風流堂サンの花歌暦  師走

d0065324_1231040.jpg師走です。

あと数年で金婚式を迎えようといふ雨漏り夫婦ですが、これまでとは大きく違った環境で迎える師走・・・
けふは『マグダラのマリア』経験を006.gif












d0065324_1239627.jpg



今年の 風流堂サンの花歌暦は、三十六歌仙のうち、紀貫之と紀友則の歌から。画は、いつも通り十河勝一さん。



三十六歌仙

柿本人麿 紀貫之 凡河内躬恒 伊勢 大伴家持 山辺赤人 在原業平 僧正遍昭 素性法師 紀友則 猿丸大夫 小野小町 藤原兼輔 藤原朝忠 藤原敦忠 藤原高光 源公忠 壬生忠岑 斎宮女御 大中臣頼基 藤原敏行 源重之 源宗于 源信明 藤原清正 源順 藤原興風 清原元輔 坂上是則 藤原元真 小大君 藤原仲文 大中臣能宣 壬生忠見 平兼盛 中務

紀貫之  872?~945 平安時代前期の歌人、文章家。古今和歌集の撰者の一人。彼の入集歌は全体の1割を占める。930年、土佐守となり、935年、帰京するが、この帰途の文章が 「土佐日記」である。


紀友則  生没年不詳。紀貫之の縁者。古今集には46首が入集。「小倉百人一首」にも入った ”ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらん”は、よく知られる。

                        平凡社「日本文学事典」 より





d0065324_12312440.jpg




師走


 檀(まゆみ)

  ♪ 手もふれで 月日へにける 白まゆみ

             おきふし夜は いこそねられね

                            紀貫之


 菊

  ♪ わが宿の 菊の垣根に おく霜の

            消えかへりてぞ 恋しかりける

                            紀友則







それでは 風流堂サンの銘菓のご紹介を ♪



和菓子の大老舗の作るカステラ 011.gif
d0065324_12414214.jpg

d0065324_1242244.jpg

d0065324_12422048.jpg
思わず微笑んでしまふ、懐かしさいっぱいのカステラでした♪



d0065324_12432532.jpg

d0065324_12434865.jpg

d0065324_1244793.jpg
天下の大名店が作る遊び心に溢れたお菓子です ♪
d0065324_1244281.jpg





不昧公お好みの銘菓 山川 を伝承する出雲・松江の風流堂さん。(netで頼んでも親切な対応してくれますヨ)
by amamori120 | 2013-12-03 12:51 | 甘党キングダム(風流堂) | Trackback
トラックバックURL : http://amamori.exblog.jp/tb/20054885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アメリカカらのチョコ ほか 25.11月  読了本 >>