柳 美里 「石に泳ぐ魚」

d0065324_011271.jpg
02.10  新潮社・刊  ¥1,365   05.10.6 読了

末尾に新潮社からの断り書きが載っています。
本作品は当初「新潮」1994年9月号に発表されたが、その後作中人物のモデルとなった人物から訴えを受け、訴訟の対象となった。裁判は8年におよび、2002.9.24最高裁判所は新潮社と柳 美里氏に対して出版差し止めと損害賠償を命じた。一方、裁判の過程で柳 美里氏は作品の「改訂版」を提出しており、これについても原告側は出版差し止めを請求したが、東京地方裁判所による第一審にて請求は棄却された。その後「改訂版」について法的に争いはなく、この判決は確定している。本書は裁判所に提出された「改訂版」である。

柳 美里については平成8年に第18回野間文芸新人賞、第24回泉鏡花文学賞を受賞した「フルハウス」、平成9年に第116回芥川賞を受賞した「家族シネマ」、他に「水辺のゆりかご」「男」などをリアルタイムで読了している。その後、柳 美里への興味が失せ、書店で彼女の本が陳列されているのを見ても「ああ、やってるな」と思う程度で手に取ることもなかった。
ところがつい先日、若い友人irs-tkbeea氏から本書を読むよう強く勧められ、本まで用意してくれたので、久しぶりに柳 美里を読んでみた。




主人公の梁 秀香(ヤン・スヒャン 柳 美里 )は、前年ある戯曲賞を受賞したが、彼女に戯曲を書くよう勧めた劇団の演出家・風元と愛人関係にある。彼女の作品が韓国で上演されるという話が持ち上がり、その関係で事態は進むが、カメラマンの辻ともベッドを共にするようになる。そして体の関係はしないが、16匹の犬と暮らす”柿の木の男”の家にも泊まったりしている。
小原ゆきのは韓国人の血が1/4入った劇団員。彼女も一緒に韓国へ行く。そこで、ゆきのの友人、朴 里花(パク・リファ)と知り合う。里花は三世、秀香は二世だ。ソウルでは里花の家に泊めて貰い、韓国らしい”情”の濃いつきあいが始まる。
上演される劇場は釜山にあり、日本から同行した、プロモーターであり翻訳者でもある金 智海と共に飛ぶも、色々と不都合が生じ、結局話がまとまらず、金とも諍いを起こして喧嘩別れをする。どうも韓国人とは感性が合わないらしい。そして虚しく帰国。
暫くして武蔵野美大の大学院を受験するため里花が日本にやって来た。寄宿先は国分寺の伯母の家。付き合いを再開する。ソウルでも国分寺でも魚屋が印象的に描かれる。里花は言う。「自分の顔の中には一匹の魚が棲んでいるって思ってたの・・・小さい頃から ずっと ずっとね」
魚とは? 自分の中の醜いものを象徴しているのか?
この後、里花が武蔵美に合格してしまったり、秀香が妊娠して辻の費用で堕胎したり、演出家の風元が自分のアパートで他の劇団員とベッドに居るところへ秀香が行き合わせたりして物語りは進む。
里花の仲間の恩姫が韓国で”統一教会”と思われる新興宗教の虜になったことを聞いて、連れ戻しにソウルへ行った里花が、ミイラ取りのミイラになってしまう。秀香は韓国へ飛び、苦労して里花に面会することができたが里花は完全に嵌っており別れの時も、「彼女の顔の中に棲む魚が嘲笑うように跳ね上がった。」

「改訂版」のためか、モデルのプライヴァシー侵害にあたるようなところは何も思い当たりませんでした。作品中にもあるのですが、自分の父母のことの方が、よほど「侵害」にあたるのでは?と思えるくらいです。
訴えたのは、多分、朴 里花ではないかと思います。
いずれにせよ、それほど面白いストーリーが展開される訳でもなく、ショッキングな描写がある訳でもないのですが、柳 美里の出発点なんですね。

d0065324_1225882.jpgd0065324_1231224.jpg











d0065324_1232943.jpgd0065324_1235248.jpg
トラックバックURL : http://amamori.exblog.jp/tb/1957559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by irs-tkbeea at 2005-10-10 18:45
私がこの作品を雨漏りさんに読んで頂きたかったのは、「表現の自由」とプライバシーと文学の関係について色々意見を聞きたかったからです。私は人権を侵害する自由は許されないと考えていますので、たとえ多少改定されていようとこの作品を世に出した出版社ならびに柳美里さんが理解できません。しかし、文学だからこそ「困難に立ち向かう生」をリアルに表現しようとでき、その題材を身近な友人に求めることはありえるのかも知れません。私は文学については無知ですが、小説を書く人ならば、それをカモフラージュしながらも描く努力をしなければならなかったのではないかと思います。
Commented by amamori120 at 2005-10-10 18:58
>irs-tkbeea さん  立派なコメントありがとうございます。
私も年を経て色んなことを見聞きしたり、経験したりで、大分鈍感になって来たのかもしれません。S.ウルマンの所謂「青春」からすれば、私もまだ青春しているつもりでも、”感性の鈍麻”から自由ではなくなっていることも考えられます。
anyhow もう一度、本書について思い返す必要がありそうです。
Commented by 鱧男 at 2005-10-10 23:24 x
この裁判のあったころ、三島由紀夫の「金閣寺」と比較されている記事を読みました。金閣寺の住職はあのような破戒僧ではなく真面目な僧だったと聞きます。
Commented by amamori120 at 2005-10-11 00:08
> 鱧男さん  ウロ覚えですが、映画では故・市川雷蔵が出ていたように思いますが。

