23:59
>鱧男宗匠   前にも言いましたが、赤坂あたりに出没していた頃の1杯2万円相当のウーロン茶に比べれば、和菓子は安いものですよ。
Commented by julywind727 at 2011-03-01 23:35 x
雨漏り書斎さん、トラバありがとうございました。
風流堂さんの懐中しるこはやはり他とは全く違って素晴らしいですね!
こんな仕掛けがあるとは思いませんでした。実際に見てみたいです。
箱も中身もレトロで素敵です。ご紹介ありがとうございました♪
Commented by amamori120 at 2011-03-02 00:12
>julyさん
いいえ、どーいたまってぇ ♪
味もさることながら、カラクリが面白いですねぇww
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< よい夫婦「胸キュン」のひと言 2 朝汐 (風流堂の銘菓 2) >>