風流堂サンの花歌暦  平成二十三年 水無月

d0065324_165215.jpg水無月。
今月も、、日本三大銘菓の第一山川の風流堂サンの花歌暦から始めたいと思います ♪

今年は例年より入梅が早かったやうです。
雨が降って水がいっぱいあるのに、水無月とは?
この場合、「無」は 「な」ぢゃなく「の」と理解するさうです。








d0065324_21161461.jpg
詠み人は、和泉式部サン(って面識はありませんが ww)
画は、いつもの十河勝一氏です。


和泉式部 978年頃~没年不詳

 平安時代中期の歌人。中古三十六歌仙の一人。和泉守橘道貞の妻となったことから「和泉式部」と呼ばれる。和歌の才能に秀でている一方で恋愛遍歴が多く、藤原道長からは「浮かれ女」と評される。真情あふれる作風は特に恋歌によくあらわれており、当代の大歌人 藤原公任にも賞される、才能あふれる王朝歌人である。

d0065324_22123512.jpg

↑ に依れば

紫式部日記の中の記述には、和泉式部の天賦の才能に対する嫉妬心が、ほの見えるようです。
天性の才があって、自然にいくらでも歌が口に湧き出るというスバラな才能。芸術家にとって、特に、詩人にとってはこんな結構なことはありませんね。天性の詩人という言葉が、紫式部の批評のなかでも窺われます。





d0065324_16543539.jpg


水無月

 卯の花

   ♪ 時鳥(ほととぎす) むべも鳴きけり 卯の花の

               をりはものこそ  あはれなりけり

 露草

   ♪ 露草に  染めぬ衣の いかなれば

               うつし心も  なくなしつらん






梅雨寒だったり蒸し暑かったり、体調を整えるのも大変ですね。

それでは風流堂サンの、爽やかな初夏の和菓子をお届けします♪

鮎の里

d0065324_175321.jpg
d0065324_1762482.jpg
d0065324_1764716.jpg
d0065324_177840.jpg

目の覚めるような若葉の緑が色濃くなるころ、清流は若あゆを迎えます。その清楚な姿、清新な香りは、いかにも夏を代表する魚にふさわしく、古くから日本人に親しまれてきました。
出雲の山里を想い、「もちっ」とした味わいの鮎を調製いたしました。 うす氷を添えてお届け致します。
        風流堂サンの栞より

ホント、もちっとした食感です。
それに、求肥愛好組合員にとってウレピーことに、上品な求肥のフィル011.gif

やむなくカットショーしますが、かはいさうなので顔は出しませぬぅ 008.gif
トラックバックURL : http://amamori.exblog.jp/tb/13694291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ブルー・ブルー at 2011-06-01 20:39 x
ウツギのことを卯の花と同じとつい最近知った私です。で、その前はウツギをあじさいの仲間と思っていたし(爆)
鮎の里、餡子じゃなくて求肥~好きですぅ。
この鮎の形の和菓子、餡子のなら食べたことがあるような。
で、まさかのまた1コメだったりして~
Commented by amamori120 at 2011-06-01 20:56
>ブルーブルーさん  今晩も、お早いお着きありがとうございます。
♪卯の花の匂う垣根に、時鳥早も来鳴きて  なんて唱歌がありましたネ
スーパーなどで売ってる鮎には、餡子が多いやうです。
季節の和菓子 お楽しみ下さい ♪
Commented by 八千代緑が丘民 at 2011-06-01 21:11 x
東武の北海道展またいってしまうかも
Commented by ブルースカイ at 2011-06-01 21:24 x
こんばんわ(^^)
一瞬、鮎の里を葬式に出る中華まんじゃんと思ってしまった。
鮎は6月に解禁ですもんね。
鮎の塩焼きも食べたくなって来たかも(^o^)
Commented by amamori120 at 2011-06-01 21:32
>八千代緑が丘民さん  こんばんHA
実はけふ西武東武へ行ったんですヨ
北海道展  明日からですね   ニアミスする鴨ぉ ♪
Commented by amamori120 at 2011-06-01 21:34
>ブルースカイさん  こんばんHA
どうもありがとうございます。
そうそう、けふから解禁の所が多いですね
四万十川で食べたのは飼ってあったヤツなんでせうネ
Commented by オズ at 2011-06-01 21:47 x
「鮎の里」これは夏菓子ですね!!
もうそんな季節なのですね。いつの間にか移ろいで露草舌たるうるおいの季節ですね。
私もおいしいものを探し求めて歩きましょう~
そのうちお付き合いくださいませ。
Commented by amamori120 at 2011-06-01 21:53
>オズさん  お晩です。
目出度いお知らせ、レス前に貴ブログで拝見してきました♪
後ほどまた伺いますネ

もう鮎も解禁ですからねぇ  初夏なんですヨ
せっせと、お二人で美味しい物を♪
Commented by pint55 at 2011-06-01 22:14
キャー、美味しそう! 目の毒です!!
↓の京成バラ園は素晴らしいときに行かれましたね。
我が家の薔薇は終わりました^^;
Commented by amamori120 at 2011-06-01 22:26
> pint55さん  こんばんHA
いやぁ 検診前なのに、いけませんねぇ (汗

京成バラ園  T.Bを♪
Commented by 維真尽(^^) at 2011-06-01 22:35 x
お~
この季節がやってきましたか!
 