あんです 3 に設問しています。コメント部を覗いてみて下さい。
Commented by 鱧男 at 2005-10-11 19:30 x
>あんです 3 に設問しています。コメント部を覗いてみて下さい。
行って書き込みしました。お手上げです。

柳美里さんは、在日ですし、芥川受賞されたとき、朝鮮関係者に、なんでそんな賞をもらった非難されていたと思います。
芥川賞は菊池寛という軍部と強いパイプをもっていた人物が創設した新人賞です。
そういうことも、背景にあるやもと思いました。
Commented by amamori120 at 2005-10-11 20:29
> 鱧男さん   在日問題、日韓問題 採り上げてみませんか?
思慮深いアナタの存念を伺いたいと思います。
Commented by 鱧男 at 2005-10-11 23:49 x
ぼくも在日問題といおうか、文化の違いを書いた作品はもっています。
途中までですが、サッカー好きの僕は日韓ワールドカップのときに書いています。

でも、テーマ追いした作品なら、それこそコムコムはんやのうて、五木寛之がいます。また、在日の方では、高史明がいます。ご両者ともに、ぼくより朝鮮をご存知ですし、作家として実力も上です。まだまだ無理でしょう。
Commented by revenouveau at 2005-10-12 14:48
柳美里さんの主張は、「本作品は、純文学である。だから、かりに
小説の登場人物に、実在する人物の要素があったとしても、それは、
作家の世界における存在にすぎない。ゆえに、その実在する人物の
権利侵害がおこることはない」というようなものだったように思い
ます。(要旨)

はたして、そうした世界における存在は、読者にゆだねられている
のが現実です。だとするならば、具体的な記述が、だれをモデルに
しているのかを意識させることはじゅうぶんありえることです。

また、テーマを伝えるために、そうした登場人物が必要であったと
いう主張も、その正当性を担保することにはなりません。むしろ、
それは、作家の力量不足を弁護する言葉としてきこえます。

もしも、「表現の自由」という衣を着た「表現の暴力」が許される
ならば、文学は、どこへいってしまうのか、わたしは、心配です。

さいごに、言い訳を、ひとつ。柳美里さんは、わたしの好きな作家
のひとりです。かのじょには、がんばってほしいという思いを込め
て、今回は、あえてコメントさせていただきました。
Commented by amamori120 at 2005-10-12 16:07
>鱧男さん  引き続き本件につき研究を続けて頂きたいと希望します。
Commented by amamori120 at 2005-10-12 16:19
>さ・え・らサン  その後、これを勧めてくれたirs氏に会ったところ、「新潮」連載時のは、朴里花さんの顔にある腫瘍のことを、化け物呼ばわりしているそうです。それはヒドイ描写があったそうです。私の読んだ改訂版では、irs氏へのレスにも書いたように、殆どそんな所は見当たらず、里花が自分で言ってる。「自分の顔の中には一匹の魚が棲んでる・・」って何を象徴してるんだろう?と思った程度です。
だから、irs氏とも話しが完全には噛み合わず中途半端なままで終わっています。
、「表現の自由」「表現の暴力」 常に起き得る問題ですね。
watchしていてください。
Commented by revenouveau at 2005-10-12 16:44
「表現の暴力」>「言論の暴力」
のまちがいでした。ご了解ください。
Commented by amamori120 at 2005-10-12 17:25
>さ・え・らサン  了解です。 有難うございます。
Commented by 鱧男 at 2005-10-12 19:59 x
私も暴力という名のつくものが嫌いです。
暴力反対のためにがんばりたいと思っております。

「プライバシーの保護」を利用して、
言論の自由を奪うのもまた困ったものです。
それを政治家が利用したら、大変な世の中になってしまいます。
Commented by amamori120 at 2005-10-12 20:05
> 鱧男さん 全く同感です。あらゆる暴力、許せませんね。
本書についても、よく話を聞くと、↑に記したように、それはヒドイものだったようです。だからこそ、出版前に差し止めという前代未聞の措置が執られたのでしょう。
頑張って下さい 否 頑張りましょう!
Commented by 鱧男 at 2005-10-12 21:47 x
差し止めするほどでもないと僕は思うんですよ。
罰金で十分ですし、儲ける以上の罰金をかけるべきです。
もし悪い本なら、啓発する費用もそこから捻出すればいい。
雑誌などで特集をくませたりできるわけです。

あきらかに法律違反は別ですけど、ぼくは臭いものに蓋はきらいです。
案外、臭いものは、他だったりするのが現実の社会です。
文学はこの社会の産物です。

純文学好きで、この問題に興味ある方は井上光晴の評論をぜひお読み願いたいです。

雨漏りはん、続けすぎてすみません。m(_ _)m。
言いたいことは書けたと思います。純文学は興味ないんですんません。
大江健三郎と田辺聖子などは別ですけど……。失礼しました。
Commented by amamori120 at 2005-10-12 22:10
> 鱧男はん 度々ありがとうございます。 裁判官の資質というか感性というか一般的社会常識というか、その辺りが、この措置の根拠なんでしょうね。
田辺聖子 3冊ばかりUPしてますので、お暇でしたら、ご覧下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by amamori120 | 2005-10-10 01:30 | 読後感・本の紹介 | Trackback | Comments(16)