相変わらず~
微笑ましいあゆですね (^_-)~☆
Commented by amamori120 at 2011-06-01 22:42
>いーさん
いつの間にか初夏・・・なんですねぇ

求肥を見せたいのでカットショー要ですが、鮎の顔は見せたくなかったのでぇ ww
Commented by souu at 2011-06-02 03:12 x
水無月は やはり鮎ですね。
お饅頭もですが 魚も好きです。塩焼き良いですねぇ!
ボンジュール!メトロ有難うございました。
Commented by こりす at 2011-06-02 05:11 x
きゃほー♪若鮎、魚の方も和菓子のも大好きです!求肥だなんて最高ですね♪あたまからぱっくんのこりすです(笑)水無月の無は「の」だったんですねーー☆日本語って難しい…いや、奥が深い???
Commented by └|∵|┐高忠┌|∵|┘ at 2011-06-02 06:40 x
ことしも おいしいのが泳ぐ季節になったんですねえ。
それにしても 相変わらずの いい仕事だこと。
Commented by こりす工房 at 2011-06-02 11:30 x
こんにちは

そろそろ鮎の季節ですね~~~

本物の鮎より、私はこちらの甘い鮎の方が好きです。
中に求肥が入っているんですね。
食べ応えがありそうですね。

↓のバラの記事にTBさせていただきました。<m(__)m>
Commented by kanmyougama at 2011-06-02 12:47

鮎のお菓子の形の元祖はここでしょうか・・・・・。

鮎解禁ここでは6月第一の日曜日。
僕が教師になりたてのころ鮎解禁日は授業が10時からでした。
町を上げて鮎取りしてました。
Commented by amamori120 at 2011-06-02 13:09
>souu先生  こんにちHA
多分あちこちのお菓子屋さんに、鮎が並んでいるのでは♪
四万十川舟下り中に食べた鮎を思い出します。
いずれ 食事篇 でUP予定♪
Commented by amamori120 at 2011-06-02 13:33
>こりすさん  こんにちHA
鮎  字面も語感もいいと思いません?
Oh 頭からぱっくん  ゴーカイですねぇww
お近くの和菓子屋さんにも出てることでせう♪
Commented by amamori120 at 2011-06-02 13:35
>└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さん  こんにちHA
昨日から泳ぎ始めた所が多いやうですヨ ♪
不昧公は本品があれば好んだのかしらん?
Commented by amamori120 at 2011-06-02 13:38
>こりす工房さん  こんにちHA
千葉も昨日から解禁なんですかねぇ?
拙もどちらかと言えば和菓子の方がぁ ♪
もちもち感+求肥 しっかりいただけますヨ

T.Bありがとうござんした <(_ _)>
Commented by amamori120 at 2011-06-02 13:41
>上名窯先生  こんにちHA
鮎菓子の嚆矢・・・う~ん、どちらなのでせうねぇ?
貴地の解禁日、今年は5日なんですね?
先生もいらっしゃる?
Commented by 桃源児 at 2011-06-02 18:31 x
水無月、水の月という意味だったんですね。納得です。
籠に入っている鮎の里、食べてみたいです。
Commented by amamori120 at 2011-06-02 18:38
>桃源児さん  こんばんHA
水在月と書いて ミナヅキ と訓ませればいいのにねぇ ww
観るからに爽やかな感じでしょ ♪
Commented by い  ど  き  ち at 2011-06-02 19:40 x
鮎の里は竹の籠で涼しそう。もう少し暑くなったら
食べごろじゃないですか。
Commented by amamori120 at 2011-06-02 20:32
>井戸吉宗匠  こんばんHA
明日からまた夏日近くの気温になるさうだから食べ頃鴨ぉ ♪
どじょ ♪
Commented by ミモザ at 2011-06-03 07:22 x
お早うございます~♪
6月生まれの私は水無月の意味も分からずにいました。
教えて頂き有難うございます<m(__)m>
それに鮎の里のカットショー
可哀相なような、中身を見せて頂きサンキューです<m(__)m>
Commented by junjun at 2011-06-03 11:35 x
♪鮎の里の写真がすご~く気にいってしまいました~。
涼しそうで...モチロン美味しさは間違いなく。
チェジュにも鮎が取れる場所が有るんですョ、
そろそろ解禁になります....塩焼き食べに行かなくちゃ。
Commented by amamori120 at 2011-06-03 12:10
>ミモザさん  こんにちHA
おやっ、6月のお生まれで?
ぢゃぁ お誕生日もすぐですね♪

求肥は見せたいし、鮎の顔は見せたくないし・・・ww
Commented by amamori120 at 2011-06-03 12:23
>junjunさん  こんにちHA
どうもありがとうございます。
UPし甲斐があったというものです♪
済州にも清流があるんですね  ハrラ山から流れて来るのかしらん?
黒田勝弘「韓国を食べる」2001.3 刊 によれば
K国では 銀魚ウノ と言うさうですね
塩焼きがなく、刺身と天麩羅だけとか?
Commented by julywind727 at 2011-06-04 01:37 x
雨漏り書斎さん、そういえばもう6月なんですね。速いものです。
いつもながらお花の絵がきれいですね。心が和みます。
もう鮎のお菓子の季節なんですね。色々nお店の鮎のお菓子を見て
いますが、やはり風流堂さんのは格が違います。素晴らしいです。
入っている籠も素晴らしいですね。私は西調布の青木屋さんの多摩川
献上鮎のお菓子を買おうと思っています。今の季節だけですから、買い損ねないようにと思っています。求肥が本当にたまらないですね♪
Commented by amamori120 at 2011-06-04 12:19
>julyさん
ついこないだGWに次女夫婦が帰省したばかりという感覚なのに、もう一月近く経ってるんですねぇ
将に Time and tide wait for no man.です。
西調布の青木屋さんのことも貴記事ですっかりお馴染みです♪
季節限定でせうから青木屋さんに、れっつぎょーいたしませう♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by amamori120 | 2011-06-01 16:52 | 甘党キングダム(風流堂) | Trackback | Comments(32)